2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お〜いボランティア!

月子の担任がちょっとアレである。
教師としていいか悪いかというざっくりとした分け方で言えば、良い方だと思う。
工夫されたプリントを自作し、子供も飽きずに宿題をやれているし、おっさんの割りにはこまやかに目が届き、きびしさも優しさも兼ね備えている。授業を参観しても、十分に子供たちをの注意を引きつけ、授業が成り立っているようだ。
であるから良い教師といえるのだろうが、ちょっと一部アレである。
これからその、アレな件について書こう。

「ボランティア係」というのがあるらしく、月子がそれになったというのだ。
ボランティア係というのはどんなものかと興味を持ったので尋ねてみると、「別にやることは決まってないの。先生が手伝いが欲しい時に呼ばれるの」と言う。
え…? それボランティアか?
内容としては、黒板消したり、プリントがいっぱいある時に運ぶのを手伝ったり、言われたものを配ったり、先生の作業で手が足りない時に呼ばれたりということらしい。
「先生が困っている時ね、お〜いボランティア!って呼ばれるの」
と子供は無邪気に言うが、パ、パシリでは…?
まあ小学生にパシリもないだろうから、せめて「お手伝い係」くらいにしたらどんなもんだろうか。
ボランティアって、労働に駆り出されることかいな…。なんだかすごく違う気が。

そういえば以前、月子が家のボックスティッシュ(未使用)を学校に持っていこうとするので、わけをたずねると、「学級のティッシュが足りないから、みんな1人1箱ずつ持ってきなさいって言われた」ということもあった。
うーん…。
学校の消耗品って予算ないの?おかしい…。
そのうちトイレットペーパー持ち寄れとか、チョークを1家庭1箱持って来いとか、になるのか?
子供の鼻かみ用などは、子供が各自ポケットティッシュを携行する決まりになっている。しかしウチもいいかげんだから、忘れることもしょっちゅう。そういう時は学校の備品のボックスティッシュを使って鼻をかむこともあるだろう。
だから、まぁお宅のお子さんも使うんだしティッシュ持ってきてよと言われれば、差し出すのは別にかまわないのだが、なんかひっかかる。
物品の寄付をして欲しいのであれば、保護者に説明して依頼して欲しいと思うのは私だけなんだろうか? ティッシュなど安いものではあるが、それでも家の「不用品」ではないし、先生に言われたからといって家のものを持ち出して差し出すというのは、子供に教える行動として何か変な気がする。

まあ、もやもやしながらも1箱持って行かせたのであるが、次の日も持っていこうとするのにはびっくりした。
「昨日あげたでしょ?どうしてまた持って行くの?」と聞くと、
「だって先生が、いっぱい持ってくれば来るほどいいって言ったんだもん」と答える。
「うちも使うために買ってるんだから、1箱にしてくれる? それでまたどうしてもなくなっちゃって困ったら言ってね」と言い聞かせたが、なんだか自分がケチになった気がして、ちょっとイヤな気分になった。

お〜い先生…。
相手が子供であれ、人に「○○を持ってこい」ってどうして平気で言うんですかあ?
度重なったら連絡帳に書いてみようかと思っている。
今のところ、あれ以来言ってこないが。

「ボランティア」の件といい、この先生なんだかアレだなあ…と感じるのは、そういうようなところであった。

コメント

先生のアレはあれあれなアレだと私も思いました。
感謝とボランティアに関しては、自発からくるものであり、強制するものじゃないですから。

どうなんでしょ。
批判と要求ばかりで先生は仕事が増えたと言うが、(これ校長が保護者に文句言のもアレだと思う)そればっかりが先生の仕事増えた理由かいな?とも思ったり。
教委がおかしいからじゃないの?と思うんですよね。
研修、研究、評価、報告、って先生の仕事増やしてるの教委じゃないかと思うけど。
子供達に大人のゴタゴタ愚痴愚痴を言っちゃうウチの校長もアレだけど、金銭絡む要求は十分にあれあれだと思いますです。

私は一生忘れないような学校での理不尽な思いでっていくつかある。
昔からおかしな教師も校長もいたけど、権威で表ざたにならなかっただけであり、現代は個人が強くなってきたから、表に出ただけだと思うわけなんですよね。
アレはあれあれだと思う事として学校に言うと、「先生の仕事を増やす」と思われそうだなぁと最近は思ったり。
オールウェイズ3丁目の夕日な時代にPTAで牛耳れば戻せるって言う勘違い。
主体性を持ち、自主自治が芽生えない限り勘違いの気づきはないように思ったり。
まぁ、教育は全て、個人に責任もつべきものであってPTAと言う組織の共同体で責任を負わせるべきじゃないよなぁと思います。

教室に花をもって行くと喜ぶからと持って行かされた記憶はありますが、親に強制されると嫌な気持ちになりましたね。
この話で子供の頃の花の記憶が蘇りました。
〇〇持ってこいと強制しておきながら、あれあれですよ、なんて連絡帳に書くと「強制はしてません」と言ってくるような気もしたりして。
私も強制があれあれだと思ったので連絡帳に書いたら「強制してない」とアレアレであれ?な先生だったので。

