2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサバな人たちも観察してみよう

PTAは本当はそうではないにもかかわらず、かなり多数の人によって、「仕組み・制度」であると認識されているのは私があらためて説明するまでもないと思うが、PTAという仕組みを必死に守ろうとする勢力のことを「Pフォース」と概念づけてきた。
Pフォースを主に発信し仕掛けているのは国・自治体・教委・学校、および一部のPTA信者=PTAの価値が否定されては自分の価値や利益の拠り所がガラガラとくずれてしまう人たち、であると考えている。

このほかに、Pフォースに従属し肯定、あるいは肯定とまでは行かなくても「現状は仕方のないことだ」と消極的にでも認めている人たちのことを「Pコンサバ」と名付けてみよう。
積極的に役員などになることはないが退会することもなく、くじなどで当たれば仕方なく引き受けたり、あるいは「低学年のうちに手を上げてやってしまう」「なるべく軽い役を狙ってやる」などの「ノウハウ」によって切り抜けようとする人たちである。彼女たちはPTAを「与えられた環境」とみなし、その中でよりうまく生き抜こうとする。だから、PTAという環境に自分が投じられていること自体は変更不能なこととみなして自分の中で合理化済みである。
なんだか、DV夫から離れられない精神構造にとりつかれた妻のようでもあるが…
なお、役をする前は「PTAなんて憂鬱」「こんなの意味あるのかしら」などと愚痴ってばかりでも、いざ自分が委員などの役目を終えると他人に「私だって大変だったけど、やってみれば楽しかったよ。個人の事情で言い訳しないで!」と冷酷に押しつけるようになってしまうのもコンサバの特徴の1つだろう。ここは最初からPTAのスバラシサで頭がいっぱいになっているPフォーサーとはやや異なる点である。

Pコンサバの典型的な主張として次のようなものがある。

・自分の子が恩恵を受けているなら、親も協力するのは当たり前。
・やりたい人など誰もいない。みんなやりたくないけど誰かがやらなきゃいけないのだから、公平にくじびきなどでも仕方がないではないか?
・忙しいのはみんな一緒。個々の事情など理由にならない。
・PTAを批判する人は、要するに面倒なことはやりたくないだけでしょ?

つまり、PTA活動自体に合理的な価値があるかどうか、そういうことはもはや問題にしていなかったりするのである。「発生している負担をどうやってこなすのが平等か」ということしか視野に入っていない。

※PフォースとPコンサバの見分け方(見分けてもしょうがないけど)

「PTAは自主的に組織される任意団体であり、強制・自動入会はおかしいのでは?」と言うと、
前者は、PTAがいかに社会的に重要な位置を占めていて、教育環境の醸成に不可欠なものであり、国や自治体からもどれだけ推奨され頼りにされているかをまくしたてはじめ、
後者は、自由だからといって勝手に退会することがいかに人道に反するか、恩恵だけ受けて義務を果たそうとしないズルイ行為であるか等と感情的にののしりはじめる。
なお、「退会したければどうぞ。その代わり差別します」と声高に言い放つ人は後者のほうが多いように思う。
☆ただ正確に言うと、「差別します」と能動的な言い方をする人は実はほとんど居ない。
「仲間に入れてもらえないでしょうね」「他のお母さんたちから噂されるでしょうね」というような、「自分が加害者というわけではないが、自然現象としてそうなる」的な表現を、そういう人は必ずといっていいほどする。
自分が先頭切って人を差別する勇気(?)もないということだろう。

まーちょっと横道にそれてしまったが、どちらにせよ「強制・自動入会にしてもいい合理的な根拠」はまったく述べられない。述べてもらったためしがない。
要するに、「感情的に強制したい」だけのことを一歩も出ていないわけである。

Pコンサバはどちらかと言えば環境に過剰適応してしまう同調心理の強い人たちなのではないかと思う。だから自分がトップに立ってPTAを牽引するようなことは決してしないが、PTAという「保護者の親和の証」を否定する者には脅威や嫌悪感を感じるのではないだろうか。

したがって、コンサバな人たちというのは意外と、文科省が「ダメ。ゼッタイ。自動入会。」などとキャンペーンをはったり、「活動強制やめますか。人間やめますか。」などと公共広告機構がCM流したりすれば、コロッと「PTAって自由で任意なのよねっ?」と価値観を塗り替え、「欠席者くじ引きとかまだやってるの?だっさー、昭和?」とか言いはじめるのではないかと思っている。

