2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノをあげること・もらうこと

人に何かしてあげたい、あげなければと思う時、もっとも簡単に思いついて、ラクで、効果が目に見えて、自己満足にひたりやすいのが「モノをあげる」という行為だろう。
確かに、ちょっとした気遣いをしてもらうのは嬉しい。旅に行った人から、1回で食べきってしまうくらいの、小さめの現地のお菓子などいただくのは、少なくともそれを選んで購入している間は、私のことを思い出して旅気分を分けてくれているのだろうから、ほんわかした気持ちになる。
しかし、お返しをしなければ済まないほど豪勢な品物だったり、食べ飽きてしまうほど多量だったり、なくならない飾り物などだったりするととたんに気が重くなってしまう。
これを買って私に渡す時、本当に私のことを考えてくれているのか?と淋しくも疑いたくなってしまうことまであるのだ。

何年か前、ある方からフリフリのレースのティッシュカバーを頂いたことがあった。気持ちは大変有り難いとは思うが、フリフリのレースも趣味ではないし、たかが5個パック298円の箱ティッシュをいちいち布に包むというのも効能がよくわからない。
ティッシュを布に包みたい人は包めば良いと思うし、家全体がフリフリにふさわしく、真っ白な壁や小さな花が15センチおきに刺繍されたカフェカーテンなどで整えられていればそんなデザインもよかろうが、我が家は狭い面積で4人のお子様たちを育てている上ろくに家事もしないでブログなどやってるせいで、その惨状は読者の皆様のご想像通りである。(まあ正直ブログをはじめる前からこの状態なのだが。)その中で箱ティッシュだけがご大層にフリフリレースに包まれていたらやはり異様であるからして、人間の尊厳においてやはり断固としてそれは出来ない。

しかしながら、くださった方が勇敢にもわが家を訪れたりしたらどうするのか。きっと、カバーを装着されたティッシュを目でさりげなく探すに違いない。そんな危機にどう対応したらいいのか。もう、言い訳をこじつけてでも、子供に熱を出させてでも、家の前に落とし穴を掘ってでも、なにがなんでも家に招くのを阻止しなければならないではないか!

ティッシュカバーなど押し入れに突っ込んで忘れればいいようなものだが、将来にわたっても絶対に使用しないとわかっているものをわざわざ保管するというのも私の好みではない。将来「あれ?これ何だっけ?」などといいながら箱をあけ、落胆し、またふたをしてしまうということで1分間くらい無駄にしてしまうのももったいないし、それを毎年忘れてはアホみたいに繰り返すのも、必ずそうするとわかっているだけにやるせない。

かといって美しく包装された新品をゴミ箱に投入というのは、どうしてもできない。要らないなら捨てればいいではないかというのは、デリカシーのない男の正論である。あえて男と言わせていただく。男というのは目の前の問題さえ解決すればいいと思って、そういうデリカシーのないことを言う。私はひとりの人間として、そのような不義なことはいたしかねる! って誰に怒ってんだアタシは。

途方に暮れている私を見て、だれかにあげたら〜?と子供が言うが、私は「自分が要らないモノは人にもあげない」という原則をいちおう貫いているし、そもそも類友とはよく言ったもので、フリフリの好きそうな友だちが居ないのである。

とにかく本当に真剣にこの問題について頭を悩ませ、さまざまなやくたいもないマイしばりのおかげで苦しみ、時間をたっぷり使った。
それなのにそのティッシュカバーが最終的にどうなったのか、どうしても思い出すことができない。
なぜなのだろう。今現在、わが家にそれがないことは確実なのだが、どのような処理によってそれが亡き物にされたのか、どうしても思い出せない。
人間、つごうの悪いことについては記憶喪失状態になってしまうという。私も、そこの行為だけイレースしてしまったのかもしれない。ごめん、ティッシュカバー。ごめん、くださったKさん。

ハッ…もともとティッシュカバーの話をするつもりではなかったのに、すっかり脱線して夢中になって紙幅を使ってしまった。次の機会に、本題を書きたいと思う。(つづく)

コメント

思い出した!
長子が生まれたとき、親戚から、フリッフリのベビー服が
届きました。行き来のない親戚ではありましたが、
着せているのを披露しなきゃならないことがあるかもと、
押し入れに入れてました。

もらっても、心から喜べない物があるので、
贈り物をするのが下手な私です。
時機を逸してしまうことも多々。不義理ですね。


地域行事ではタオルやらノートやら配ってることありますね。
どこから出たお金だろ?

ぽぽさん、こんにちは!

>もらっても、心から喜べない物があるので、
贈り物をするのが下手な私です。

私もですよ!
考えはじめると、選べなくなってしまうのです。
要らないモノにお礼を言う辛さをよく分かってるので。

>不義理ですね。

私もそう思いますが、「義理」というものの重たさに憂鬱になってしまうことも…

>地域行事ではタオルやらノートやら配ってることありますね。
どこから出たお金だろ?

うちのほうでも、地域の育成会みたいなものがあって、行事の時には記念品などが配られます。でも、その会に入れって勧誘されたこともないし、お金を要求されたこともない。
(いわゆる会費的な意味で払ったことがないという意味で、行事ごとの参加費は払ってます)
どういうしくみになってるんでしょうね?
ぽぽさんのところの物品が配られる地域行事も、そういう団体の主催ですか?

地域行事の粗品(記念品)

中学校区青少年なんとか会が主催だったり、文化展なんとか実行委員会だったり。

よくわからぬ団体。団体の連絡先も責任者も、私にはわからない。

わかったのは、ただ一つ。
その手の会、PTAや自治会のお役目に当たった人が、会の構成員のようです。

PTAの何の役で、その会の役目にも当たるのかは
知りません。会長かな?

地域育成会とは

皆様、こんにちは。
PTAと地域のつながりって厄介ですね。
地域のお祭り、ゴミ拾い、運動会に駆り出されるんですよ。
地域の育成会からPTAに要請があるのです。
PTAも地域育成会の構成メンバーなので、育成会としては当然の選択なのでしょう。

育成会は「自主的団体」で、PTAの他に行政もメンバーになっていまして、
補助金・助成金が出ますので育成会の収入の大きな柱となっています。

PTA内部の問題は全く苦になりませんが、地域が関係してくると
いろいろなしがらみがでてくるケースが個人的にありますので困っているところです。

>うちのほうでも、地域の育成会みたいなものがあって、行事の時には記念品などが配られます。でも、その会に入れって勧誘されたこともないし、お金を要求されたこともない。
(いわゆる会費的な意味で払ったことがないという意味で、行事ごとの参加費は払ってます)
どういうしくみになってるんでしょうね?

