2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守るも攻めるも追憶の彼方へ

先日、家の窓を開けたらいわゆるひとつの「放送宣伝車」が通りがかっているのが聞こえた。それがふとした引き金になって子供のころのことを思い出したので書いておこう。

子供のころといっても中学時代だが、吹奏楽部に所属していたことがあり、もう定年退職しそうな先生が顧問をしていた。全国大会を目指すほどのアレでもなかったため、まあ日々、勝手に楽譜を入手してきてはコピーものをやったり、各自でレコードをもってきては音楽室のプレーヤーで鳴らしてみたりと、わりとダラダラしたというか、音楽を目指す青少年のたまり場みたいになっていて、まあそれはそれで楽しかったのであった。
しかし、やはり学校でやる部活動という手前、なんらかの活動をせねばならなかったらしく、自治体の祭りのマーチングバンドの代わりをやらされたり、老人ホームの慰問で巡回公演させられたりしていた。
まー晴れ舞台というだけで子供はうれしいからね。それはそれで節目的なものにはなっていたのであるが…

そうなんだけど、その慰問の練習が老先生やたらに熱心で、次から次に軍歌の練習をさせられるわけですよなんだかしらないけれど。軍艦マーチはもちろんのこと、ラバウル小唄とか、加藤はやぶさ戦闘隊とか、同期の桜とか、ひどいのになるとそれらを全部つなげたメドレーとか。何が悲しくて中学1年女子がそんな音楽を練習せねばならなかったのか今もって分からないが、先生はそれらを演奏すれば老人ホームの入居者が喜ぶに違いないと信じ込んでいたらしい。

私も若干イヤな気はしていたものの、当時は「ことわる」という選択肢があるとは夢にも思っていないから、子供なりに一生懸命練習をしていたのであった。
冷静に考えれば、戦時を生き抜いてのんびりホーム暮らしをしている高齢者が、どれぐらい心から軍歌メドレーを「懐かしい!!これこれ!」と喜んでいたのか、大いに疑問であるが。。。

すっかり大人になった、というよりそろそろ老いてきた自分がにがにがしくそれを思い起こしたのは、なんだってそんなラインナップを練習させられなければならなかったのか? ということ自体よりもむしろ、なんだってうちの親はひとことも中学に苦情を入れなかったのか? という不信感である。

うちの母親はもうとっくに他界しているので、ここで悪口を書いても文句を言ってこないので書いても大丈夫だと思うが、私のことにあまり真剣に取り組まないというか、対外的な部分(いわゆる世間体)の方を常に大事にする人であった。
商売をしていて人の出入りも多かったため、私が学校から帰って色々なことを話したくても、ひっきりなしに他人が訪問や電話で話に割り込んできて、制止されたり中断されることがほとんどであった。
(この原体験が、PTA的な「エセ和気靄々」ものが大嫌いな要因にもなっていると思う)

そんなふうに私の話などほぼ聞かないくせに「あなたを信じてる」「あなたは大丈夫」的なメッセージを日常生活に織り交ぜて送ってくる。
丸投げしたいだけ、放置して安心したいだけじゃねーかよと悟ったのが思春期のころでしたね。
中学だったか高校だったかは忘れたけど。

そんなメンツ至上で母親自身が楽しく充実しているのであれば子供もまだ救われようが、そのくせ私と2人きりになると、愚痴をこぼしたり「ああいうの私は嫌い」とコソッと言ったりするわけである。

そういう二面性というか裏面性にげんなりしながら育ったため、必要で十分な程度以上にモノをストレートに言う性格に私はなってしまったのかもしれないのだが、そこまできょくたんな私のような人間ではないにしても、やはり物も解らない子供が音楽教育と称して軍歌の練習させられてたらどうよー? いくら争うのが嫌いな母、父、世間様が大切な母、父だったにしても、そのくらい苦情を言わんかね、いや言おうよそれくらいはと、こんなアラヒフになってから不満をくすぶらせる私であった。

まあ親の悪口はこのくらいにして、とにかくそんなことをムダに思い出すのも放送宣伝車のおかげである。別にゴダイゴや山口百恵を演奏したかったとは言わないが、なんであそこで軍歌だったのかなと、こう寂しく思い出す1980年代なわけなのであった。