にしても例えが古過ぎて、年がばれたかも…

コメント

こんにちは。
ふぎゃこさんの洞察力に乾杯~。
オチもナイスで笑いました。

Pコンサバって学校が指図をすると逆らわない習性があるようにも思います。
一番厄介なのが、大多数の数を占める、この「Pコンサバ」なんですよね。
Pコンサバの一番の特徴は面倒な事はやりたくない、損得勘定で長いモノに巻かれろの原理。
確かにPコンサバは、上からの指令と同調圧力という働きかけがなければ、抑圧型PTAからあっさり離れるとは思うんですけどね。
教委が実行支配してる(P連、執行部の憲兵隊も支配)間は、「逃げるなんてズルイ」と永遠にやってそうな気もします。
PTAって人材が伸びない場所なんだなーとつくづく思いました。
リーダーシップの芽を摘む場所なんですよ。
子育てでしちゃいけない事をPTAは保護者達にしてるワケで。
こりゃ、教育にいいワケないよなぁと思ったり。

http://ameblo.jp/hamahamaclub/page-2.html#main

「退会しちゃだめ!」
「あれしちゃだめ、これしちゃだめ!」
「役員しなさい」
「保護者は役員さえしていればいいの」
「学校=PTAの言うとおりにしていればいいの」

どうも、私は学校の権威と言うもので子供の頃、理不尽な思い出があったりするんで権威を振りかざすPTAと言うものが嫌いなんだわなぁとも思ったりして。
こんな感じが昭和な学校じゃないですか。

http://edupoison.blog53.fc2.com/blog-entry-21.html

地べた座りは俺達教師が教えたんだってどうよって思ったりもして。

非人間だから

PTAに参加しない=非人間(害虫?)
なのでしょうね
現文科相大臣が
PTAなんてなくても文科省は学校運営に関しては問題なし
って宣言すれば。。と言うよりも彼女なら宣言できるのに!!

PTAの役員だの委員だののなり手がなくってくじ引きにせざるを得ない
って言うのはすでに
別にPTAなんてどうでもいいのよ
って思っている答だと思うんだけど、それをはっきり言ってしまうと
害虫扱いされてしまう
でも、ひっそりと聞いていると
パトロール、サボろうよ
とか
講演会の出席、交通費だけもらってさっさと逃げてお茶しようよ
って声は聞こえてるよ
害虫扱いされたくないけれど、実は逃げたい
そんな人ばっかりだと思います

きれいごとを並べている人は、自分が損した気分の事を
他の人も同等に損してもらいたい
だけど、自分が悪者になりたくない
じゃ、どうやったら自分のやったことが正当化されるか?
を必死に考えた結果、
やってよかっただの、(だったらずっとやれ)
忙しいのは同じ(会社員の旦那さんが言う台詞)
面倒は避けたいだけでしょ(だから何?)
という、きれいごとになるんだと思いますよ

本音はほとんどの人が
PTAのために金と労力を使うことの意義なんて感じてないと思います
本気でPTAのためにって人ばっかりだったら
こんな言い訳しないはず

自分を正当化するための、作文です

PフォースとPコンサバの違いってズバリ、その通りなんですけど、執行部にはPコンサバもいたりするんですよね。
何かと徴集かけられて、ステキな学校下請け組織はそれなりに苦労もあるんですけど、PフォースのコバンザメみたいなPコンサバも執行部にいたりします。
お局の春日局は、お取り巻きを増やして大名を押しのけちゃう権力もちゃったりしましたが、そんな風味を醸し出してるのがPTAって感じなんだと思います。
だから、PTイジメが問題になっても、「まぁまぁ」と学校は逃げ腰なわけですよね。
学校評議に関わったりするから、Pフォースの社会教育の選民意識もターボアップしちゃったりもするんですけど、アレ(学校評議)は保護者と地域の声を適当にあしらう為の人選だとも思ったりします。
ちなみにウチの地域では学校評議会って密室でしてて、いつ、誰が、何を決めてるのか誰も分からないし、知りません。
学校人事も密室だけど、要は、現場の声が邪魔なんでしょうね。
だから「???」な教育方針や、学校運営があったりする。

「活動強制やめますか。人間やめますか」(これいいなぁ。学校の廊下に貼りたいぃぃぃぃ)
って文科省が出して、果たしてコロっと変わるか、はどうかなぁ。
世間を社会と勘違いした概念の価値観って根強いから。
一番厄介なのがPフォースと言うより、Pコンサバなんだと思うワケなんですよね。
もうね、Pフォースは救いようがないから、相手にするだけ時間と労力の無駄に終わりますから。