これは地域によりけりなんですけどね。
私の地域の場合を説明しますね。
青少年育成の為の社会教育関係団体って、自治体内でいろいろあるわけで、ボランティアの名目があると自治体からの助成金も別枠で出たりします。
ですから、配布物もPTAとは別枠で出てたり、行事をしてボランティアで提供したりとかあります。
ウチの地区ではお互いがお互いに、負担のなすり合いしてますね。
青少年育成「町内会とPTAの協力ないじゃないか」(いや、PTAへしっかり動員来てるけど)
町内会「焼きそばと餅を子供達は食べるくせに若者世代は町内会入らない。おかしいじゃないか」(だったらPTAと分ければいいのに、お上が許さん)
PTA「負担ばかり大きい。なんとかしてくれ」(負担のせいでギスギス)

地域というと、PTAでは主に、自治会、青少年地区委員、とかだと思うんですけど、共催事業なんでPTAへ動員とかあったりするわけです。
地域で子育て以前に、ギスギスをなんとかしないとイカンがな!
と、ゴネた私は村八の刑に会ったってなことが過去の顛末です。ハイ

皆様、教えていただいてありがとうございました。
なるほど補助金が出てるというのは、どうやら共通のようですね。

名ばかりの副会長さん、育成会のメンバーに行政が入っていて、育成会からの依頼でPTAが駆り出されるということになると、行政による干渉支配になりませんかね?
というより育成会自体は、行政に支配されていないのかしら?
地域とPTAがつながっていて厄介とは私も思いますが、それって「絆」とか「連携」を叫ぶ行政のねらい(がんじがらめにして、行事などもやらざるを得なくさせること)そのものなのかもしれないなと感じます。「しがらみ」まさにそれを望んでいるのではないかと。
西欧から「ボランティア」という概念が入ってきた時、その理念を真に理解することなく行政が望み通りに人民を誘導するのに「社会教育関係団体」を利用し、それを真に受けて「手伝い供出制度」と誤解したまま真面目な主婦たちががんばってしまったのが今のPTAなんではないでしょうか。

ある保護者さんのケースでもわかる通り、もともと目的の違う別団体なのに、あまり共催だとか連携だとかやりすぎてもケンカのもとですね。
町内会と育成とPTAが「あっちはずるい。こっちは大変」と言い合うなど、もうPTA内で個人間で行われているやり取りといっしょで、つくづく日本人ってボランティアに向いてないのねと思います。

ここらの地域の話。

補助金、役所から各団体に出てます。団体にでているもの、何かしらの活動に対して出ているもの。

地域活動も自治会以外に公民館(建物がなくても地区公民館という組織あり)やら青少年何とかやら、福祉なんとかやら。そして、お金があっちは多いこっちは少ないの不満があるらしいですよ。
そういった組織が何をやりたいのか・・・・・・私は知らないです。
構成メンバーが重なっていることもあれば、ないこともあるようですが、
はっきりわかりません。中に入り込んでる人にしかわからない仕組みですね。

防災委員が自治会でできたのですが、形をつくればお金がおりるようです。
子ども会の廃品回収にも役所からお金がおります。
活動には、そういったお金絡みの意味があるのだと、
わざわざ書いてしまう私はまだまだ青いのでしょうね。

ぽぽさん
お金絡みは、私も感じますよー。
他の団体はよくわかりませんが、PTAでも、どう考えても非効率でしょ? ということをやりつづけているのが、「そうすると補助金がもらえるから」という理由だったりします。

自治体は何かというと「支配干渉できません」と言うけど、補助金出すことで立派に支配干渉してるんですよ。自主性を奪っているとも言えます。

廃品回収に補助金を出すことの経済効果って、私は疑問が残ってます。
自治体としては「まとめて集めてもらった方が助かるから金を出す」と言っているんですけど、それなら、ごみ収集だって昔のように地域でまとめて出すほうがグンと経済効果が上がるはず。
でも現実には、戸別収集にしたほうが、分別ルールもきちんと守られ、ごみの総量も減ったんです。当初反対もあった「戸別収集」ですが、うちの市は今でもそのやり方です。
補助金が出るからと、毎月「もっとごみを出せ」って連絡が回されるなんて、何かがおかしいと思いますよ。

支配干渉という点ではしてるんですよね。
たとえば、学校評議員にしても、何故か、PTA、自治会の長がメンバーになってます。
メンバーの公正性ってものを担保したいが為に、組織が強固でなければならないって別の目的が発生し、結果、支配干渉に走るってことだと思うんです。

学校評価計画表ってどこの学校にもあるんじゃないかと思うんですけど、ウチの学校にはしっかりと「児童へ地域行事・PTA行事への参加を促し、自らも地域やPTAと関わろうとする」って項目があり、地域行事(自治会、青少対)とPTAが評価にあるから、見えない強制の鉄壁があります。
児童へ促すと言う目的で、保護者の首に鎖つけて引っ張って来るって考えですね。
当然、苦痛だから陰口、押しつけの保護者イジメはありますが、揉み消されます。

どうなんでしょ。
私は保護者会でクジはイジメであることや、執行部役員を受けて楽しい活動と思えなかった事をクラス役員決めの時、発言しました。
その時、執行部の副会長(同クラス)から手を叩いて笑い物にされました。
幼稚園教諭ってのもあって人脈もある人なんですが、根回しがいいようで教育というっ勲章がありますから人脈では私は負けます。
総会と言う表舞台で、議論を挑んで見ようかと、フッと思ったのですが、副校長に遮られて、その後、村八の刑のイジメに会うって定番のパターンを踏みそうな気もしたりしてます。

ある保護者さん、コメントありがとうございます。

>その時、執行部の副会長(同クラス)から手を叩いて笑い物にされました。

ん? どういう意味でしょう。何といって笑ったのでしょうか。
その方は、幼稚園の先生なのですか? ハードワークと聞いていますが、執行部もなさっているということでしょうか。それなら凄いですね。しょっちゅう担任が休むとなれば園児も大変ですね。

>総会と言う表舞台で、議論を挑んで見ようかと、フッと思ったのですが

確かに総会は表舞台なんですが、少なくともうちのPTAにおいては、議論の場ではないようです。
私は現PTAを改革するということは投げているというか、それに費やせる資源(時間とか意欲とか動機とか)がないので、はっきり「こうしたら意見が言える」というビジョンは持っていないのですけれども、少なくとも「会長になる」以外のプランは思いつかないですね。
会長以外の立場から何か言ったところで、「やりもしないで文句だけ」としか返ってきませんもん。
まあそれでも無いよりはと、いちおうアンケート的なものには意見は書いてましたけどね、会員時代には。
どちらにしても総会では無理な気がします。

ウチの執行部、まるおさんブログも検閲してるんですよね。
どこまで書いていいのやら、又、嫌がらせされないかと思いつつ書きますが。
恒例の高学年凶弾集会・・・じゃなかった。クジの役決めが始まって、アミダクジの横棒を出席保護者が一本づつ引けって言うわけです。
役員が先生に「欠席者の名前を書いてください」って言って書く姿に、私は見て見ぬフリってのができなかったんですよね。
だって、自分の良心に反しますから。
クジは人権侵害であって、押しつけは弱い者イジメにも繋がると言うようなことを言ったなら、バカ にしたように、集団で笑いながら
「そんな事言ってたら、子どもなんて、育てらんないでしょ。 気持ちの持ちようなんだから、発想を変えればいいじゃない。 大人なんだから」
「子どもが入学したからには義務なんだから」
と、なったわけです。
で、そこで一番ウケて手を叩いて笑ってたのが、その、副会長です。
〇〇先生~~~って、慕われてるぶん、これまた、この保護者さん達も信者さんになります。

