2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H24.6.30 ぶきゃこから文部科学省へメール

文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課 御中

ご回答いただきありがとうございました。
が、私は質問を10項目に分けておこなっております。
PTAの意義は問うておりませんし、各項目についての明確な回答がいただけないことに不満を感じております。
国民の照会に明確に答えていただくのは、国の行政機関としての責務ではないのでしょうか?
各項目別の回答を望みます。

かろうじて<質問9><質問10>にたいする答えが

>また、学校はその責任において行うべき教育活動とPTAの活動を混合しないよう
>十分注意する必要があり、今回ご指摘いただきました校長に対するご意見について
>は、その学校を管理する教育委員会が適切に対応すべきものと考えます。


であるのかなとの解釈も可能ですが、私はすでに所轄教育委員会に願い出ても彼らが対応しようとせず(またはできないと言っており)困惑しているという旨、お伝えしております。
文部科学省様が「すべき」と考える「適切な対応」を教育委員会がしないという事実をすでに私は告げているのですが、事実確認の上、教育委員会に対して指導を行い適切な対応をさせる責任部署は、どこになりますか? それこそまさに文部科学省様ではないのでしょうか。

>この度は、回答が遅れてしまい、大変申し訳ございませんでした。
>今後とも文部科学行政へのご理解をよろしくお願いいたします。


理解というのは理解されるような仕事ぶりを見せて初めて、国民から信頼され、国民が喜んで従い、国民がその行政を理解支援するようになるものと思います。
私の意向に迎合した答えを返せと言うことではありません。
少なくともまともに答える、対応するという姿勢を真摯に見せるのが理解される最低ラインというものではないのでしょうか。
メールCCに入っておられるO様は先日「絆と防災」インタビューで学校と地域の連携を訴えられた方ではありませんか? そうでしたらなおのこと真剣に取り組んでいただくことを望みます。
私も学校と地域の連携は子どものために必要なことだと考えております。
しかし、現在のようにPTAを学校の一部と錯覚させ強制的に入会させ、学校や上部組織から割り当てられた役割を保護者同士の圧力で無理やり奉仕させるやり方では、文部科学省様の唱えられる「自主的な組織」とはほど遠い現状しかありません。「自主的な組織」「加入は任意」「入退会は各人の自由」であることすら必死にひた隠し極力説明を避けているのが全国の単位PTAの多数派ではないですか? 私は長年保護者としてPTAにかかわった上でそのように判断し退会しました。
加入任意の自主的団体にもかかわらず、単に脱退するというだけで、これだけのトラブルが発生するのです。
これは、学校と保護者(地域)の絆を強固にする上で大きな障害となりませんか? O様の訴えられる絆とは、人を錯覚させて意向の確認もせずに何かの団体に入らせ、無理やり縛りつけることですか?
「そうではない」とおっしゃるのであれば、もう少し真摯に対応していただきたい。

●再度、10の質問に各々ご回答をいただくことをお願い致します。
●また、質問9と10については、教育委員会が適切な対応をすべきとの意味が概略であると理解しましたので、該当する機関に対する調査・指導をお願い致します。

ご回答に2日以上を要する場合は、ご回答期日をお知らせ頂けますと大変助かります。
お忙しい中申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い致します。

                    ぶきゃこ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkk858.blog.fc2.com/tb.php/43-2abadfea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。