2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話し合いは最善の解決法か

この弱小ブログにも若干の奇特な男性読者がいらっしゃるようなのでちょっと訊ねてみたいのだが、奥様や恋人に「ちょっと話し合いましょう」と言われたらどんな気がするか。
「おぉ、ちょうど良かった。俺も話し合いたかったんだ。さぁゆっくり座ってくれ」と喜ぶ人は、(これは私の推測に過ぎないのだが)結構少ないのではないだろうか。

複数の人の意見が異なる、という事態が発生した時、「話し合う」というのはフェアで、前向きで、関係者全員の意向を汲めて、皆が十分納得できる解決法のように考えられがちであるが、私はかなり懐疑的である。
「話し合い」も、結局はパワーゲームにすぎないことが多く、むしろ「話し合った」という変な実績がつくだけ、「話し合ったのだからこれ以上文句はないでしょ?」とばかりにその結論が妙に説得力をもつもののように強大化されてしまうこともあるのではないかと思う。
話し合ったからといって、その結論に賛同したと定義づけられても困るのである。

集団としてどうしても1つの選択肢をとらなければならない場合、決定をするためには「話し合い」はせざるを得ない。それは仕方がないと思うが、その集団の決定が個人の意思や価値観と等しいと解釈されても困るのである。

私が単に保護者だからという理由で自動的にPTAという団体に所属するのを辞退したい理由の1つもここにある。
さまざまな「自分にとっては意味(有意義さ)のわからない」活動を、私個人が賛同し支援し推進していると思われても困るからである。そういう意識が少しでもあるなら、そういう人間は団体の構成員としてはいない方がいいと思う。なぜなら300人の決定より301人の決定の方が、より正当性や説得力があるもののように社会では捉えられてしまいがちだからである。
本当は、皆の意思ではないのに、あたかも皆の意思であるかのように過大評価されてしまうと、とんでもない方向に突っ走ってしまう可能性もあると、私は考えている。
とくに、「PTAの意思=保護者の意思」と学校や行政側に簡易に捉えられるのだけは勘弁して欲しいと思う。

(そもそも話し合いすらまともに成立していない委任状総会で「これが保護者の総意である」と決定されるプロセスは、さらに問題なのであるが、とりあえずこの記事においてはそこを糾弾するのが目的ではないのでひとまず置いておく。)

「金も払う、手伝いもする、というなら入会したって同じでしょう!?」という方にはなかなかわかってはいただけない話だと思う。私もそこをひとりひとりになかなか説明して回ることは出来ないので、記事として書いてみた。

コメント

なるほど~

こんばんは。 話し合いかぁ。我が家は 私はこう思うけどあなたは
どう思う?という感じですね。 話し合いというか賛同できるかどうか
だけですね。賛同できないからといってそれはそれで 考え方の違いだね と 夫婦でもそれ以上相手を説得とかないなぁ・・・・・
私が PTAを退会する時の会話を思い出したww
退会の申し出をした時に 委員の方が真顔で 
「あなたは 自分の子供がかわいくないんですか?」と。
PTAは 保護者は入会資格があるだけの団体であって
入会、退会が 子供に対する愛情バロメーターという 極端な
発言に 驚いたことがありました。

また PTAに関する原理原則のお話をした時も 
どうしてそういう上から目線でお話するのですか? 
とも言われましたww
正しい事を 言うと 自分たちの無知を馬鹿にされてるように
取ってしまうんですね。

PTA以外では 働いている方々もいるでしょうし それなりの
キャリアをお持ちの方もいるとおもいますが なぜかPTA村だと
頑なな集団になってしまうのが 摩訶不思議です。





コメントせずにいられない。

>とくに、「PTAの意思=保護者の意思」と学校や行政側に簡易に捉えられるのだけは勘弁して欲しいと思う。

これ、私も思います。物語として、市議会議録や教育委員会議事録を時々読むんですが、そのように頻繁にでてきます。ぶきゃこさんが書いている意図とは違いますが、「PTAって、保護者だけでなく教職員も会員なのに」と思うんです。

単純に回答(^^ゞ

>奥様や恋人に「ちょっと話し合いましょ う」と言われたらどんな気がするか。

ドキッ! なっ何?! あのことかぁ?! このことかぁ?! それとも・・・ 思い当たる節が多くて、心臓が止まりそうになる・・・かも(^^ゞ

ドンキホーテさんへ

ドンキホーテさん、こんにちは!

