2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンケート③

項目②落ち葉掃き

現状で良い330 問題がある20

「現状で良い」の数字が乱暴であることはもう繰り返さない。この落ち葉掃きというものを説明すると、秋から冬にかけて学校の植樹の葉が大量に落ちるため、保護者全員で当番表を組んで毎日落ち葉を掃き集めるというものである。

ここで疑問が湧く。
三多摩小学校は市立であるから、植樹をしたのは市であろう。樹木の種類選定の際に、毎年大量に落ち葉が発生するであろう事は想定できたはずだ。その除去に掛かる費用はなぜ管理費として予算が組まれていないのだろうか?

最初から、PTAを通じて保護者にやらせるつもりだったのだろうか?
もし保護者が誰もやらない場合、どうするのだろうか?
そもそもPTAは任意団体であるから、会員が保護者の半数しかいないことだってあり得る。
そもそもPTAが「今年は落ち葉掃きはやらない」という決議をしたらどうするつもりだったのだろうか?
PTAの活動には社会教育法で学校が口出しできないことになっている。市や学校が心の中で「お願いお願いPTAで絶対にお願い」と思っていることがあっても、その活動を指示命令することはできない。
税金には予算というものがあり、「えっ誰も来ないの?しゃーないなー。公費で除去してもらうか」などとその場限りのテキトーな支出はできないはずである。
将来的に一体どういう管理をしていく心積もりで、市は植樹をしたのであるか?

PTAをアテにして植樹することはできない以上、少なくとも初年度は落ち葉管理の予算が組まれていなければおかしいが、その仕事をPTAがやってしまった場合、浮いた予算はどうなったのか? 支出実績がないため、翌年から削減されてしまったのではないか?

PTAが、本来市の仕事である落ち葉掃きを奪って「私たちがやります!」と言い、それを保護者に命令しやらせることで、子供たちのためになっているのだろうか?
私はNoだと思う。市の予算削減のためにはなっているかもしれないが、子供たちのためにはなっていない。
なぜなら、子供の活動に支障をきたすほど落ち葉が積もって腐敗するにまかせたら、それは学校か市の責任になるから、遅かれ早かれ彼らの責任において落ち葉は除去されるのである。
むしろ、「なんだ、やらないんならむしろ早くそういってくれれば、予算も組めたのに…」というのが彼らの本音になるのかもしれない。

ま、それはそれとしてアンケートにもどると、「指摘された問題点」として、1件が挙げられている。

・日によって落ち葉のある日とない日がある。

だーーーっはっはっはっ! わぁ〜はははっ!
腹が痛い…
あたりまえだっ!
落ち葉だよ? 相手は落ち葉!
「ある日とない日がある」ってアンタ…落ち葉相手に…

このクレーム?というか問題点指摘?の真意はいったいなにかというと
「作業量が公平でない」
ということが言いたいのであろう。

んなもん当たり前じゃねぇかと私なんかは思うのであるが、
PTA活動というものは「公平な負担」でなければ不満が出るものらしい。
もはや、ボランティアはどっかいっちゃって、徴兵みたいなもんである。
義務視していなければ、「公平な負担」などという発想はそもそも出ない。

落ち葉に「毎日均等に落ちろ!」と言ってもねぇ…
私なら、このようなクレームをつけられたらもはやお手上げである。
自分がボランティア団体主宰者なら、「すいません、どうしたらいいかわかりません。できるだけでかまわないのでそこをなんとか…」とか適当に答えて謝るしかなさそうだが…
PTAは、この難問をどう受けて立つのであろうか?

そこはさすがである。回答が非常にふるっている。

「保護者全員ではなく、環境整備の一環として、お手伝いの項目としました。」

この絶妙なズレ具合。
全員ではなく、手伝いの項目として組み入れ、他の活動か落ち葉掃きかを選択できるようにしたということなのであるが…。
それは、わかった。
落ち葉掃きは出来ない人もいるから、それは、いいことだと私も思う。
しかし、落ち葉のある日とない日がある、という問題は全く解決されていないような気がするのは私だけか?

うぅむ、解決の妙案があったらぜひ聞いてみたいものだ。
落ち葉問題…

コメント

お疲れさまです。

はじめまして。

「日によって落ち葉のある日とない日がある」
→「落ち葉はきの頻度を少なくしてもよいと思う」
→「保護者の負担を軽減してっ!」
を遠まわしに意見されたように感じました。

ぴーなっつさん、はじめまして!