【教訓】嫌なものは自分でことわりましょう。

コメント

ぶきゃこ様 こんばんは♪

今日の記事を読んでいて私の母のことを思い出しました。
私の母も、絶対に人前で自分の意見をいうような人ではなく
田舎ということもあり、常に世間体が1番でした。
ご近所さんにも親戚にも好かれていて、
専業主婦の鏡のような母には 憧れの念もありましたが
一方で、「私の気持ちより世間体が先」な空気がひっかかってて
それでも子供の頃は必死に期待に応える良い子でしたが

仕事を通じて外の世界を知るようになり、人の嫌になって
「やはり自分の考えを押し殺して世間を1番にするのは違う!」
と、強く強く思うようになりました。なんか似てる?!(笑)

ちなみに、母の実家は商家だったので、母は
ぶきゃこ様と同じようように 親はいつも商売の話をしている…
という不満をもって育ったようですが
「世間様はお客様である」という教えは、
母にも深く刷り込まれているのだろうなぁ…と思いました。

しかし、慰問で同期の桜はちょっと( ̄▽ ̄;)
その先生、かなり特殊だと思います~
(教師って反戦の人が多いはず…なのにねぇ?!)
「高校3年生」「美空ひばりメドレー♪」とか
せめて、その辺ですよね!

ガーラさん、コメントありがとうございます!
往々にして子供というのは親の願いとは逆方向に育つものですねぇ〜。
従順で温和、は人に好かれる条件のひとつですが、好かれる理由は実は「操作しやすい」だったりもしますから、人望第一での生き方が良いとも限らない場合もありますよね。

また、そのタイプの母親が子どもに向けて送る無言の「私が我慢してるんだからあなたも我慢しなさい」メッセージは、女の子に向けられる場合が多いような気もします。
男児は何やっても「しょうがない」で済まされるという。。。

まぁ私なんかは、そういう「受忍で幸せになる」生き方をやろうと思ったってどだい無理なので…^o^;
選択に悩むような問題でもないんですけれどね、わははー。

ぶきゃこさん、こんばんは。
はっきり言えるぶきゃこさんがとても羨ましいです。
私は心でそう思ってても言えないので、あとで怒りや不満がいっぱいになりやすいです。そして解決できないから逃げたい、に変わることもあります。
私は固い公務員家庭で育ちました。とにかく、世間体が大事、悪い事したらおとうさんが首になるからね!と言われ続けて育ちました。
大人になった時の政党まで指示されました。「⚪︎⚪︎党に入れたら勘当するから」とまで言われました。
その分、大学で東京に出てからというもの、ものすごーく弾けた青春を送ってしまいました。緑色に髪を染めたり金髪にしたり親にアウトローな人を挑発するようなファッションしまくりましたw 親の世間体の真反対なことをしたかったみたいです。
今PTA含め、保育園や学校の保護者会でも言いたいことがあるのに言えない自分がいます。もちろん、大半のお母さんたちがおとなし〜くリーダーシっプとっていう風な人に意見に従っているだけなのですが、私も彼女たちと同じで言いたいのにぐっとこらえていました、今日も^^;
場を壊さないように?が唯一のメリットになりますが、はっきり言ったら言ったで今の私は「変なこと言ってしまった」と思うのだろうと思います。
長々とすみません。今年もPTAサイトでもよろしくお願いします!
ひとつ質問です、どうして高校ではPTA加入されているのですか?中学と小学校PTAとはまた違うのでしょうか。

みんな虹色さん、コメントありがとうございます!
みんな虹色さんのお母様は、決して悪い方々ではないし家族愛・子供愛の強い方なのでしょうが、なにかちょっとアウトプットの仕方がうまくいっていなかったようですね?
おとうさんが首になるから悪いことがいけないのであれば、おとうさんが無職の子は悪いことをしてもいいことになりますね。
子供とは言え投票先を指示するのは、あきらかに憲法違反ですね。

大人になれば、「親はこういう人なんだ」と理解し、かわすこともできましょうが、子供時代はもろに影響かぶってしまいますからね…。
大変、お疲れ様でした。

ところで高校PTAについてですが、高校だから加入というわけではなく、私が直接かかわったPTAのうち、もっともまともなPTAだからです。
加入の任意性の説明は最初にきちんとありましたし、なんの役目の強要もありません。
「会費はこれこれこういうことに使います。よかったら振り込んでね〜」と振込先を書いてきたので、少しでも役に立てればと思い会費を振り込みました。(=会員)
1年間の行事予定(といっても、ほんとに最低限しか活動がないんです)が送られてきて、「もしお手伝いが可能でしたら○つけてください」とあったので、行けそうなものに○をつけて出しましたが、結局人員が足りていたのか、要請は来ませんでした。