ウチのPTAの会議は、共働き世帯の為に全て夜です。(これはこれで、大変)
幼稚園は保育園に比べて、ハードではないと思いますよ~
行事は土日ですが、当然、保護者達はこの不景気で働きづめの生活ですから、PTA活動も加わって子育てに余裕はなくなります。

ふぎゃこさんや他の先鋭さん達のおっしゃる通り、会長になる以外、打開策はないです。
でも、損はしても、イジメを受けても、発言して無駄なあがきをしたいってのが私のささやかな抵抗ですね。
良心に反する事はしたくないって損な性格が災いし、周りには迷惑かけまくってます。

あー、そうでもないよ。

割って入って申し訳ないが・・・
幼稚園は幼稚園でなかなか大変だと思うよ。
そんなこと言うレベルの教諭がいるとなおさらそう見えちゃうかもしれないけど、幼稚園によって差はあると思うな。
保育園は保育園で大変だけどね。

それと、保育園・幼稚園はPTAとか父母会とか無くなってきてるとこもあるから小・中学校も時間の問題じゃないかな。

実際大変だからさ、子供産むの止めようって人も出てきちゃってる。子供が保育園・幼稚園児だと二人目三人目妊娠中とかって人もいるしもちろん共働きもいるよね。役員レベルの仕事ができる人ってなかなかいない。
あんまりにも不景気長引いていて、なおかつ増税に向かってるからそれぞれ家庭で抱える問題も多いし。
子供がいないと私立幼稚園なんかは死活問題だからね。切り替え早い。

ボランティア募集形式にしたからと言って父母同士で交流が無くなったかというとそんなことない。むしろピンポイントで行けるようになると休みとダブったりした時に父が参加しやすかったりする。
近頃は子育てに父も積極的だからね。小学校は人数多いから未知なるところではあるけど、やってみる価値はあると思ってる。どちらにしろ矛盾点は多いし、役員のなり手もどんどんいなくなってくから時間の問題だなと思う。
なり手が全然いないんだよ!って現状を上の人たちはもっと知っとかないといけないとこだね。
ネガティブな発想じゃないやり方で人を集めないと。

総会が議論の場ではないってのは自分とこもそうだな。実に日本的なやり方で成り立っている。前もって台本決まっててスムーズに議事進行する所。会長としてはそこがスムーズできないとめんどくさいよね。それはそれでわかる気がする。めんどくさいし深い意味はない、でも情報公開しないと・明朗会計にしとかないとそれはそれでうるさいし、でしょうがない感じ。それを変える行為はその会長さんのボランティアの範疇じゃないんだろうなと思う。すらーっと流すのが100%ラク。
全方向見渡して改善できる優秀な人材はそんなに多くないんじゃないのかな。背景にあるものが意外とデカいしね。お金をもらって動いている機関がある程度方向を指し示してあげないとしんどいかもしれない。
(だからといってイジメたり人の意見を笑ったりしていい理由にはならんが。教育者としてよろしくない行動だなぁ、ある保護者さんの言う幼稚園の教諭。)

「自分が会長になってやれば」ってよくいいますね

どこでも聞くセリフですが、いつも「じゃあ、会長は独断でなんでも決めていいのかい」って思います。
PTAでは会長といったって努力して昇進したわけじゃあるまいし、平会員と同じ発言権しかないですよね。会長1人が「こうしよう!」といっても役員さんたちがそろって反対したら、全会員へのアンケート1つできないかもしれないんだし。

例えばどっかの新興宗教なんかがアヤシゲなことをしているのに気づいた信者家族とかが「あいつらのやってることは非人道的だからやめさせるべき!」といったら、
「変えさせたかったらまず入信して教祖に取り入ってやめさせれば」
と勧めることは、まずないでしょう。でもPTAではそれがまかり通ってるような気がします。

法的・倫理的に間違ってると思われることをやめさせるのに、そこのトップになって変革しろ、というのはあまりにも筋が通らないと思います。PTAではたぶん、立候補さえすれば簡単に会長になれるという状況があるにしてもです。
それも1つの方法ではあるけれど、会長じゃないと1保護者の発言なんて聞いてももらえないというのは、「終わってるな」と思います。

あとよく言われるのが、「本部役員をやってからモノを言え」的なこと。
実際には、会長副会長も含めて大役の経験者だからこそ歪みに気づいて発言してる人だって多いと思うんですけど、Pフォースに洗脳されてる人たちって、「自分が経験してこう思うんだから、自分と同じように思わない人は経験してないにちがいない」って思い込んでるのかしら。不思議です。

ふぎゃこさん、長くなってごめんなさいね。

段ボールさん
幼稚園と保育園だとカラーに違いがあるようですよね。
幼稚園、保育園、両方経験あるママ友に聞いた話をもとに私の狭い見識から書いちゃいましたが。
幼稚園教諭でまさに父母会廃止側の知り合いがいます。
廃止後、お膳立てが大変との事ですが、お母さん達のイザコザや押し付け合いがないからそのほうがいいと言ってました。
「伝統、伝統って変えるのも大変だったのよ」
って事らしいですが。

>どちらにしろ矛盾点は多いし、役員のなり手もどんどんいなくなってくから時間の問題だなと思う。
なり手が全然いないんだよ!って現状を上の人たちはもっと知っとかないといけないとこだね

時間の問題には、私はならないと思います。
体制は強固ですし、行政側も火中の栗なんて拾いません。
なり手がない事くらい、上の人達はとっくに知ってますよ。
知ってて、見て見ぬふりしてるんです。
なり手がないのか「おかしい」ってなもんです。
依存体質の組織構成員は、組織信仰に近いとも思えますし、マイノリティーは即座に排除傾向じゃないですか。
教育熱心な上層部が一定権力持ってるように見えますから、皆、モノ言わぬ羊さんになります。

イツカキットさんの言うように、新興宗教を団体で相手にしてるようで、無駄なんですよね。
まぁ、上意下達集団ってのは間違いないから、如何に学校を取りこんで、教委のご機嫌伺いしながら集団の意識改革をするかってなところなんでしょうけどね。
私は、めでたく(?)モンスター認定受けてるようだから、モンスターなりに総会で正々堂々と巨大組織相手に戦いたいって、ささやかなレジスタンスなんです。
無駄な事は100%承知ですし、家族に被害が行くことも想定内ですけどね。