私はもう、始めの一歩(PTA自動入会、強制労働)で学校との信頼関係崩れたから、期待してませんね。
教育に一番大事な信頼関係なかったら、学校運営失敗だと思うんですけど。
ちなみに幼稚園では、絶大な信頼があった私はボランティアも進んでしてきました。
信頼があるから、幼稚園大好きでした。
ボランティアの力を引き出したいなら、学校(教委)側も考えろやって思うんですけど、まぁ、学校も教委の人質みたいなもんだから、教委のシステム自体を考え直す必要があるんだと思うんですよね。

皆様、コメントありがとうございます。

ある保護者さんが御指摘の通り、「学校の指図に逆らわない」という心理が大きく働いているようにも思います。
なにしろ「先生の言うことを聞かない子は悪い子だ」という価値観が刷り込まれていますから。
子どもの頃はそれで良くても、成長するにつれて「先生がいつも正しいわけではない」ということを覚えていくはずなのですが、自分の子どもが学校に行くようになるとまたそういう価値観に取り込まれてしまうようですね。
子供に対して与えるルール「先生の言うことは聞きましょう」と、社会人としての自分のルール「自己責任で判断する」は異なるべきものだと思うのですが、子供がそのまま大人になったような人がたくさんいるものだなと思います。

子どもの社会というのも、すぐに「ズルイ!ズルイ!」の嵐です。
集団からはみ出す子がいると、おつかれさんのおっしゃる「害虫」的な扱いに走りがちです。
PTA問題は、そのまま教育問題でもある。
と私が思っているゆえんです。
30〜40年前の学校教育の不備が、今のPTA問題に反映されているのかもしれません。

いろいろなサイトやBBSでPコンサバの主張を見てきましたが、何かとっても判で押したようというか、パターン化された主張なんですよね。
もう、議論の流れも事前にある程度見えるような感じです。
ああこの次は「じゃあ退会すれば?その代わり…」というのが来るなとか。
改革派が長文で掘り下げて書いても、最後は「要するにやりたくないだけでしょ?」

そういうパターン化が興味深くて、今回の記事で類型化してみました。
おつかれさんがおっしゃる通り、どっかで覚えてきた作文、なのかもしれませんね。

PTAについて調べ始め

小学2年の子持ちです。一年校外委員 二年ではクラス委員を引き受けました。二人目妊娠待ちだったので 仕事も出来ないし 自由が利くから今のうち貢献しとくかな という気持ちで引き受けましたが、引き受けた直後妊娠発覚、つわりもひどくて長かったのでちょっと後悔しましたが 同じクラス委員を引き受けてくれたかたの協力で何とか乗り切れそうです…が、
私たちの学年は(PTAは自動加入の学校です)活動に非協力的な保護者が多く、しわ寄せは大体 クラス委員にくるのですが、更に今年から 委員の時間や手間を必要とする体制になり これじゃあクラス委員なんかやりたがる人益々減るし もっとボランティアでやる人の手間を省く配慮必要では?
委員までやってとは思わないのですが、年に1回しかしなくてもいいような読み聞かせ(10分)すら不参加の家庭が多いのに廃止には至らず その分 委員が何回もやったり。
連絡網も何度掛けても出ない(大体PTA活動しない家庭ばかり)、でも連絡つくまでかけなくてはならないとか。
うちの学校のPTAは 出来る人が、出来る時に、出来る事を っていう趣旨なので 参加しない人には何も言わないしペナルティーもないし 子供への差別もないけれど 協力して委員引き受ける人には 許可とれだの 責任もてだの 下っ端扱いが凄いです。
PTA活動で子供たちに貢献したいという気持ちが PTAに所属するほど失われてきた気分です。

アンさんの意見、執行部では耳タコくらい聞いて来ました。
入退会自由化できない理由は「非協力者がいるから」です。

学校は行政が運営する公共施設ですよね。
市民、国民の観点から見れば、PTAは所詮ボランティアであって、その金銭、労力を充てにしなければ運営成りた経たないとしてるところに問題があると思うんです。

教育委員会は1946年(だったかな)以前は住民投票で選ばれていたのに、政治から切り離すと言う意図で、首長が一方的に決めて地元名士の年配がなってたりしますよね。
だから、現場の教師や保護者とかけ離れた組織運営になって、義務と負担ばかりになってる。
だから、教委は密室な運営の昭和組織になる殿様運営なんだと思うんです。

非協力と言えば、私も非協力者になるでしょう。
PTAにとって。
非協力とは、何をもっての非協力者なのでしょうか。
子供を家庭で大事に育て、学校に送り出し、病気になれば病院へ行き、どん底経済の中、子育てに貢献してる方は立派に社会に貢献してると思います。
協力を得たいと思うなら、まず、組織運営の在り方を見直すべきと思うんですよね。