ドンキホーテさんのご家庭は穏やかそうですね! 考え方の違いを自然に認め合うといいますか。すてきなご夫婦なんですね(*´∀`*)
でも議題が、一方の決定が一方の意思を侵害するような場合ですと、きっともうちょっとシビアになるかしら…ふふ。
普遍的なところで言うと「こづかい額問題」とか…「冷蔵庫の専有面積問題」(サブタイトル・お前のものでいっぱいで俺のが入らないじゃないか問題)とか…「トイレ後換気問題」(終わったらちゃんとスイッチ入れといてよ嫌だ面倒くさい問題)とか…わははっ。

ところでドンキホーテさんが退会される時に、そんなこと言われてたんですね!
かわいくないんですかって、は? …超、目が点…
原則の話すると上から目線っていうのもサッパリです。原則の話しちゃダメなの? つかあなたがたが到底理解していないように見えるからそういうことあらためて言われるんじゃないのかな?と思うんですけどねぇ。

まぁ一般的に(マイ一般ですが)PTAに熱心な方は、なぜだか非常に感じが悪いことがけっこうあります。もちろん全員ではないですが…特にものを尋ねたりするとビックリするほど不機嫌な態度をとられることがあります。子供のために何かすることを喜び、活動を楽しんでいる…ハズなのにおかしいなぁ。。。
でも、PTA関係ない場では、普通にリラックスしたお母さんだったりするのですよね。

ぽぽさんへ

ぽぽさん、やっぱりそうですよね! 「保護者のかたまり」として便利に定義づけられ利用されているような…(物語として読む、というのは新鮮です!)…だから勝手に会員が出たり入ったりされると、弱体化というか、保護者の団体じゃなくなっちゃうからダメ! という無言の圧力が「Pフォース」と私が呼んでいるモノです。
でも、そもそもが保護者の団体じゃねぇだろ!って本当に仰る通りです!
その昔(戦前?)保護者による学校支援団体というのがあったらしいのですが、それと同じようにしか考えられていないのではないでしょうか。
PTAって、教職員と保護者による、社会教育を行う団体なんでないの? と素朴な疑問です。カーテンの洗濯が社会教育なのかとか、そこらへんから掘り下げるとだいぶいろんな岩石にぶつかりそうですけどね。

湖岸のAさんへ

あはは〜! やっぱりちょっとギョッとしますよね!
知り合いの男性で、お子さんが生まれたばかりの方がいるんですが、「何万円もするベビーカーを買わされた」とか、「父親学級に行かされた」とかって、言うんですよ。
「むりやり?」と聞くと、「いやまあ、話し合ってそうなったんだけど…」と苦笑いする。
話し合ったところで、やっぱり不満足感?やらされ感?が解決するわけじゃないみたいですね!
話し合いはほどほどがよろしいですかね〜。湖岸のAさんの精神衛生のためにも( ´艸`)ププ

ぞぉ~っとします

はじめまして。「まるおの雑記帳」からやって参りました。
皆様のご意見に勇気をいただき、この春から中学校のPTA非会員になった者です。
「ちょっと話合いましょう…。」小心者の私には、ぞっとする言葉です。

当時、中学校とPTA会長に、非会員の申し出の手紙を出したところ、自宅に副会長から電話があり、
「電話じゃお話にならないので、(なんとしてでも)会って話し合いしましょう。」
と言われた経緯がありました。
結局は、教頭先生に電話で了解を得ましたが…。
なぜ、非会員になるために話し合いをしなくてはいけないのでしょうか???

