2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H24.8.20 ぶきゃこから郊外市へ

苦情申立書

郊外市オンブズマン御中

苦情申立人 ぶきゃこ

郊外市オンブズマン条例第9条の規定により、次の通り苦情の申し立てをします。

苦情の原因となった事実のあった日 平成24年8月6日
苦情申立の趣旨  別紙の通り
苦情申立の理由  別紙の通り 

(別紙)

コメント

残暑お見舞い申し上げます。
添付別紙・・・ざーっと拝読?拝見?いたしました(^^;

まずもって、長文作成のご尽力に頭が下がりますm(__)m
この文書作成がお仕事でないでしょうし、収入になるどころか、
思い出したくないことを思い出さないといけないでしょうし、
不満足な回答を読み返して再び怒りがこみ上げてきたり、
根拠のない請求や校長の不誠実な対応を受けた時の心の痛みが
再び湧いてきたり、、、そんなこんなあれやこれやと
ストレスが溜まるのではないでしょうか。

私は文書にしたい内容がありながら、そんなストレスに負け
いまだに文書作成ができていないことがあるのですが、
ぶきゃこさんは(出来映えや満足度合いは別にして)
一定程度完成域にまで文書作成を終えられたのですから
尊敬の眼差しです(*_*)

あれらの文書がオンブズの方々の心を1mmでも大きく動かすように
祈念しております。

PS:私が行政宛の文書を作成する時に、
貴文書を参考にさせていただきたく存じます。
著作権料等お支払できませんが(^^;
お許しくださいm(__)m

湖岸のAさん、こんにちは!
んまあ、アップロードはしたものの、本当にご覧になってくださる方がいらっしゃるとは…
自分で読んでもくどすぎて疲れちゃうんですよね〜わはは。
たかが苦情に、なんでこんなに論拠がちがちにせないかんのよと思いますが、
なんにしろフツーに話しかけてもまったく話の通じない人たちばかり相手にしてるうちにこうなっちゃいまして…
たとえば湖岸のAさん相手だったら、「申込書もないなんておかしいですよね?」「ああそりゃおかしいですね」で10秒くらいで終わる話が、「PTAとは学校に通う児童・生徒が,安全で楽しくウンタラカンタラ…」からはじまって、とにかくケムに巻こう誰かになすりつけようと必死で絶対に答えるもんかみたいなワケわかんない反応しかしませんから。

文章作るのは確かに疲れますし1円にもならないし、まあ限りなく「ムダ」に近いわけですが、私は殴られたら殴り返すのをマイルールとしてますので、殴り返す前からその効果を推し量って損得勘定はしません。計算してみて損だったら殴り返さない、という選択肢がないんです。どうせ転びっぱなしの人生ですんで損をすることは怖くないですが、自分にそむくことはストレスがたまります。

人によってなにがストレスかは違って当然ですから、多数派には逆らわずとにかく自分の番だけやりすごす、という生き方もアリだと思いますし、湖岸のAさんのように「思い出して細部まで文章にまとめるなんて大きなストレス」という感じ方も大いに理解できるところです。
結局のところ、なにかを選択し、なにかを捨てなきゃならないんでしょうね…。

もし少しでも湖岸のAさんの参考になってお役に立てたら、私にとってはそれが何よりの著作権料です! これからも呆れつつ見守っていただけたら光栄です〜。

画期的な異議申し立て

お疲れ様です。
いやあ、超力作ですね。
多くの人がこれまで感じてきたもやもやが、リアルかつ理路整然と提示されていると感じました。

ぶきゃこさんも注目されている「文科省の見解」ですが、校長先生や教委には伝わっていなかったのでしょうか?
(たとえそうだとしても、これまで、同一趣旨の通知・通達・事務連絡が出ていますよね。つまり、今回の見解は文科省(文部省)の戦後一貫した見解と言えそうです。)

あるいは、知っていて無視をしたのでしょうか?

任意加入が周知されてきたのに、「これまで通り自動加入で問題ない」との立場を校長と教委が鮮明にしたことには驚いたというか暗澹たる気持ちになったというか・・・。

今回の異議申し立てには、「時代」を動かすパワーを感じております。

まるおさん、いらっしゃいませ〜。
ねぎらいのお言葉ありがとうございます!
文科省の見解は、「任意加入」という点については教委も校長もわかっていると思います。しかし、任意加入の意味を、「どうしてもイヤだという変わり者がいれば、強制は出来ない」くらいに捉えているというのが実感です。
だから、「任意加入だけど、別に自動加入でもいいでしょ?」ということを堂々と言うわけですね。こうなるともう言ったもん勝ちというか、日本語には論理性などなくても成立しちゃうというか。論理が何が法律が何だという方たちがいっぱいいらっしゃいますからね…