皆がやりたくないと思う組織になるのはなぜなのか。
押し付け合いのクジになるのはどうしてなのか。
責任を持つとは何に対しての責任なのか。
自主、自治とはどういうものなのか。
そこからだと思います。

ちなみに、ウチの学校でのオヤジの会、下っ端扱いなんてこともなく、和気あいあい楽しそうです。
学校応援団って感じですね。
読み聞かせの会は、OBも参加しててイキイキしてます。
絵本の場所やどこに行けば、どの本が借りられるか、種類、などなど、熟知してて、頼もしいママさん達ですね。
PTAもこんな感じにすればいいんじゃないですか。
「私ばっかり」
「非協力」
「逃げてる」
こんな、言葉でギスギスするのが、もう、子供達の為になってないように思います。

非協力というよりマッチしてないだけだな

えぇとね、非協力というのが非常に気にかかる表現なんだけれど
全く協力しない人もいるかもしれなけど、中にはね、自分の職歴やら能力生かしてポイント絞って頼めば快く協力してくれる人はいるんだよ。
PTAなんていうちょっくら微妙な活動内容だから全部が全部協力できない人が多いんだと思うんだ。
カテゴリーに区切ってボランティア募る形式の方が最大限のパワー発揮できるし、非協力者っていう人もどこかで協力してくれるかもしれない。
全く向いてないし、ライフスタイルにも合っていないものに引っ張り出されて「まぁやるだけやるか」と出ていって、リーダー研修も受けていない親父やオバハンに上から目線でやれ責任だのと言われてもだね・・・。あんたがたの責任は本当に皆無なのか?!まーるなーげかーい!と言いたくなるようなところに人が少ないのは当然。

アンさんのところはシステム云々もあるだろうけど、その上から空気が嫌という人もいるんじゃないのかな。許可とか責任に縛られすぎるとモチベーション下がるんだよね。いちいち許可取りにこっちがお伺いする前におまいらが責任もって動けやという状況なんじゃ・・・。
つか許可って何だ?何の許可?特別教室のカギとか?お金は会計だけど許可ってほど偉そうな感じしないけどな。いやー許可って分からんな。そんなたいそうな権限持ってんのか。
責任って言ってもさ、最終的には上が持つんだよ。だから平に責任もてって普通は簡単には言わない。中には初めての人もいるでしょ。自分なら言わないなぁ。わかんなかったら聞いてくれいとはいうけどね。
人の命かかってるボランティアじゃないから、いちいち責任とれとかグダグダ言われるんなら行かないね。そら非協力が多いのは分かる。正直言ってやりたくないw
ボランティアは自分自身でやりがいの中から責任感を感じて高めていくものだと思い込んでいるんで、ハイ。

アンさんのところはシステムとその空気感がイマイチという事で。
妊婦さんは即休ませてやれよ・・・って言わないところがもう嫌な空気w乗り切るも何も体張ってやらんでいい内容だろ。いやぁ大変だったろうね。お疲れさんというかなんというか・・・。母子共に何事もなかったんならよかったが。児童に貢献したいという気持ちは大事だけど、お腹の赤ちゃんを心穏やかに育てていくことも立派な社会貢献だと思うし大切なポジションだと思うぞ。
上のお子さん育てて妊婦さんしているだけで十分グッジョブ。


連絡網にPTAが絡んでる学校って全国的に多いのか?!(調べなきゃわかんないな。知ってる人がいたら教えて欲しい。)全校生徒が1400人超の公立学校でも無いとこは無いよ。自分の出身小学校は立哨もなかった。(理由は逆にオバハンたちの誘導が危なすぎるからwあと、ちっちゃいのが保険適用しないのに母ちゃんと一緒に来ざるをえなかったりして危ないから。)
連絡網は電話に出られる時間帯とか曜日とか家庭訪問でリサーチして先生方が全家庭に行き届くように努力してた。

アンさんのところはかかるまでかけるという事は役員が連絡を行き届かせる責任を負うという事かな?(出だしから内容考えるとかは無いよね、まさかw)
連絡網は責任の所在が本来学校だと思うが。そこは学校の仕事の範疇。

アンさんへ

なんかもう、まるっと段ボールさんのご意見そのまんまなかんじですが、下の子妊娠なさっていて小2のお子さん育てていらっしゃる。それだけでも社会貢献です。
お腹のお子さんに触らない範囲で、うまく、活動を抜いて行かれる時期ではないかしら…?途中で役を代われないのは困りますね。代わってくれる人いないんでしょうか。