ところで、ぶきゃこさんに2点質問です。
・お子様が4人いらっしゃって非会員ですが、学校行事は問題なく参加できていますか?
・PTA活動と、子供の内申点は関係無いのでしょうか?(←これはご存知でしたら教えてください。)

私は、他のお母さん方の目が気になって、登校拒否になりました…。

たぁさん、はじめまして! ようこそいらっしゃいました。
駄記事ばかりですがよかったらゆっくりなさってください(´▽`)

>なぜ、非会員になるために話し合いをしなくてはいけないのでしょうか???
私も、すごくフシギです!
こちらの用件はシンプルなのに…
どう考えても、「話し合い」ではなくて、「やめないように説得」でしょうね。
「話し合い」に応じたら、ひょっとして向こうは複数でやってきたりして…? ギャー、ヤダー!

はい、質問にお答えします!
・学校行事は問題なく参加できていますか?
 全然問題ないですよ。学校行事というと、運動会とか遠足とか保護者会とか授業参観のことですよね?
 ああそうだ、創立祭というのもあって、こちらももちろん問題はなかったのですが、PTAから配る菓子代の請求というのはありました。
 まぁ払ったんで菓子は配られましたが、もし私が払わなかったらどうするつもりだったんだろうという疑惑はありますねー。
 しかし、親に代金請求しておいて、菓子には「PTAより」って熨斗をつけるってのもスゴイなとは思っておりますが。

・PTA活動と、子供の内申点は関係無いのでしょうか?
 もちろん関係ないはずですが、関係あった・関係なかったというのを立証できませんからねー。これは闇の中じゃないでしょうか? 内申なんてもともと主観が多大にはいるわけですから…。
 子どもの内申が悪くなるかもしれないから変だと思うことも我慢する、というチョイスは私の中ではないですね。
 そのせいで子供が入試に落ちたりしても、「いや〜私の子どもで残念だったなワハハ。実力でがんばれ」と言うだけです。

登校拒否になられたお話は胸が痛みます。私は友達に恵まれているのか、ひそひそされたりとかいう目に遭ったことがないので、ストレスは感じていませんが、現状のPTAでは、非会員という選択が合う人と合わない人がいるかもしれません。PTA自体の状況によっても変わりますよね。子供もからんでいますから簡単には行かないかも…なにごとも試行錯誤ですから、たぁさんに負担のかからない立ち位置の取り方がみつけられるといいですね!

横から失礼します

たぁさん、ぶきゃこさん、こんにちは!
ついついしゃしゃり出てきてしましました。(^^;

>・学校行事は問題なく参加できていますか?
うちもコレで「話し合い」しちゃいました。

うちの学校は7月上旬にPTA主催のお祭りがあるんですが、生徒たちもバンド演奏とか吹奏楽部の発表とかをやります。うちの子がこのステージの司会を買って出たんです。

当日は問題なく終わって、後日別件で校長副校長とPTA会長に会う機会があったのでちょっとお礼を言ったら、「外部からの参加もあったし、問題ないですよ」と。
たしかに、卒業生バンドも出演していたし、近隣の小学校にもお手紙を配って児童たちをお客さんとして招いたりするイベントですから、外部参加OKなのはその通りなんですけど。なんかひっかかるものを感じたので、「この学校に在籍する生徒なんだから、仮に外部参加NGだったとしてもうちの子は参加資格がありますよね?」と念を押しましたら、そこまで突き詰めて考えてはいなかったらしくて、「そうですよね」とあっさりした答えで拍子抜けしました。

その時に、卒業記念品のことも聞いてみました。(ていうか、これを聞くために3人にお時間いただきました)
うちは今年卒業学年で、卒業式に生徒がつけるコサージュと紅白まんじゅうで1人あたり1000円をPTA会費から出すことになってます。
少し前にクラスの役員さんからその実費だけ出してね、と言われたところだったので、抗議しましたよ。こちらもあっさりと了承していただけました。