なるほど、頻度の問題と、負担軽減という観点ですね。
たしかに、頻度を少なくすれば、落ち葉量の格差は縮まるかもしれませんね。
あと負担軽減は、延べ落ち葉量では変わらないかもしれないけど、全員活動からお手伝い=担当制化すれば、「行かなければならない人が減る」という意味では、負担を軽減しているとも言えますね。

どうも私は婉曲話法が苦手なようです。
新しい視点を教えていただき、どうもありがとうございました。

シルバーさんにお願いしてもいいかも

ぶきゃこさん、こんにちは。

興味深いお話ですね。
以前某所の議会の傍聴に行った時に
関連するかな、と思うような話を聴くことが出来ました。

「最近、シルバー人材センターに登録される方がいっぱいいらっしゃいますが、仕事の依頼が少なくて困っている。せっかくの就労意欲をなんとかしたい」
ということを発言されている議員さんがいらっしゃいました。
「若者の就労支援も大事だが、まだまだ健康で働きたいという高齢者もいらっしゃる。なんとかできないか」
という内容でした。

私、それを聞いていて思いました。

PTAの役員になって大変な思いをしてボランティアとしてやっている(大変な思いで不満いっぱいの時点ではたして『ボランティア』と呼んでいいのか、とも思いますが)ものをシルバー人材センターの方にお願いしたらいいのではないか、と。

PTAについて意見し合っているどこかの掲示板でも、何かの活動を
「シルバーさんにお願いすることになった」
と発言されていた方がいらっしゃいました。

落ち葉掃きも、きっと、どなたかの素朴な【何かやりたい】という気持ちから
やり始めたものではないかと思います。
やり始めたメンバーの中にも、当初から
『ええ〜ん、忙しいのに、こんなこと行政のやることなのではないのかしら?』
と思いながらも皆に合わせないと気まずくなるからやっている、という方もいらしたかも、と思います。

匿名でも、自治体もしくは学校に意見書を出してみるとひょっとすると保護者もやりたいひとだけでやることになるか、シルバーさんにお願いすることになるとか、変化があるかもしれないな、と思いました。
長文すみません。

柳下さん、おはようございます!

シルバーさんというのはすごくあり得る考え方ですね。
シルバー人材センターというのは当地域にもあり、実際、校門警備はすでに市がシルバーさんにお願いしています。
雇用がなくて社会全体が困っている中、行政の仕事を保護者の無料奉仕に押しつけて済まそうとする姿勢もおかしなことだと思います。
樹木管理が学校施設を維持するために必要なことなのであれば、堂々と税金で人を雇用したらよろしいし、その人材をシルバーさんに求めれば教育上もメリットがありますよね。

意見を出す、という形はすでにいちおうやってはみたんですがね…
PTAの常套手段「無視無回答」
学校の常套文句「PTA活動のことは、保護者同士で話し合っていただいて」
これ以上は進まなかったです。

こっから先は個人の価値観になりますが、私は秋の落ち葉は、ある程度つもっていて、ひっくり返すと何か虫が見つけられるくらいのほうが、子どもが育つ環境としてはいいように思うのですよね。
子どもに落ち葉掃き当番をあたえて、掃除をするという名目でそんな発見をするのもいいんじゃないかと。
まぁ、これは私だけの感覚なので、特にどなたにも賛同を求める話ではありませんが…

コメントありがとうございました。

落ち葉はある程度積もらせる、に賛成

 >雇用がなくて社会全体が困っている中、行政の仕事を保護者の無料奉仕に押しつけて済まそうとする姿勢もおかしなことだと思います。
樹木管理が学校施設を維持するために必要なことなのであれば、堂々と税金で人を雇用したらよろしいし、その人材をシルバーさんに求めれば教育上もメリットがありますよね。

私もそう思います。どうしても誰かがやった方がいいことであれば。堂々と税金を使っていただきたいですね。

 >意見を出す、という形はすでにいちおうやってはみたんですがね…
PTAの常套手段「無視無回答」
学校の常套文句「PTA活動のことは、保護者同士で話し合っていただいて」
これ以上は進まなかったです。

こうなってしまうんですよね。
よって最近、私は役所に意見を出すようにしております。


 >私は秋の落ち葉は、ある程度つもっていて、ひっくり返すと何か虫が見つけられるくらいのほうが、子どもが育つ環境としてはいいように思うのですよね。
子どもに落ち葉掃き当番をあたえて、掃除をするという名目でそんな発見をするのもいいんじゃないかと。