連絡網ですが、学校に向けて、PTAが一丸となって、メール連絡網体制を要求する、という手もあります。自校は、たぶん区のPTA連合がその要求をして、メール連絡が実現しました。区がシステム導入をしているのが確かです。
何年かかかると思いますけど、予算請求なさってみては?行政が、保護者に犠牲・労力・ただ働きを求めている構造は明らかですから。根性論で解決できないことは確実にあります。

あ、これ、学校関係の連絡を、クラス連絡網をつかって電話で回す、という前提でいいのでしょうか?
すぐできる事は、クラス連絡網に携帯番号を載せることです。保護者自身が、家電のみ・携帯のみ・両方、オプションで選べるようにして。ご参考になれば幸いです。

アンさん、はじめましてようこそこちらへ。
途中妊娠にもかかわらず、2年連続で委員ですか、お疲れ様です。
気軽な気持ちで引き受けたのに大変なことになってしまい、本当にお気の毒なことですね。
自主的に申し出てやってるのに、下っ端扱いされたらやる気も失せるし怒りもわきますよね。
とってもよくわかりますよ〜。
どうして幹部になると「上から態度」になるのか? 私も長年持ってる疑問です。

読み聞かせに参加してくれる人が少なく、委員が何回もやったりすることが負担なのですよね。そうであれば、アンさんの心の中には「読み聞かせは楽しい!子供たちに読み聞かせをたくさんやってあげたい」という気持ちはそれほどなく、むしろ負担感があるということになりますかね。
その時点で、回数を減らせればいいのですが、それは「上」からダメって言われるってことですか?

連絡網ですが、電話に出ない人=PTA活動しない人というのは、確かにその傾向はあるのかもしれませんね。
私は個人的には、電話をかけられることはあまり好みません。平日はまず日中はいないし、だからといって夜間かけられるのも、帰宅後の私は早回し労働状態なので、本当に緊急の時だけにしてもらいたいと思ってます。かといって仕事中に携帯が鳴るのも困るので、結局、気持ちよく電話に出られる時間帯って無いですね。
うちの学校の連絡網は、居なければ留守電に吹き込み、次の人にも回すというルールなので、同じ人に何度もかけることはないのですが、つながるまで何人にもかけるという負担はあります。気の毒な話です。
過去記事もありますのでよかったらご覧下さい。
http://bkk858.blog.fc2.com/blog-entry-7.html
http://bkk858.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
http://bkk858.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
http://bkk858.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

アンさん今の委員乗り切れそうとのことですが、冬には出産ではないですか?
今からでもどなたか、代わってくださる方がいるといいのですが…。

アンさん、つわりが収まってもご無理はなさらないほうがいいと思います。
所詮、ボランティアサークルですし、赤ちゃんの方が大事です。

>うちの学校のPTAは 出来る人が、出来る時に、出来る事を っていう趣旨なので 参加しない人には何も言わないしペナルティーもないし 子供への差別もないけれど 協力して委員引き受ける人には 許可とれだの 責任もてだの 下っ端扱いが凄いです。

まず、委員枠人数って決まってますから、この「できる人ができる時にできる事」と言うのが絵に描いた餅になるんですね。
生後間もない赤ちゃん抱えるお母さんに部長押し付けてるのに「押し付けてないわよねぇ」ってな事ウチのPTA執行部は言ってましたが、執行部ってそう言うところです。
現実が見えてない、と言うより、現実を見ると都合悪くなるから見えないフリをするんです。

読み聞かせって、大体PTA運営から離れた位置にあると思うんですけど、アンさんの学校はPTA下部組織になってないですか。
ウチの学校の読み聞かせの会では、当番制になってて申請して、できる日できない日と日にちを決めて、無理強いはしてないですね。
下っ端扱いになるのは「管理主義」の流れで組織運営されてるからです。
管理主義の親玉は学校であり、その上の教委が原因ですね。
自主、自治団体と逃げるが、実は、下部組織として操ってて、集団心理で会員が動かされてるのがカラクリです。

電話連絡網に関して言えば、それは、責任所在は学校であるはずです。
責任をアンさん他、委員さんが負うものじゃないはずです。

ちなみにウチの学校。
PTAが契約するメール配信を使って、PTAメール配信を学校連絡網で使いまくってます。
「PTAのメール配信をPTAから厚意で言われたから使用してる」と言いわけしますが、明らかに学校使用目的ですね。
去年、「PTAで」使用したのは推薦のお願いの一回だけ。
今年は教育委員会(P連ではなく、PTA主催じゃありません)主催のセミナーのお知らせ一回だけ。
あとは台風だの、学校行事だの、集団下校だの、「学校関連」の配信でした。
なんだかなぁ。
アンさんの学校で言えば学校の責任PTA丸投げっておかしいんじゃないか、と思います。
学校側の繋がらないって事情も分かるけど、だからと言って、PTAに丸投げで妊婦さんに心労与えていいわけないですよね。