あ~あと、追加で思った事。

>情報公開しないと・明朗会計にしとかないとそれはそれでうるさいし、でしょうがない感じ。

しょうがない以前に事細かな明細って総会資料にもないし、知らないお金の流れってのもあるんですよね。(ウチの場合ですが)
だから、明朗会計じゃない。
予備費って便利な枠もありますし。
例えば、親学の評価がイマイチだから、セミナー事業展開しましょって教委が音頭を取ったら、なぜか、P連で一括事業にされちゃう。
セミナー費の計上するにしても、臨時総会どころか、本部内でコソっと決めちゃう。
今年の研修さんがボヤいてましたっけ。
時期も講師も決まってもないセミナーウン万円って何で決まってるの?予算の中のどこにあるの?って。
本部内での流れを見て来たので、説明して差し上げましたが「おかしい」って言ってましたね。
あっ、この闇のセミナー経費もあの、高学年凶弾集会・・・じゃなかった、役員決めの時にクラスで発言しましたけど、「だから何」「やることやらないで文句言ってもしょうがない」「セミナーいる人もいるでしょう」「異論があるなら総会で言えばいい」「本部の方達はありがたい」
でスルーでしたが。

周年行事だって学校への備品に毎回化けてるけど、アレもまるおさんの記事にある通り、地方財背法違反じゃないのかしら。
任意性なない中の寄付強要だから。

現場で言っても無駄だった事柄をネットで書いてみました。
嫌がらせされないか、書いてヒヤヒヤしますが。

なるほどなるほど。

うーん、強固なのは間違いないんだけどね。見て見ぬふりをしているというかどちらかと言えば深刻だと受け止めてないと思うが。

明朗会計に引っかかっちゃったか。まぁ、あれも全く明朗ではないけど本人たちは明朗にしてるつもりだからね。
突っ込みどころはたくさんあるけど突っ込む労力を出したくない人たちが集まってるから。スルーできるようにしたいんだよ。だから総会の空気感に飲まれていただきたいと言ってくる。「ちっ、なんだよ早く終わらせろよ」みたいな空気。そこに負けないのは拍手もの。
(だんだんこういう場で発言する人は増えると思うけどね。後述する。)

まーでも聞かないだろうね。明朗じゃないからキッチリ明らかにせい!と思う側と、明朗じゃないけど形明朗ってことにしてスルーしたい側だもんね。後者の第一目標はスルーだからかみ合わない。
そのスルーは悪循環の一つの歯車なんだけど、本部役員にしてみれば一過性のことに過ぎない。
発言するのが無駄とは言わないけど疲れることは間違いないな。

本部の方達はありがたい←これすごいなw教祖誕生。へぇー、そういうこと言う人いるんだね。うまいことやるとPTA詐欺できそうw

イツカキットさんの言ってる状況は良く見られた昭和~な感じだと思う。古いね。企業もグローバル化してきて、だんだんそういうの無くなってきてるからいつまでもその調子ではやっていけないと思うよ。
発言・発案の無いものは参加するなよって空気が出てくるさ。
若い人は結構使命感ある人多いしね。

これ何の話だったっけ?あ、物をあげるとかもらうか。ティッシュのフリフリカバーは即捨てるwあるいはフリフリを絶対渡してこないような空気を醸し出す。

ダンボールさん、面白いですね。
飲み会とかすると、人気者じゃないですか。

人って先入観から意図も簡単に思考停止になっちゃう。
PTAって聞くと、大概の人は「すばらしい教育団体」って思う部分あるんじゃないかと思います。
学校が音頭を取れば、学校フィーバーな人は学校ラブが祟って(?)PTAは間違いないになるんじゃないかと。
組織を作るにいたっては「正しいかもしれない間違ってるかもしれない」の「考える力」が必要だけど、ラブだから「絶対に正しい」になって、大変な本部してくれちゃう本部役員は「ありがたい」になるんだろうな、と。
で、会長でも校長でも教祖になっちゃう。

私はうまく立ち回らないで、面倒くさいヤツってことですね。
面倒くさいヤツは、白い羊の中の黒い羊で異端にされるんだけど、黒い羊は会議を長くして妨害する厄介なヤツだから、途端に迷惑な加害者になっちゃう。
深く考えないで、サクっと生贄(役員)は決めて、ちゃっちゃと済ましたい人達こそが被害者になる、の構図になる。

昭和な感じで古い、とは思わないんですよね。
じゃ、昭和から発展してきた新興宗教って、いつまでもその調子でやっていけないか、っていうとそうでもなくて、人々の不安や依存を利用してうまく繁盛してるし。

アレ、何の話してるんだ?
フリフリティッシュカバーの行方は何処に?だが、義理人情に悩む故にモヤモヤ発生のオチでしたっけ。
それはどうでもよくて、つづくの先が気になってますです、実は。
ふぎゃこさん、長く書きこんでしまって、ご迷惑かけてすみません。

連投ですみません。
ふぎゃこさんの「つづく」が気になって、さっき子供と風呂に入りながら考えました。
もしかして、こういう事でしょうか。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0217/295571.htm?o=2

まぁタニシが水槽仕切って金魚に悪影響じゃイランがな。
マックのバリューセットのわさわさナプキンっつーのは迷惑だがな。

まぁ水槽って学校が金魚に悪影響なナニシをおだてて、バリューセットのワサワサナプキンをうまく利用し、評価対象にしちゃってるのが諸悪の根源だと思ったりもして。
夜回り先生の水谷先生はブログで教委を信じろ、学校を信じろって言うけど、どうなんだろね。
4人の子を育てる、お母さんに
「生まなきゃいい」
なんて、言っちゃう現状作り出す学校教育の教委は信じるもんじゃないわなぁと思ったりもして。

全員が最初から加入状態でしょ?

新興宗教との違いは全保護者が入学時から自動的に加入状態だってことなんじゃないの?
だから勢力図が変わる可能性はあると思うんだけど。

晩婚化・高齢出産・性同一性障害・女性の社会進出・男性の育児参加・同性愛などなど
いろんなとこがだいぶ変わってきて、自分らしさをアピールできるようになって、それを理解しようとする流れも出て来てる。
カミングアウトできるような時代になってきたじゃない。

市役所なんかは場所にもよるだろうけど10年前と比べたら格段に対応良くなったと思うよ。昼休みだからって役所全体が休みになっちゃうって無くなったでしょ。(これ今若い子に話すとすっげー笑われる。信じてもらえん。笑)
地方分権も進んできたし、役所絡みも変わると思うけどな。

ネット社会だから価値観バラバラだってのがよーく分かってきたのも日本人としては格段の進歩。
生まなきゃいいってのは・・・まぁ至極短絡的だけどそういう考え方の人もいるってことで。「年金額めっちゃ少なくなって愕然とする顔が見たいもんだね、にやり」とでもして流しとけばいいんでないかい?
学校の勉強もさ、全員が全員真面目に受けてるわけじゃないから。作り出してるのが教委や学校だけってわけじゃないよ。家庭環境とか、社会全体だったりとか、いろいろある。
一生懸命やってる先生もいるからね。変えたいと思ってる先生もいると思う。だってさ、先生っていっても家に帰ればただの親父・お袋さんだったりするわけでしょ。
プライベートな空間で親となった時にPTA受ければそれなりに大変だよね。もうちょっとシンプルな内容にしたいなぁと考えてる人は絶対いると思うんだよな。