ただ、「学校およびPTAが説明責任を果たすべき」という明言は、私は初めて見たような気がしていますが…過去にもありましたっけ。
しかもこの明言を引き出すために、何度もやりとりをし、督促をし、問いを変え…と、なぜにこのように苦労をして一民間人が質問を重ねないと、これを言わないのか? 本来は各地でのPTA活動が「異常化」しないために、積極的に広報しなきゃいけないものではないの? と疑問に思います。なにしろシロート運営なんですから。

私は、文科省にも、教委にも、「故意」を感じます。
校長は、ただ無知なだけという可能性もありますが、だから許される話ではないです。

PTAは毎年、どうでもいいセミナー類をやって出席者が少ないため動員をやっていますが、本来は「PTAとは何か、どういう性質の団体か」などの基本的な研修を毎年(教員も含めた)新入会員にすべきなのですよね。

文科省による「自動加入」の否定

お返事、ありがとうございます。
>任意加入の意味を、「どうしてもイヤだという変わり者がいれば、強制は出来ない」くらいに捉えているというのが実感です。

この「読み換え」は、神奈川県教委も弁護士に相談のうえ、やってくれています(‘;’)。
http://ameblo.jp/maruo-jp/entry-10757748165.html

おっしゃる通り、今回、ぶきゃこさんが文科省に食い下がって食い下がって、やっと出てきた見解は、そのような不誠実かつ不法な「読み換え」にストップをかけるものとして非常に非常に貴重だと思います。

「各校のPTAの組織や入退会,会費の納入方法や使途については各PTAにおいて決められるべきものであり,文部科学省としては,これらの事項についてはPTA総会や入学説明会等において,学校およびPTAが十分な説明責任を果たすべきものと考えます。」
(文科省2012.8.9回答)

PTAだけではなく、【学校も】、PTAについての「十分な説明責任を果たすべき」と言明されていますね! これは、文科省が「自動加入」を不適切なものとしたと解釈して差し支えないと考えます。
(ところで、この回答が出た後も校長・教委は「自動加入で構わない」との態度を変えていないのでしょうか?)


おっしゃるところの「故意」、「Pフォース」とは、「人権と法による統治」には踏み切れず、従前からある「絆による統治」へのこだわり(あるいは、郷愁)から来ているものなのかな?と愚考しています。

なるほど…
まるおさんの記事はひととおり目を通したつもりでしたが、すっかり忘れていました。。
神奈川県教委とのこのようなやりとりがあったのですね。お疲れ様でした。
しかしながら、都教委の“自動返信”メール↓
http://bkk858.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
とのこの格差は何なんでしょう…
神奈川県教委のトンデモ回答であっても、回答してるだけまだましに思えてくるのが怖いです、ふふ。もちろん、まるおさんのステイタスが大きいでしょうが。

ところで弁護士という人種なんですが、法律の専門家ではありましょうが、クライアントの道具として動くのが職業ですものねぇ…
私が申し立てた「オンブズマン」も、弁護士も含まれていますし、「公正中立を守る」とうたってはいるもののクライアントは自治体ですから、どうなんだかなー、です。

おっしゃる通り、「説明責任を果たすべき」の主語に「学校」が入ったのは大きいと思います。
PTAにいくら文科省が「べき」を唱えたところで任意団体ですから無視されれば終わり。
しかし、学校となれば話は違います。

この文科省回答は、市教委も校長も知らないです。市教委が、校長の言動について検討したりなど動くつもりがあるなら、市教委と私の話し合いの中で参考として開示していくつもりでしたが、「我々の考えは校長の考えと同じである。」としか返さない市教委にこれ以上何か言っても仕方ないかなと思いました。そもそも「校長の言動がおかしいと保護者から訴えがあれば対応するのは市教委だって言ってますよ」という文科省の回答を知らせても、「PTAが関係ある話は回答しません。校長が何か言ってるならそれは良識だから問題ありません」の繰り返しですので、この時点でもう「文科省なにさま?」な状態ですしね。
よって、その材料(文科省回答)は苦情に使うことにしました。

>「人権と法による統治」には踏み切れず、従前からある「絆による統治」へのこだわり(あるいは、郷愁)から来ているものなのかな?と愚考しています。

おぉ〜、すばらしいピンポイント指摘です! それです、それそれ!
郷愁には笑いましたが、まさしく「郷愁」としか言えないものですよ、ホント。
その郷愁は、「人々を企図通りに動かせたらいろいろ便利だよなあ」という幼稚な願望と無関係ではなかったりするのではないか、とも感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。