ボランティアサークルなんですから、サークル化して適正に運営すればいいだけの話が通じないのは、まぁ、深いジャングルの森の事情があるから。
理事枠に保護者も参入し、現場の声をフィードバックする学校運営(ガバナンス)し、PTAはサークル化すればいいだけの話なんです。

http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2010/03/post_4f73.html

川端さんの改革案の通りです。
ところで、この記事の画像ってジャングルの意味???

絆は押しつけるもんじゃない

絆に思う私事を書かせていただきます。
ふぎゃこさん、長くなってごめんなさいね。

>日本社会って気配り、気遣いの社会なのかもしれませんけど、人にも同じことを求めたり「みんなやるべき」などと事実上の義務化に走りやすいのは困ったものです。だんごになりたがる社会なんでしょうかね。

いつも思うのですが、災害時での自主防災の観点において、自治会組織率が高い地域では、自助、共助、公助から安心安全の功を奏した。
と言う意見、データってあるのかなぁ。
人との繋がりが希薄化すれば、確かに問題はあるんだけど、人って、何か繋がり持ちたければ自分から求めるものであって、押し付けて義務化して繋がり持っても、しこりを残すだけなんですけどね。
ウチの自治体、市民には防災呼びかけるけど、町内会に入らない人には防災訓練の場所や避難誘導の順序は知らせない、なんて事してるから、町内会って何様?だんご利用かい?って本当に疑問なんですよね。
自治会副会長の校長なんで、団子になりたがる日本人の育成場所に学校がなってるように思えます。
「特色ある学校作り」って学校評価の宿題にする(ウチの教委の話)んだけど、特色なんて変な色つけたがると団子色の宗教みたいになります。
楽しく、意欲をもって保護者と教師で学校運営できれば、それでいいと思うんですよね。
それが自治だし。

川端裕人さんのジャングル記事にある、どいんどいんさん紹介の鳥山敏子さんの言う
「与えられて当たり前と思う親が多くなった時点で公立の学校はぶれ始めた。
親が親であることを学ぶ場が必要であると言われており、今日の学校問題は子供というよりは親の問題」と言うのは、その通りなんですけど、だからといって教育してやると言う管理が入った時点で宗教になるように思います。
学び合いは自主からくるものですので。
まぁ鳥山さんの「殺」をデモンストレーションする教育法には反発心を覚えますね。

http://www2.dwc.doshisha.ac.jp/mmurase/janome/janome51.htm

の記事にまるまる同意です。
鳥山さんの教育法もなんだか、宗教チックに見えるんですけど。

ジャングルの改革なんてできないですよ。(ここでだけ泣きごと言ってみる)
団子PTAは「子供のお楽しみ行事」が錦の御旗で、みたらし団子のタレでべっとりくっつきあってますから。
我が子が「PTA行事、楽しかった」なんて、お目目キラキラして言ってたら、従わないと子に申し訳ないって気分にさせられるPTAマジック。
モンスターのレッテル貼りが怖いのと、お局様に逆らいたくないので、皆、従順な羊さんですし。
自分の良心に反することはしたくないから、無駄があがきをダメージ覚悟で今後も私はするつもりですけど。

とりあえず、茶話会の無駄なおかしとお茶のカットはPTA会員ですし、自PTAで訴えようと思いますけどね。(笑われなければいいけど。ボソ)

アンさんの例でもそうだけど、ベビーカーに赤ちゃん、左手には幼稚園児、右手には黄色い旗持たせて旗振りなんてやらせんな!ってマジで思います。(コレ、ウチのPTAの実際の光景です)
妊婦さんや赤ちゃん連れ、その他もろもろ、人に言えぬ事情を抱えた母達に優しいPTAになって貰いたいものですね、ホントに。

Re: 絆は押しつけるもんじゃない

ぶきゃこさん、横でごめんなさい。
>ある保護者さん
>絆は押しつけるもんじゃない

このご意見、わたしはまるっと同意です。
絆は自然に生まれるものでしょ、って思ってます。
実を言うと「絆」という言葉自体、私自身、じつはあまり好きではありません。

なかなか癖のある自治体にお住いのようで、ご苦労お察しします。
>町内会に入らない人には防災訓練の場所や避難誘導の順序は知らせない
その町内会、変!本来の広報はそのような手段はとらないものですのに。