今日は昼早めに食べなきゃ。ワサワサナプキンの字を見たらマッ〇にしたくなったぞ。ひょっとしてマッ〇の回し者か?!w
あれで豪快に拭きまくるのがアメリカンでかっこええと思っていた自分てw

>だから勢力図が変わる可能性はあると思うんだけど

勢力図が変わったからとて、人の「信念」ってものは変わらないから勢力が変わったとて、「体質」は変わらないと思うんですよね。
Pフォースのバイタリティってスゴイけど、(ってそれに喰ってかかる私も痛いが)これは、グループダイナミックって互いの影響力から来るから。
例えば、新興宗教の教祖が変わって、会員が減るかって言うと減らない。
締め付けからくる信者逃げ出しを止める為に、価値観の幅を広げる、ハードル低くしてサークル化して会員枠を広げる。
そんなこんなで、大繁盛な企業が新興宗教じゃないですか。
ちなみに、2世3世は全員加入制度。

自分らしさのアピールはできる時代だけど、思想集団は根強くあって、そう言う思想集団が騙す側になってたりとかないかな、今の時代。
こう言う信念体系(PTAとしとく)の互壊は別のところにあるのが集団心理ってものだと思いますからね。

先生も保護者の変えたい人はいっぱいいるでしょうね。
でも、先生も所詮、社長(校長その上の教委)に逆らえぬヒラですし、保護者も子供の手前逆らえない(私がいい例)学校という宗教団体の末端信者だって思うわけです。

あ~思ったけど、自分らしさってPTAで出すと引かれちゃうってないですか。
コレもムラ文化だと思うんだけど。
問題意識なんてないから「たかが」にされちゃって、羊ちゃんになるのが身のため、みたいな。
保守的なのは「子供の教育」って言う便利なアイテムがあるからなんだけど、学校と言う場所って宗教のような聖域になっちゃうと思ったんです。
昔に比べて教師の権威は地に堕ちた、なんて声を聞く現代だけども、Pフォースと言う選民意識がしっかり、その、地に堕ちた権威をすくいあげる見えない力があるように思うんですよね。
教委支配の力ってのも見えないように使ってる、学校評価を使って。

そうそう、今日聞いたビックリ話。
とあるPTAは1学年6人で一子3役がノルマとか。
どっひゃ~

待ってくれい

いやいやいや、新興宗教の2世3世はその字の通り親族のつながりがあるじゃないか。抜けられない理由も根深いしエライこっちゃろうと思うよ。軽視しているわけではないけど、少なくとも近寄らなければ関わらないで済むから。ちょっと違うんじゃないかと思ってる。
宗教・洗脳という言葉に洗脳されてはいかんような気が。

PTAってさ、子供がいると必須おまけでついてくる。そこが絶対的に違うんでないの?だから生むなよとかいうやつも出てくるんだよね。
宗教入んないから生むなよとは日本で言われんでしょ?
必須のものなら「何とかしたい」あるいは「絶対やりたくねぇな~なんじゃそりゃ」と思うやつが今後たくさん出てきてもおかしくないと思うぞ。子供が人質だーなんて親が思わないで突っ走ってくる時代は来ると思う。いやいや、対等だろ?みたいなね。

PTAなんてさ、所詮他人同士じゃない。
気ぃ遣って我慢してなんて他人同士で頑張ることも少子化やら不景気の影響で限界来ると思うんだよ。
家族内でもさ、忙しすぎるとギスギスする。他人ならなおさらだよね。
そりゃあよろしくないなーってなことになるだろうと思うんだな。
まだ全体的にしんどくないってことじゃないかい?まだ余裕かましてられる。少なくともまだ死人が出てない。(ゴミ屋敷なんかすごいよね。立てこもって人殺したらソッコー行政が動きやがったw)
あと10年もすればベビーブーム世代がごっそり小学生保護者からいなくなる。そうしたらシステムはかなり変わると思うね。人間あんまり先立って行動しないもんよ。身に降りかかってこないとね。
だいぶ父も家事育児やるようになったからさ、おかしいなぁと思う人間は増えると思うんだよ。ブログとかでもチョコチョコ男目線でPTAについて書いてる人が増えてきてる気がするし。
もっと肩の力抜いてさ、楽でいいんじゃないの?シンプルでいいんじゃないの?ってなるさ。
消防団あたりはかなり切羽詰ってきてるから見直していく方向性出てきてるよね。元気な年寄引っ張り出すっていう・・・まぁ場当たり的なのもあるけど。
その『どうにかしなくちゃいけない段階』が来るまでに矛盾点を突く資料があったり、活動がこうあったらいいんじゃないかみたいなものをネットで出していくことは今後を見据えて意味があるんじゃないかと自分は思うよ。

学校評価ってのは曲者だね。イジメのことでもそうだけど、隠ぺいに走りやすくなるよね。尾木ママに相談だなー

ダンボールさん、面白い~~~~

なんか、不思議と肩の力抜けてくようで、元気でました。
ありがとう~

>まだ全体的にしんどくないってことじゃないかい?まだ余裕かましてられる。少なくともまだ死人が出てない。

これは、地域によりだと思うけど、ウチのPTAは十分にしんどいと思う。
しんどいけど、村文化が教育にしっかり根付いてるから当分、変わらないと思う。
宗教とかの例えは置いといて、本当に変わらないんです。
諦めて、我慢したほうが身のためとしみじみ思うけど、私の良心がどうも許さないんですよねぇ。
毎月行事のオンパレード。
青少年なんて2種売連続で動員ふってきて、来週、その次の週と休みがつぶれるって役員さんボヤいてましたっけ。
去年、決死の覚悟でイベント中、私は市長に直談判したんですが、とあるジジ様に怒られました。
お互いがお互いの首絞め合ってる事に気がつかず、「子供の為」のエイエイオーで考えることなく突っ走る。
お局様(執行部)達も余裕がないです。
だから、「入退会自由」のニュを言いだしただけで、目がつり上がるし、お局仲良しクラブもハッスルする。
スーパーに行けばPTA行事(そもそも、PTA行事と学校行事は別だけど、そんなな認識これっぽっちもナシ)の話で持ちきりで、役員決めは戦場みたい。
生贄決まり!とともに、満面の笑みで一同一斉に拍手する。
誰も動かないのは、被害が子供に行くことを恐れてるのと、陰口がコワイからですね。
活動拒否っただけで、その保護者をブラックリスト呼ばわりですから。
変わらないですよ、何しても。

あっ前コメの訂正。
1学年6人、じゃなく1クラス6人でした。
1子3役って相当殺伐としてそうだなぁ。
尾木ママ助けて~~~~

世代交代を待つ

ダンボールさん、痛快です! (拍手)

