2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会教育法12条ってどうしてあるの?②

「社会教育関係団体」などと漢字を8個も並べて頭良さげに言ってみても、たいそうな組織なわけではない。
手近な「○×市社会教育関係団体一覧」を見てみると、1,000以上の数の団体があり、中には「中町カラオケ同好会」なんてものもある。
「不当な支配・統制をしない」のは、むしろ当たり前なんじゃないかと思うゆえんである。

たとえば、「三多摩小親子教職員ヨガの会」という社会教育関係団体があったとして、親子でヨガをするのは心身の健康を高めるから望ましい活動だとされ、学校内で団体会員の先生がチラシを配り、毎週土曜日に小学校の体育館を使用させる決定が市でなされたとする。
そのヨガの会が、下記のような行為に及んだらどうか。
①体育館を使用後、電気も消さずヨガマットもちらかしっぱなしにして帰る。
②ヨガの会のメンバーが、ヨガウェア姿の学校児童の写真を本人の許可なくインターネットに掲載する。
③入学説明会で団体会員の教師が口座振替依頼書を配り、会長が出てきて「皆さんもヨガの会の会員になりました。配られた用紙に口座を記入して提出してください」と言う。

①と②は論外だが、③も、学校長または市は「そのような行為をしないように」と注意をするのではないだろうか?
そこで「いや〜、12条があるから、あんなことされても指導は無理なんですよねぇ」という話が出るのであろうか?

ではなぜ、PTAだけは12条で温かく真綿でくるまれているのであるか?
それは、PTAの存在が国や自治体にとって「都合がいい」からなのではないか?

本来、誰が見ても指導して是正させるべきことを、利害関係があるからあえて指導や是正を避ける判断をする、これこそ「不当な統制・支配」ではないだろうか? 実際に苦情が出ても、団体の行いを正させることをせず「条文あるから無理なんですよね」と言い訳をして、他の団体にはする是正指導を利害関係のある特定の団体にだけはしない。不当のままでも補助金を与え、なにがなんでも生き延びさせる。これこそ「不当な統制・支配」、「事業への干渉」ではないのだろうか?

PTAだけが学校に紛れ込んできて全員自動加入をうそぶいても認められる法的根拠があるのだったら、誰か教えて欲しいものである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。