>災害時での自主防災の観点において、(中略)と言う意見、データってあるのかなぁ。
http://ci.nii.ac.jp/
で「自主防災」で検索してみてください。PDFオープンアクセスの論文が100件あまりヒットしますから。どうぞご参考までに。(今、私にはそこを追及する余裕がありませんので…)
あとは、中学生に防災教育を学校で施した結果、3.11で、ある地区の殆どの住民が津波から逃げ切れたケースがあったそうです。

自主防災から見たなら自治会の活躍の力はあるんでしょう。
PDF見ましたが、だからと言って
「町内会に入らないと災害の時困りますよ」
なんて触れまわる自治会に隷属したくありません。
加入率30%切る地域でして、お隣のおば様、おばあちゃん、入らない方も多いですが知ってる知識を英知として、「地域で」災害の時には力を合わせようと思ってます。
普段から避難所マップや応急手当、動画で避難訓練も予習してますし、実際に訓練に参加したこともありますから。

>本来の広報はそのような手段はとらないものですのに。

その広報がその手段をとってる自治体です。
広報に立派に防災訓練のお知らせで「町内会の指示に従ってください」と書いて、あと、知らん顔なのです。

旗振りに関しては、どうも納得できなくて、旗振り当番ノートに以下の文書きました。
まぁ、PコンサバばっかりなPTAなんで、「なに書いてんだか」で終了だと思いますけど。
『バギーに赤ちゃん、左手には幼児と言うお母さんの現状に悲しい気持ちになりました。
同じお母さんとして悲しいです。
みぞれ降る中、下の子を連れ「帰りたい」と泣かれた経験が私にはあります。
そこまでして、旗振りは必要でしょうか?

以前、運営委員会にて「小さなお子さんを連れて来る方は車に気をつけてください」から「「小さなお子さんを連れて来るのは危険なのでご相談ください」への変更提案しました。
副会長から「工夫しろ」「協力しあえ」と言われ、校外指導からは「各部で相談すればいいでしょう」と言われ、聞く耳持たずでした。
幼児はPTA保健適用外です。
小さな子に事故が起きたら誰が責任負うかと言えば、お母さんです。
そもそも、一任意団体のボランティアサークルが何でそのような上から目線になるのか理解に苦しみます。
義務化するのがPTAの基本理念から見ておかしいと思います。

やさしく、と学校で指導しているのですから、妊婦さんや赤ちゃん連れ、幼児連れのお母さんにやさしいPTAになっていただきたい。
相談しろなんて上から目線でなく、人に言えない事情を抱えたお母さんにもやさしいPTAになってもらいたいです』

特に問題ありませんがずら~~~~っと並び、たまに大人の信号無視を批判する文面が並ぶノートに、ドン引き間違いなしな文書きましたけど、同じ気持ちや同意のお母さん、わずかながらいるんですよね。
そこが希望なんで、あえて、陰口言われるの覚悟で書きました。

ある保護者さん>
なんだかキビシイ町会(土地柄)のようですね。
いまなさっていることで、十分じゃないかと、わたしには思えます。

娘が通っている学校に旗振りはないのですが、パトロールの時に、私もある保護者さんと同様「特に問題なし」が並ぶノートに気づいたことを書いたり、配慮が足りないフォーマットをわざと崩して書いたりと、にたようなことをしております。
陰口なんて、気にしません。
「言いたいことがあるなら、正々堂々と表からこいやぁ!」って思ってます。
思いは共通してますよね。おたがい頑張りましょう。

旗振り

旗振りに関して言えば、4車線あるような幹線道路って通学路にないんで必要なのか疑問があるけど、やらねばならぬの呪縛があります。

運営委員会では校長の呆れ顔が印象的でした。
干渉しないから議案には発言しませんけどね、裏で副校長を使って操ってます。
校外指導部部長が
「私も2歳児連れてした事あるのよ。あなたが幼児連れ見てかわいそうって思うなら一緒になった時に帰っていいよって言えばいいでしょう」
と言う、意味不明の説明をされました。
なんで反対するかと言うと、わけあり保護者の旗振り外されると、順番が多く回るのが皆イヤなだけなんです。
寒い中、雨の中、やりたくもないのに多くやらされるのはゴメンだわ。
仕事の半休、これ以上とれないのに冗談じゃないわ。
これが本音ですね。
表では綺麗事言ってますけど。

つんくさんのツイッター抜粋
「15年前飛行機で離陸から着陸まで泣いてた赤ちゃんのママと目が合った。『すいません。疲れてはるのに居眠り出来なかったでしょ』って。『いえいえ、2時間泣いてたこの子が一番がんばった。エライエライ』って言ったらママさんが涙しはった。今ならこのママさんの涙の意味がわかる。子供は泣くさ」
泣きながらも、必死に子育てする現代。
車に神経使いながら旗振りどころじゃないでしょうに・・・・・・・・・・・







って言うと孤立するPTA。
ここで俳句

団子って 何を言っても むだなのよ
子連れでも 旗振らせます 文句ある?