ベビーブーマーの卒業とイクメンの台頭。待ち遠しいです。
人の移動が少ない田舎のほうなんかだとあまり効果が出ないかもしれませんが、うちのあたりはニュータウンなので親の世代交代はPTAのあり方にもインパクト与えてくれる可能性大です。

ちょうどいま、近くで大規模マンションの建て替えをしていて、新規に入居するのはきっと「これから小中学生」の子どもを持つ家庭が多いはず。東京の片隅には日本各地の出身者が集まるだろうし、価値観はバラバラ・・・となれば、何かが変わるかも。期待したいなぁ。

変わるって

そうだね、戸建が多くて人の出入りが少ない地区はちょっと影響出るの遅いかもしれない。まぁでも確実にもっとシンプルな活動になる時代はやってくると思う。

せっかく宗教の話が出たから書くけど、例として挙げるならお墓事情。
これって過去と比べるとかなりの変化を遂げてる。10年前をちょっと思い出して欲しい。
日本は大半が仏教形式での埋葬の仕方だよね。四角くて長ーい墓石でさ、似たり寄ったりの感じでさ、墓地で肝試しできんだろっていう灰色の景色で、ちょっと暗ーいイメージだったじゃない。お化けに扮した志村けんがヒュードロロって笛吹いて出てきそうなw
それって仏教というか宗教が国の保護を受けていたりしてパワーバランスとしては宗教サイドにあった。んで集団・慣例化して変わらなかった。特別お客さんとして意識することなく、オートメーションで人は死んだらやってくるシステムになってたわけだ。すこぶるオシャレに綺麗にする必要もない。お寺側がサービスしないで檀家さんが一生懸命お手伝いしたりするもんだった。とりあえず長男なら檀家は入っとけみたいな。そうしないと周りがうるさかったよね。まさにしがらみ。

ところがどっこい時代は大きく変わった。終活なんてものが出てきた。死してまでしがらみにとらわれたくないという考え方だよね。
檀家に入る人も減ってきた。公園墓地なんぞというものも出てきた。墓地はお寺さんから離れて公園のように明るくておしゃれ。座って長くくつろげたりする。多宗教対応のところもある。墓石自体無しってのもある。駅まで行けば送迎してくれたりするとこもある。
これも不景気・少子高齢化・晩婚化・価値観の多様化なんてものが絡み合って行きついたものだと思うんだ。
ペットを同じお墓に埋葬してもらうという人も出てきたし、墓地の方も受け入れるようになってきた。これって宗教でも特に仏教のある宗派の中ではタブーだったわけだね。畜生道というやつ。でもパワーバランスが崩れてきてて、受け入れていかなきゃ墓地の特色が出せずに競争に負ける。檀家のなり手はいない、墓は売れない、お骨をアクセサリーにだって出来ちゃうんだからお墓がらみの職種は必死だよね。
お坊さんももっとフリーでシンプルなものが自然体じゃないかって思ってた人もいて、その辺の世代交代もあって変わってきたような気がしてる。ニーズと合ってきた。

PTAなんかもそういう時代とともに変化するものの一つだと思っているんだよな。

なんとなく、仏教が出て来たので、仏教に思う事がツラツラあるんで書きますが。

PTAは時代とともに変化はするけど、簡単に体制互壊にはならなと思います。
ただ乗り許すまじ思想ってのも現代の「見返りボランティアの価値観」の賜物ではあるんだけど、簡単に言えば、「考える力」を放棄してる象徴のようにも思えるんですよね。
頑なに新興宗教の善を信じるマインドと、頑なにPTAの善を信じるマインド。
これは、数々の議論を見てきて分かるように、時代が変わるから組織も変わるって簡単な理屈じゃないように思うんですよね。(だからと言って諦めてないバカが私ですが)
多分、ダンボールさんとはこの見解では平行線な気がする。

権力がバックアップにつけば、ちょとやそっとの非倫理も見逃す世が現代だと思うんですよね。
確かに島田裕己さんの言う、「葬式はいらない」な時代が来たのはその通りなんですけど、商売の話じゃないんですよねPTAって。
どちらかと言うと、信念をもった行政の片棒担いだ思想集団って感じ。
行政側も教委に丸投げで、教委と言う権力がバックアップだから、商売とは違う次元の話だと思うワケです。
お坊さんもシンプルな時代だけど、せんと君にいちゃもんつけて、島田裕己さんに喰ってかかるお坊さんもいるのが現代ってものよね。
カルト化しちゃう伝統派仏教団体ってのもあったりして、宗教被害って後を絶たないです。

仏教で言えば、幕府の強力なバックアップをつけてたのが浄土宗です。
浄土宗がなぜ、フィーバーしたかと言うと権力のバックアックもあったけど、同じ言葉を繰り返し 唱えることにより、アドレナリン が脳から出され、トランス状態になる念仏に民衆が魅力あったからって説もありますよね。
念仏って言う便利な言葉、ホラ、PTAにもあったじゃない。
「子供のため」。
昔の過酷な暮らしの農民には現実逃避の為、 念仏が使われて来たとの学説もあり、、現実逃避が昔の生きる力になってたんじゃないかって思うのですけど、PTAに当てはめて言えば、過酷な現状の現実逃避をさせて、「教育」と言うアイテムで保護者を束ねる目的を担ってるのがPTAだと思う。
便利なお財布と便利な人材派遣、オマケに言う事聞くように仕向けてくれる保護者集団の一部のエリートって一度手にすると、簡単に手離せないもの。
だから、教育で操る。

権力を持つ巨大宗教団体ってあるね。
政党持てば、数々の非倫理もうまく権力が守ってくれる。
そもそも、幕府と浄土宗が結託する権力悪ってものに殴り込みをかけたのが日蓮さんだから、今のF活動で馬車馬の如く末端信者をコキ使う現状を見たら、日蓮さんもさぞ悲しむんじゃないかしら、なんて、空想を最後に書いたけど、権力に操られた組織ってのは曲者だとつくづく思うし、変わらないと思うわけなんですよね。

いや、だからさ

いちゃもん付けようがせんと君、結局それが機に人気出たやん。
島田さん?だっけ?批判を受けただろうけど着眼点は良くて、島田さんって人が発信し始めたかどうかも分からないくらい広まったじゃない。そうだよねぇなんて思った人が多かったんじゃないの?
仏壇の前で定期的に念仏唱えてる家ってほとんどないんじゃないの?
めんどくさい事しないほうがラクで自然でいいよねぇなんていう漠然としたプラスイメージは誰かが発信することでそれなりにじわじわ広がって来るんじゃないのかな。
島田さんという人を知らないもので無知で申し訳ないが、おそらく、権力云々というよりはプラスイメージを展開したんじゃないかなぁと推測しているけどどうなの?
商売っていうけど檀家のやることだってボランティア的な要素があったはずなんだよね。
いきなりさ、宗教なんて無くしちまえよ、全員無宗教状態になんてならないのと同じでしょ。究極論でいえばそれが生き物としてはナチュラルな状態だけど、やっぱりしがらみや権力という力は働いてるから完全消滅はなかなか無い。それぞれの中に価値を見出して生きている人がいるのも事実。でもその中身というかあり方は変化しつつあるでしょという話。
新興宗教はさ、入会者を増やすためにそれなりに営業努力っちゃあ変だけど勧誘方法を時代に合わせて変化させてるよね。人間の弱い部分と時代・世代へのマッチングを研究している。