ぶきゃこさんやたぁさんのところのように、すんなり行かないところも少なくないようで、うちはまだマシなほうなんだな、とつくづく思います。
うちの場合は保護者も学校側も、単にPTAがどんな本質の団体なのかということに無自覚なだけ、惰性でやってるだけなのかな、という感じです。
それだけに、入退会自由についても考えたこともないみたいだし、「メンドクサイから変えたくない」のかも、と思ってしまいます。

ありがとうございます☆

ぶきゃこさん、早速のお返事ありがとうございます!
イツカキットさん、体験談お聞かせくださって、ありがとうございます!

ありがたいことに、子供は学校が大好きで、通知表にも悪いことが書かれていなかったので、(おそらく)うまくいっているようです。

>子どもの内申が悪くなるかもしれないから変だと思うことも我慢する、というチョイスは私の中ではないですね。

そうですね。子どもの将来を考え過ぎてました。

問題は、私のほうで…学校始って以来の「PTA非会員」なものですから…信念を持って一大決心をし、非会員表明したものの、負い目を感じてしまいます。
ママ友は、普段は良い方が多く話も合うのですが、「PTA」となると。意見がまったくかみあわず…。ママ友不信です。

PTAのバックにある「大きな組織」が無くなって、「サークル方式」になれば、入会も非入会もストレスが無くなる気がします。

>たぁさんに負担のかからない立ち位置の取り方がみつけられるといいですね!

ありがとうございます。本当に、見つけたいです。
これからも、ぶきゃこさんはじめ、PTA非会員でも生き生きとされていらっしゃる大勢の方々を見習って、私らしいPTA非会員を目指していきたいと思います。

本当にありがとうございました。これからも、ブログ、楽しみにしてます☆

イツカキットさん、フムフム〜、外部からの参加もOKと。えっ、外部?
PTA会員とその子供の催しだったのか、知らなんだ…

卒業記念品の実費だけ出してね、ですか?
うーん、お金が足りなくて保護者あてにカンパをお願いする、という意味ならわからなくもないですが、そういう文脈・言い方ではないですよね?
http://bkk858.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
にも書きましたが、やはり、根本的に何か誤解をしているのではないかと思われます…^^;

しかし、校長副校長PTA会長さんは、それぞれお話のわかる方のようですね。
惰性の活動(笑)なだけに、Noを言う人に対しては「あ、そ」とあっさりしているのでしょうか。
それ自体はいいですけれど、それだとただ単にイツカキットさんがクレーマーみたいですよね。
「そうか、任意性をきちんと全員に説明しないとね」と自覚してくれないと、いつまでたっても末端では「イツカキットさん、記念品代払わなかったらしいわよ!」「しんじられなぁい、私たちはちゃんと会費はらってるのに」などとなりかねないのでは…と心配です。
「親は全員自動的にPTA会員」と勝手なことを吹聴し続けてることはいつ反省するのだ。

たぁさん、ママたちってPTAの愚痴は言いながらも、やはり、やめるとかいうことには抵抗のある人が多いでしょうね。私はやめたことを非難されたことはないですし、GJ!と言う友達もいるのですが、だからといって「えっやめられるの?私もやめよー!」という友達はほとんどいません。1人くらいかな、そんなこと言うのは…
まあ、それぞれのかかわり方があるってことじゃないでしょうか。熱心な方もそれはそれで良いことだと思いますし(変な菌をまきちらさなければ…)。

サークル方式いいですね! うちのPTAにも実は1つだけ同好会ぽいものがあるのですよ。もちろん推薦したり電話攻撃したりやる人がいないからと強制くじ引きしたり、そんなことしません。良い活動をしてもらってるし、「有志」ってありがたいものだなと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。