ザックリ言えば

パシリやね(苦笑)。
ボランティアというよりは『なんでも係』か、『便利係』と名付けて頂ければ誰もがしっくりきたんだろうねぇ。そこんとこは「それ、本当はボランティアぢゃないからね〜」と二度手間な教育は必要な感じがする。年配の先生方は老健とかの研修も受けてないだろうし、ボランティア云々に距離があるかもね。

ティシュはもまぁアレなんだけど、お願いベースというか、「冬は不足しがちなので、提供して頂ければ有難いです。」とでも言ってくれれば、自分の子供の鼻汁降水率と使用頻度加味して月一箱位なら持って行かせるかな。子供って鼻血も良く出すから、備品の中で収まらないレベルならやっぱり親に相談して欲しいよね。懐具合も全国的に寂しいご時世だから沢山は放出出来まへん。

ちょい別件だけれど
我が家は新聞をネットで購読してるから、学校からの新聞持ってこーい!指令がかなり痛い。日経じゃ薄いらしく…。時代の過渡期はこういうとこに地味〜に引っかかりよる(笑)。

皆様、コメントありがとうございます!

ある保護者さん、
>批判と要求ばかりで先生は仕事が増えたと言うが、(これ校長が保護者に文句言のもアレだと思う)そればっかりが先生の仕事増えた理由かいな?とも思ったり。

へぇ…批判と要求で増えたといっている人がいるのですか。校長が? それは奇妙な話ですね。保護者の批判や要求なんてそれこそさまざまですよね? それをどこでどのようにとりまとめて把握し、それを業務計画の策定などに反映させてきたというのでしょう? ちょっと例を挙げてもらわないと、ピンときませんね。批判や要求が増えたことが事実だとしても、マネジメントの責任者は自分であるのに人のせいにするとは…。保護者の一言一言をハイハイ言うこと聞いて、教師にできない無理をそのまま押しつけてきたとすれば、それは自分の無能さでは?
一般企業でも、顧客のニーズをどう製品やサービスに生かして業務化していくかが能力の発揮場所であり、ニーズを出す顧客に「おかげで仕事が増えた」と文句を言うなど、聞いたことありませんが…。

ダンボールさん、
>「冬は不足しがちなので、提供して頂ければ有難いです。」とでも言ってくれれば、
そうそう、そうですね! 言葉遣いも前提ですが、物の要求なら「保護者に言って欲しい」という感覚をわかって頂けてなんだか嬉しいです!

新聞は我が家もとっていませんで…本当にあたりまえのように「新聞紙持ってきて」って言いますよね! 以前、私が困ってるのを見て友だちのお母さんが「ウチの子にいっぱい持って行かせるから大丈夫だよ」と言ってくれ、習字の時間に分けてもらったことがあるんですが、そしたら「自分が忘れたからって人のものを分けてもらうのはダメ!」と先生に注意されたとかで、子供ががっかりして帰ってきました。低学年だったので「母親同士で話が付いてる」などの説明をうまくすることもできず、叱られっぱなしだったようです。まったく古新聞ぐらいでくだらねーんだよ! という気持ちになりました。

それから、長女がどこからか新聞を調達してくるようになったのはいいのですが、よく見ると某宗教新聞ではないか…(´д`ι) 街角に「ご自由にお持ちください」とたくさん置いてあるとのこと…
「ま、いいかこれでも…」と使う母も母ですが(- -; ) きっとウチは某宗教信者だと、同じクラスの人たちには思われていることでせう、ははは…
某宗教の皆様、ムダづかいしてごめんなさい。

ぶきゃこさん

>へぇ…批判と要求で増えたといっている人がいるのですか。校長が? それは奇妙な話ですね。保護者の批判や要求なんてそれこそさまざまですよね?

奇妙な校長は赴任当初からささやかれてて、評判悪いですが、教委のお気に入り校長です。
ある退職した先生とランチしたママさんに聞いた情報なのですが、教委のお気に入り校長だから味方につければ、教委にも強く出れる、と言うが、昭和な権威主義教育に固執してる校長なので、味方につける前に保護者達から嫌われてますね。
教師達に対しても、独裁傾向があると聞きましたけど。

ある、保護者トラブルを持ち出して
「昔は保護者の連携があったからこんなことで教師の手を煩わせるような事はなかったのに。こんなことまで教師はやらなきゃいけないのか」
って、学年保護者会の時に文句言ってました。
他の学年でも聞いたら、言ってたって。
保護者の連携がないために、教師の仕事を批判と要求で増やしてるって保護者に言っちゃう校長なんですよね。
PTAの入退会自由化なんて、この校長だったら不可能ですねぇ。
まぁ、いろいろと他にも、この校長で「あらあら?」なネタありますが。
ここだけ言いたいわ。
守秘義務は???
トラブルネタで批判された保護者の人権は???
なんだか、この批判された保護者が気の毒になりましたね。
だって、トラブルネタは情報通なママさんならすぐに察知するし、噂にされたりもするでしょう。

学校行事で挨拶して、保護者が挨拶返す声が小さいからと挨拶のし直しさせたりするんですが、始めてコレされた時にはビックリしました。
今じゃ、「あぁ毎度の愛情表現ね」と思って、挨拶言いなおしも付き会ってますけどね。
来賓が来てても、挨拶のし直しさせるのは「???」ですが。

任期終了まで、まだまだお付き合いですね~はぁ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。