PTAはどうかっていうと時代も世代も関係なくお子様とセットメニュー。繋がってる部分は子供であって、弱ってる心とか思想への共感なんてものではないわけだ。

プラスイメージとして活動内容の見直しが徐々に広く展開されることは期待できると思うんだ。川端さんて人は本書いて出したんだよね?新聞にもちらほら載り始めたよね?考えない人ばっかじゃないと思うんだよ。
ちょいちょいの変化が積み重なると大変化につながるんじゃないかな。

なっかなか変わんないから上から変えてくれーってのは思うけど、ちょいちょいの時代に自分が引っ掛かってるのがめんどくさいからってのはあるw変えてくれちゃえば早い。ストレスが無い。
しかも上の組織であるならばそうであって欲しいという1mmくらいの期待もあるw
でもまぁそれ無理そうですとなれば個人で「変わるぞーきっと!」と思っていたいんだよね。変わるよ!って言って歩きたい。じんわり逆洗脳w
変化によるいいイメージをどう相手に印象付けるかを考え中な感じ。会社のプレゼンみたいだw

①PTAなんて無くしてしまえ。なぜなら宗教風味の洗脳集団だからだ
②入退会は自由にしたらフリーダム
③P連にいるのがよくないからまず脱退しようぜ。流行りの分権で行こう
④バザーほとんど売れなくなったから見直したらどうよ
⑤ベルマークほとんど集まらなくなってきたから、この活動無くしてみますか。

まず断然④は可能性高いよね。受け止められる人数が多いほど変わる可能性は高くなる。役員じゃない人間からも了承を受けやすい。そういうとこから変わっていくのは速度が緩いんだけどね。

なんつーか、ある保護者さんはどうしたい?「変わりゃあしねぇよ」ってダンボール野郎に諦めさせたい?ネットは子供も見れるよ。若い世代はじゃんじゃん見てる。あー、逆らっちゃダメなのかと思う人が増えちゃうんじゃない?それってもったいない気がしない?
玉砕談としては貴重だけどね。だから止めとけというか、やり方気をつけろと教えるか。どうしたいんだ。
「お前らのやってることはいじめだー!」って言ったら「違ぇーよ!」って返す。それ人間。自分に置き換えてみなよ。ハイすいませんでしたー!ってすぐならんでしょ。まず正当性を必死こいて探しちゃわない?
おまいらは洗脳されとるぞーっつったら「アホかボケー!」って反発してくるの目に見えてるじゃないかー。
何か知らんけどドえらい知識豊富でいっぱい本読んでんだろうなぁというのは分かるんだよなー。とりあえず昔UFOキャッチャーでゲットしたへぇーボタンは読みながらいっぱい押しといたw
島田さんていう人の本探してみるわ。教えてくれてありがとう。
変わりにくいなぁというのを踏まえてwどうしたらいいもんかめんどくさいけどちっと考えてみるわ。

昨日さぁ、タータンチェックのティッシュカバーもらったよ・・・ビックリなタイミングだ(涙)。目がチカチカするから違う布を裏に張り付けてリバーシブル使いしてみた。なんかいろいろ解決できた気がした自分w

ダンボールさん、面白いなぁ。
是非とも一緒に飲んでみたいお方です。

どうしたい、と言えば、変えたいと思ってる一人なんですよね。
白い目で見られながら、陰口言われながら、避ける人ができてようが、レンホウよろしく「会長!会長!」って突っ込んできたんですけんども、それなりにダメージを受けてるのも現実で。
実際問題として、札苗小みたいにオープン戦略の工法で、人脈を広げてリーダーシップで人を巧みに誘導し、議会のバックアップをつける手法ならうまくいくんじゃないかとは思うんです。
でも、力のない人が動けば、傷つくのも目に見えてる。
川端さんも傷ついて心折れたから、現実世界では諦めてるでしょう。
私がいい例なんだけど、ネットは改革意識を作るのにいいとして、リアルで動けばイジメに会うのが関の山のように思うんですよね。
実際にいるじゃない。
退会して、行事差別で子供が泣かされ、被害に会うケース。
そこをすっとばして、ヘイベイビーユー変えちゃいなよ、なんて、言えないなぁと。
PTA被害のヘルプデスクなんてないでしょう。
地域柄もあるけど、イジメを受けるの確実なPTAってあるのも現実で。
ちゃんと、ヘルプデスクを構築してからじゃないと、ドスコイみんな~変えようボタンってユーフォーキャッチャーみたいに連打もできないと思う。
PTAって化け物を変えるのは、簡単じゃないと思うわけなんですけどね。

ダンボールさんの「変わる」って言葉は私の希望だし、元気でるコメントなんですよ。
そこは、とっても同意なんです。
ダンボール野郎なんてことはなく、希望の星なんです。
今、自分のコメント読み返して思ったのは、「あぁ傷付いたが故に臆病になって泣きごと言ってんなぁ」ってことですかね。
私に同意のママもいるんですよね。
でも、傷付くの目に見えてるから巻き込みたくないってのも私にはある。
そこがジレンマ。
他にも同意でも、運営委員会で羊ちゃんになるママもいるけど、羊ちゃんになるしかないって立場もわかる。
うん、情けないと思うけども、傷付く人は出て欲しくないってことで、ネチネチ宗教談義でもってコメ長くしました。

実は私、フリフリティッシュ派ですが、身もだえするような贈り物はしないと決めましたです。ハイ

ちょっと考えてみた。

①PTAなんて無くしてしまえ。なぜなら宗教風味の洗脳集団だからだ
これ絶対に言ったらNG。

②入退会は自由にしたらフリーダム
不公平との認識が第一にあるから保護者間争いが勃発。
退会者への嫌悪が問題になる

③P連にいるのがよくないからまず脱退しようぜ。流行りの分権で行こう
P連とはいわば校長のメンツのためにあるようなものだから、まず校長がNG。
校長の評価に関わるので、即却下。

④バザーほとんど売れなくなったから見直したらどうよ
これできる

⑤ベルマークほとんど集まらなくなってきたから、この活動無くしてみますか。
これもできる

ちなみにバザーもベルマークもウチのPTAはないけど、PTAには根強い評価と言う名の宿題がある。
宿題に関して言えば、まるおさんブログの「経験者さん」の書いてある通りなんですけどね。
評価主義教育が子供でも大人でもイジメの土壌になってるんだと思います。