確かに、そういった発見もいいですよね。『乾いた落ち葉』と『湿っている落ち葉』の上を歩くときの感覚の違いを知る、というのもよさそうです。
私の地域では、学校の落ち葉を掃く、ということは保護者はやっていないですね。
(役員をやっている時に数人でその場の思いつきで校門前だけやったことはあります。)


 >まぁ、これは私だけの感覚なので、特にどなたにも賛同を求める話ではありませんが…

もう十年くらい前ですが、役所の発行している広報誌にあった住民からの寄せられた意見の中に
「道路脇の落ち葉を掃かないでください。落ち葉の中や下で生きている生物が死んでしまいます。」
というのがありました。
それに対しての役所の答えは
「貴重なご意見をありがとうございます。しかしながら、道路に散乱した落ち葉がありますと、その上を走った車がスリップを起こすなど、危険な場合があります。ご理解ください」
といった回答だったと記憶しております。私も
ぶきゃこさんと同じで、学校内であれば、あまりきっちりと落ち葉を掃くことはしなくてもいいような気がしますので(おそらく虫やトカゲ、カエルをよく見て育ったせいかもしれないのですが)、学校の敷地内で、落ち葉があっても危険なことが無い場所ならそのままでいいのではないか、と思います。子どもにやってもらうのはいいと思います。いろいろな発見がありそうですね。

柳下さん、温かさの感じられるコメントどうもありがとうございます。

私もPTAとの関係で困っていることは、役所と交渉するようにしているのですが、ぬかくぎ的なところもあり私も時間がなかなかとれないので乗り込んでまで話をすることもできず…メールのやりとりだけなのであまり進みませんね。牛歩です。

あまり他の保護者さんと論争などしたくないのですよね。
皆さんは皆さんでよかれと思って一生懸命やってらっしゃると思いますし。
ただ、素人集団なのに変な勘違い意識や権力を持ちがちだからこそ、国でちゃんとした監督部署や法律を整備して欲しいというのが私の願いです。

経過を記事に書いていきたいとは思っているのですが…書きたいことがたまってく一方です。
時間を上手につくれるようになりたいなー。

返信遅くなりましてすみませんでした。

おなかが痛い

落ち葉――問題提起(になっとらんがな!)と、それへのずれた回答と、冴えわたるぶきゃこさんの突っ込みに、大笑いさせてもらいました(*^。^*)!

柳下さんのコメントには、わたしも暖かいものをいただきました。

>国でちゃんとした監督部署や法律を整備して欲しい

これ、いっそのことそうすると、今噴出している問題は片付くのに!と思うのですが…2年半前に電話した文科省担当者によると、PTA法を制定するとしたら、議員立法となるそうです。
PTAは民主主義の学校、でもあるのですね。
最近、日本人は欲望に甘いお国柄かなあ、と思いました。『ニッポン女子力』を読んで思ったのですが。

こちらへの書き込みで失礼いたします。

オープンBBSへログインできない状態が続いていまして、お返事差し上げる手立てがなく こちらにやって参りました。

私共はPTA会費は、支払わず 今のところ問題なく過ごしておりますこと、お伝えします。
(ご存知でいらっしゃるかもしれないですが、…)
では、失礼いたします。 (*^o^*)

猫紫紺さん、いらっしゃいませ〜
欲望に甘いお国柄! いつも私が感じていることをズバリ言い当ててくださってありがとうございます!本当そのとおりです。
あと、他人と自分の境界線が引けないというか…他人のパーソナリティを尊重する習慣が(たぶん生来)身についていないというか−−ちょっと簡単には表現できなくて、いつか記事にしたいと思っていることなのですが−−
「そんなのその人の問題でしょ」では片付けられない、おっしゃるとおり「国柄」として感じるものが日々ありますねー。

コメントありがとうございました。

理子さん、ようこそー!
おや? BBSが使えないとな…大丈夫ですか?
まかせてください! 私が解決法を教えて差し上げます!
これで一発で治ります!