愚痴でコメ長くしてぶきゃこさん、ごめんなさい。
ぶきゃこさんを今までふぎゃこさんと私、書いてました。汗
これまた、すみません。

皆様、コメントありがとうございます。
ある保護者さん、名前のことかまいませんよ!たいして変わりません。

もし自分がPTA会長ならば、「幼児を連れての旗振りは禁止」にすると思います。
だって、幼児を連れてこざるを得ないとわかっているのにそんな当番表作って、その発行者名が自分の名前なわけですから、事故があった際に訴えられたら怖くてたまりません。
PTA保険があるにしろ、保険はお金しかおりません。人の命は戻りませんから。

どなただったか失念してしまいましたが、どこかで「危ないし、幼児に保険がきかないから」ということで旗振りを廃止したPTAがあったと思います。
保険自体は、実はきく場合もあるのですが(被保険者範囲に「会員の同居の親族」が入っている場合)、やはり廃止は賢明な判断だと思います。
どうしても登校を見守りたいなら、比較的安全な場所に簡易イスを持ってきて座り、声をかけながら見守る方が良いように思います。
「交通指導」が目的になってしまうと危険ゾーンに立たざるを得ないし、道路幅が狭いところが多いので、どんくさいおばさんがつっ立っていると邪魔なんです。
交通事故発生は一瞬です。旗を持って立っていれば、発生を防止できるでしょうか? 私はかなり疑問です。しかも下の子に泣かれたりしたら、もはやそこにいる意味すらない。得られるのは「ノルマは果たした」という価値だけです。

それにしてもある保護者さん御紹介リンク先のにわとり殺しの授業はおぞましいです。
私は、学校は教科の勉強及び集団生活の最低ルールを教えてくれればいいと思ってます。
価値観を植え付けるための授業は要らないし、それをするために不自然な状況をわざわざ作ることも必要ないし、ましてや子供を巻き込んでの動物の大量殺戮なんて勘弁して欲しい。子供が泣いてるのに殺せと強制とか、もう教師の頭がおかしいとしか思えません。
食事のために命をもらうのと残虐行為は違うと思いますし、それは子どもなりにわかっていると私は考えています。そんな心の領域まで学校の教師が踏み込んでこないで欲しい。
ものすごく、ズレていると思いました。

ぶきゃこさん、お返事ありがとうございます。
運営委員会での小馬鹿にした対応と言い、クラスでの笑い者扱いと言い、精神衛生上よろしくないので関わりたくないんですけどね。
実際、家族に被害もあったし。
子供のころから、困ってる人やイジメられてる人見ると黙ってられないタチでして損することもよくありましたね。

この国、なんでおかしくなったのかって言うと一人一人の良心と考える力の放棄がおかしくなってる原因だと思うので、弱者イジメなPTA運営は見て見ぬフリができず、無駄覚悟でアレコレ意見してます。
まぁ、集団による影響力が武器ですから、揉み消されるだけで太刀打ちできないです。

旗振りは車道に出るの禁止なんですよ。
歩道のみと旗振り表の注意にあるんで、横断歩道には一歩も踏み出ることなく、歩道で「おはよ~」って旗持ってやるわけですが、交通指導の何に役立つのか、さっぱりわかりません。
指導なら各家庭ですればいいだけの事であって、歩道でオバさんに立たれるから児童の歩行の邪魔みたいに見えるし。

ぶきゃこさんの意見に私も同意ですね。
心の領域まで踏み込んで、教師(校長)と言う立場を使って押しつけないでほしいと本当に思います。
S学会員の教師も多いので、余計にそう思ってしまいます。
ちなみにウチの校長、性善説派で「今の子供達がおかしいのは親の教育がおかしいからだ」ってタイプ。
偏った個人主義を排除するため、PTAの現行体制を支持してます。
だから、私が直談判しても「あなただけの意見でしょう」って。
PTAの人権侵害を訴えてもモンスター扱いでしたね。
アラ、やだ、愚痴が止まらん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。