変える一番の手っ取り早い方法は、退会者を多く出すことですね。
戦争勃発はある。
混乱もある。
でも、会員が減れば否応なく、自分の頭で「考える」ようになる。
「自分たちで会を作る」、「基本理念に立ち返る」って言う自主性が芽生えれば、本当の意味での傀儡組織じゃない、自主自治団体になれると思う。

余談だけど。
私が代表務める小学生サークルが存続の危機なんですよね。
もう30年続くサークルですが、地域行事(PTA)目白押しで子供も出られないってことが多いって事と、保護者の共働きで役員ができない関係から。
でも、役員同士「勧誘がんばろう」って前向きに地道なポスターチラシをやってます。
こういう活動してこそ、自主自治だと思うんですけど原点に立ち返る働きってのは、やっぱり退会者を多く出す事だと思います。

いいかんじ

ダンボールさん、おもしろぉい!!
たとえがわかりやすくて、あったかいハートを感じます。

ある保護者さん、肩のちからがぬけたようで、よかったですね。

>今、自分のコメント読み返して思ったのは、「あぁ傷付いたが故に臆病になって泣きごと言ってんなぁ」ってことですかね。
>私に同意のママもいるんですよね。
>でも、傷付くの目に見えてるから巻き込みたくないってのも私にはある。

うん。
そこに気付けば、しなやかに、より強くなれます。かならず。
PTAに関してはっきりモノをいうと、自分も相手も傷つきますよね。
対面コミュニケーションで、異論を戦わせるのは、本当、つかれますから。

ゆっくり羽を休めて。
そうしたら、今度は戦術を変えてネゴシエーションできるはず。
わたしもPTA変えたい。
わたしは、人のいいところ、あたたかさを引き出して、ギスギスを取っていく方法をとりたい。かなうならば。これでも試みているつもり。
「脳は快を好む」そうなので、これを心がければ、人を巻き込めるはず!
冷静な分析眼はそのままに、人には「〇〇したい」を伝えて。分析結果を伝えるのは通じるひとにのみ。それでいいんじゃないかなぁ?

PTA、変えていけますよね!

皆様、たくさんのコメントをありがとうございます。
いろいろと考えさせられており、感謝しています。

PTAをもし改革するとしたら、会長になるのが一番効果があがると私は思っているわけですが、ご指摘のあったように会長だけでモノが決められるわけではありませんので、会長になりさえすれば好きなようにできると思っているわけではもちろんないです。
改革を主張する人間が平会員であろうが、会長であろうが、多数決の論理で行けば勝てない(たぶん)わけですが、少なくともこちらが会長であれば、人権侵害をするような手紙などは出せません(会長名なので)ので、まあちょっとは平会員よりは権限がありますね。あ、もちろんうちのPTAでの話です。ま、そのくらいの意味です。

ある保護者さんの御紹介下さったサイトみて来ましたよ〜。いっぱいあるので、まだ全部読めていないのですが、まるおさんのコメントなどもありなかなか面白いですね。
小町チック、という人間像がもしあるとすれば、私は小町チックとはかなりかけ離れた人間であるのでしょう。呆れつつ、感心しつつ、なるほど世の中はこうやってできていたのか…みたいなフムフム感があり興味深く読ませていただいてます。

一番スゴイなと思ったのは、
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0217/295571.htm?o=0&p=5
の「逃げる人達へ。自業自得です。」
という書き込みですね。
強制になってしまうのは、逃げる人がいるから。
逃げなければ強制もしないのに、逃げるから強制になってしまう。
だから自業自得。

すげー!! もうどこから突っ込んでいいかわからないくらいスゴイ論理!
いろんな方がいるものです。

ふぎゃこさん

スゴイって感覚の「普通」に巡り合えた事が嬉しい、なんつって。
もう、現場なんて、こんな感覚ないですからね。
逃げる人がいれば、残された人が可愛そう、残される私たちは被害者よ!になるんですね。
宿題の弊害なんです。
義務と言う十字架を入学と同時に背負うことになるって知って出産をあきらめる人もいるでしょうに。
市民体育祭のムカデ競走で足首痛める健気な役員さん達を誰か助けたって。
町内会と青少年育成はべ~つ~そ~し~き~

http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2010/03/post_4f73.html

yuzusanさんの、ガバナンスってここのコメントにあるけど、保護者も人事権持たないと、支配構造って変わらないように思うんですよね。
ちなみに、このコメントの校長先生は良くできたお方です。
ウチは典型的な姑校長で、モンスターな保護者を私が教育してやるってタイプです。
職員室に保護者達が乗り込んで行った事もあったのですが、まったく動じない凄腕で、かなり「できた」お方です。
保護者の意見を聞かないので保護者達の評判は悪いですが、教委のお気に入り校長なので、当分この体制です。

スゲー!な倫理がどうしてマイナーになるのか、考えました。
スクロール上げてすみません。
見返りがないとボランティアできない価値観が背景にあるのも理由だけど、苦痛なのに無理にやらせるからだと思うんですよね。
ズルイ、自己責任、と言う人も、可哀そうに、苦痛に耐えてるからそうなっちゃう。
先生が「違うんじゃないの」なんて発言権あればいいけど、そんな権威も権利もないし。
たしかに、アレアレな保護者(私も?)はいるから大変だとは思う、学校も。
そこで、とっても便利なのが、保護者達を非倫理でうまくまとめてくれるPTA。
ただ乗り許すまじ思想はとっても便利。
これは、教委も利用したいから、何をどこをついても暖簾に腕押しなんです。

本部役員の時に、本部顧問(と言う名の透明人間)の先生に聞いた事あったんです。
「先生は家庭を放り出してまでP連のバレーしたいんですか?先生はやりたいんですか?」
って。
「いや~~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・僕は答えられないですぅ」
私は手紙や直に言ったりと、この非倫理は「おかしい」って顧問の先生に訴えましたが
「僕には発言権ないですから」って。
いかりやチョーさんの「だめだこりゃ」が私の頭に何度も流れましたっけ。
クジになればスーっと教室から消える(逃げる?)先生。
欠席裁判のクジに名前をホイホイ書いちゃう先生。
すべて、suzusanさんの言うようにPAになってるからだと思うワケです。

学校も校長のカラー次第だと思うんですよね。
学校経営の権限は校長ですから。
ウチの学校。
「昔は保護者の連携があったから教師を煩わせることはなかったのに」と、あるクラスの保護者トラブルを公で批判したり(守秘義務は?)、学校行事で校長が挨拶して保護者が返さないからって言いなおしさせたり(子供の前で教師の面目潰すなって言うくせに親の面目は潰す)、アンケートの保護者意見を一切無視して独断で物事決めたり、色々と保護者の不満を仰ぎながらも、威風堂々と学校経営できるのも、支配教育だから、と思ったりもします。
現在の方式は理事の権限が教委にしかないでよね。

ボトムアップに変えて、支配を辞め、教師と保護者で意見を吸い上げて行く方式でないと、良くはならないと思うんですけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。