「とまてさんに聞く」

カンタンでしょ?
ぷぷっ、それはともかく…
理子さんはお支払いされていないのですね。それで何もいちゃもんをつけてこないとは、理子さんのところのPTAはうちのそれよりレベルが高いと見えますね。
私も、実費支払いに応じたことを少し後悔しています。とにかくめんどくさい…
会費分寄付して、実費請求にはいっさい応じません、とすればよかったです。やれやれ。

いらしていただいてありがとうございました。

他人と自分の境界線

>他人と自分の境界線が引けないというか…他人のパーソナリティを尊重する習慣が(たぶん生来)身についていないというか−−ちょっと簡単には表現できなくて、いつか記事にしたいと思っていることなのですが−−

おっしゃりたいこと、すごくわかります!
昨日もそんなことを考えていました。主人に話したら、たとえが悪くて一蹴されてしまいましたが(苦笑)わたし、主人の両親と同居しているので、よけいそれを強く感じるんですね。主人の両親、70代後半です。情が深く、あたたかく面倒をみてくれるので、居心地がいいところがある反面、「放っておいて!」と思う面もあり。お互いにいごこちのいい距離感の模索には、同居開始から2年以上かかりました。
逆に、我が子を通じて接するお母さま方の中には、「ずいぶんさっぱりしているなあ」、つまり、自分と他人の境界線がはっきりしており、お互いの境界線同士に距離がある人もいらっしゃいます。

ご指摘の、パーソナリティの確立については、まるおさんのブログの過去記事、日本語シリーズ(カテゴリがいくつかあります)が、非常に興味深いです。

こんにちは!

とまてさんに随分前にお聞きしたのですが、未だにだめなんです(;_;)
記事は読めても、ログインしてのコメントが出来ない状態…
まぁ、当面はオープンBBSにコメントする用はないんですがね…

私は、脱会するときに、「非会員は会費は支払わなくてよいこと、文科省に確認をとった」ことを書類に盛り込んだので、会費に当たる費用は請求されなく過ごせています。

会長は、 くじで当たった方なので 判断もできないみたいですよ。
私は、会長に会ったことも話したこともなくて 名前しか知らないんです。

脱会の際にこちらの電話番号を役員さんから会長に伝えてもらったのですが、電話はかかってきませんでしたもん。

ぶきゃこさん、早く問題が落ち着くといいですね。

私は、会費を払わない代わりに 一切のPTAの催事には参加しないと決めています。
卒業記念品もPTAからのものは、要らないと思っています。

当校PTAは、ボランティア活動ではなくなっているので、気持ちの面でやはり 会費の件は気になるところなので。

でも、ぶきゃこさんのところのPTAは、お金で嫌がらせしていますね!
どこか公共機関に相談できないかしら?

猫紫紺さん、同居ですか! どっひぇ〜〜〜
い、いや、どっひぇは失礼ですね…
私自身が、同居に向かない体質なもので、つい。。。
実母が出産の手伝いに来てしばらく泊まっていった時でさえ、ストレス感じてました。
もちろん、夫の母の「手伝いに行こうか」の申し出は全力で辞退!

子供たちにも祖父母・親戚との交流は必要だと思ってはいるので、本当はもうちょっと柔軟になったほうがいいのですけどねー。

理子さん、優しいお言葉有り難うございます!

卒業記念品が要らないというお気持ちはよくわかるのですが、実際にPTAがどう動くのか?が気になるところです。本当に、理子さんのお子さん以外の子たちだけに、卒業式や謝恩会などの場で手渡されるようなことがあったら、学校ぐるみの人権問題だと思います。(要らないんですけどね)

私にお金を請求している本部会計さんも、たぶん嫌がらせなどというつもりは毛頭ないのでしょう。手伝いしてもいいって言ってるくせに「退会」とか何それ!何のこと?面倒くさいことやめてくれる?払うべきものを払わないんなら当然請求しますけど!くらいの考えなのかもしれないなぁ。と思っています。

公共機関に相談も、まぁしてはいるんですがなかなか進行しませんね。
ず〜っとほったらかしになってますが、備忘もかねて、やりとりの経緯をブログにアップしていかないとなーと思ってます。なかなかまとまった時間がとれないので、ちょっとずつでも。

理子さんのお話も大変参考にさせていただいています。何か動きなどあれば教えてくださいね〜。

こんにちは!

過日、こんなことがありました。 PTCが毎年一学期にあるのですが、校長からは私共に遠慮なく参加して下さいと言われましたが、PTAからPTCの後に配られるジュース代は実費で請求したいと担任を通じて聞きました。 なので 卒業記念品も実費請求してくると思っておりまして、こちらには断る権利はあるわけで…
どんな物を渡しているのかは知らないのですが、、
まだ、二年生なので 今後非会員が出てくるか様子見です!

PTAの体質も学校によって 違うな~と感じています。

私は、PTAが入学式、卒業式に でん!と参列している姿がとても異様に感じているのですが、学校もPTA=保護者会と勘違いしていらっしゃるようなので このような奇妙な形をとっているのか?と。
保護者会を先に設立すべきなのになぁと思っています。

PTCというのが当地ではないのでピンと来ないのですが、要するにPTA活動の一環で、課外でかつ学校内で行われるものですよね? でしたら本来PTAが参加児童の数ジュースを用意すべきものですから、親に実費請求といっても、ものの申し方があると思います。
過去記事
http://bkk858.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
にも書きましたけれども。

それにしても、子どものために何かする=モノを与える、という発想から離れられないものかなと思います。
戦後じゃないってのに…

卒業記念品の予算1,000円ですよ。ロゴや送料など雑費もひいて、ロクな品物は買えません。モノだらけのこの世の中で、結局ゴミ。だいたい相手が子どもとはいえプレゼントをするのに、恩着せがましい文字を彫り付けて「ずっととっといてね」って発想があまりついていけない。エンピツに記念文字入れるくらいならまだわかりますけどね…子どもの卒業記念は、証書の重みで十分。あとは個別に親がちょっと豪華な食事に行くなり、ふだんから子どもが願っている物を贈るなりして、心から祝ってあげればいいと思う私です。

先ほどの

コメントに不味い部分がありましたら、削除願います。

やっぱり 修正しようと戻ってきましたが、こちらで修正できず、すみません。

理子さんコメント再掲です!

理子さん、コメントありがとうございます!
修正しなくても別に大丈夫じゃないですか?でも私のようなヒンシュク買いやすい人間のブログは、重箱のスミつつこうと一生懸命みてる人がいるかもしれないので(笑)さりげなく穏便な表現にしときましょうか。

でも修正って、私もやってみたんですが、投稿した本人じゃないとできないのかな?って感じでした。
理子さんもできなかったんですよね。おっかしいなぁ…
まるで使いこなせてない私発見v-15

削除はできたので、差し支えない程度に修正してこちらに再掲しておきますね!

-------------以下、理子さん2012-07-15 13:10wrote-------------

PTCは、PTA主催の学年ミニ運動会です。 学校の体育館であります。
PTAを抜けたので こちらは参加する気持ちはないけれど、あちらは来ると思ったのか ジュース代を請求されたのでした。 そんな、 お金を払って 気にいらないジュースをいただきたくないわ~! と内心思っちゃいましたよ…毎日学校にはお茶を持たせているので、PTAが飲み物を用意する必要がないし。

卒業記念品だって こっちでお祝い事するお金の足しにしたいし… (*^o^*)
と思っちゃいます。

お久しぶりにセミクロの方で ぶきゃこさんのコメントを見ました!
ちょっと変わったお父さんの話には、笑っちゃいましたよ~!

理子さん、あらためてこんにちは!
そうなんですよね。モノを配れば誰しもひとしく喜ぶ、という発想がもう古すぎるのではないかと。
お菓子も、「それはうちでは与えてないなぁ…」と微妙な気持ちになるものありますし、ジュースもものによっては糖分ばかりだったりして。
添加物入りお菓子禁止!というほどカタイ家でもないつもりですが、なんでわざわざあげなきゃいけないんだろう、と思います。
それをあげたいから親のあなたが金払え、と言われたらさらに複雑な気分になりますよねー。
アレルギーの子とかにも配慮してないんだろうなぁ。

こんばんは~(*^o^*)

お忙しいのに、お手間をかけさせてしまい、すみませんでした!

ぶきゃこさんにご迷惑がかかっては困るので修正をしようと試みたら、できなくて焦っておりました。

でも、あのコメントは わたしの正直な気持ちですo(^-^)o
セミクロの方で書くべきでした。


**************


こちらも、食物アレルギーを考慮して配っている様子はないですね!

アレルギーのある子は ジュースをもらってもみんなと飲めない?
そんなだったら、配らなきゃいいのに。
お茶はあるんだし…
町内の子供会みたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkk858.blog.fc2.com/tb.php/20-a846e1af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アンケート③】

項目②落ち葉掃き現状で良い330 問題がある20「現状で良い」の数字が乱暴であることはもう繰り返さない。この落ち葉掃きというものを説明すると、秋から冬にかけて学校の植樹の葉が

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。