そんなゆるゆるなPTAです。
でも、本来の姿だなと思っています。

高校のPTA、任意の説明、役員の強要がない。
私もこういったことが、本来あるべきPTAの形だと思います!小学校、中学校ともにこういった形のPTAが広がれば…本当にここまでの苦労はないのになぁ。と思います!
こういった形や認識が小中にも広がれば本当にいいですね。

ぶきゃこさん こんにちは
新年早々、地区校外委員の立候補者がいないのでくじ引きにきて下さいと地区の委員さんから電話が。。。「平日は仕事でカラダがあきません」と応対すると「仕事を理由にするとキリがないのでくじを引いてもらいます」平日の朝っぱらからくじなどもちろん引きに行けないが、「当たったら引き受けていただきます」って人の話全然聞いてねえし。もし当たっちゃったら首に付ける縄かなんか持ってくんのかな〜

皆様、コメントありがとうございます!

みんな虹色さん、本当に仰る通りです。きちんと説明して合意する、という原始的なことを片方の都合で一方的に省略することが、いかに多くのトラブルを招くか見てきました。全国のPTA会員さんにも考えていただけるとうれしいですね。

ゴマさん、大変な目に遭われてますね。立候補者がいない時点で活動の存続を再考したほうがいいような気もしますが、なんにしろ現代においてそこまでの強要があいかわらず行われてるということにびっくりします。
内容の再検討もせず、やる時間も、やる気もない人にとにかく押しつけたいということは、現状の地区校外活動というものが誰にも愛されてないのでしょうね。なんだかうら寂しい話です。

高校のPTAの話。ほんとにそういう活動だったら文句いいませんよね。
うちは公立中学のあまりのひどさに私学に流れましたが、私学はまさにこういうPTA(後援会)です。役員になればそれなりに忙しいとは思いますが、やりたい人がやっていてしかも学年トップクラスの子の保護者がなる感じなのでやりたい人も多く、子どもが学年トップだったしても「できない」と断っても候補者が次々出てくる感じです。
公立中学校PTAに関しては、6年生の冬休みまだどこに進学するか決まってもない時期に役員決めの集まり(それこそゴマさんとこみたいな呼び出し)があります。うちは受験をすると断りましたが、「(落ちて)公立にくるようだったらやってもらいます」だってさ。さぞかしくじで役員大当たりを引き当てた方は「さやさやの子落ちろぉ~」と呪っていたことでしょう。受験に失敗して親子ともども落ち込んでいるところにPTAの役員まで回ってきたらショックでどうかなりそうです。
本当にひどいです。

ぶきゃこさん ありがとうございました。
振り返れば、息子の中学校入学式のあとそのまま保護者は全員残るように言われPTA入会の意思確認もないままオリエンテーションに突入。。目がテンのまま会員同士の親睦を深めるためのゲームをやらされたのを思い出しました。制限時間内にできるだけ多くの人に自己紹介&握手をする、各クラスごとに誕生日の日にちが若い順に列を完成させるなどのゲームでした。ジャブのあとのボディーブローは役員決め..役員が決まったクラスから校庭でクラスの記念写真撮影ができる仕組みになっており、ウチの子供のクラスは一番ドンジリで、半休とって入学式にきていた我が家の父さんは撮影に間に合わず学校をあとにしました。PTA行事が優先って何だか。。。
父さんが後日PTAにオテガミを出しました。役員に当たるのを嫌い不満ながら参加しているのなら存在意義を問い直したらどうか。子供や学校のためという根拠もない圧力に不本意ながら巻き込まれるのはいかがなものか。誰もが不幸になるシステムやめましょう。そもそも入
会した覚えないんだけど..等々です。先日のPTAからのプリントに役員が決まらなかった場合の話し合いの予備日までとってあって口あんぐりでした。

さやさやさんのところも大概ひどいですが、ゴマさんのところは入学式で親睦ゲームですか!今日はじめてお会いした、入るともなんとも言っていない団体のひとびとと何でそんなことしなきゃいけないんでしょう? 制限時間内にできるだけ多くの自己紹介? 誕生日の日付順に並ぶ? 大人と大人との関係づくりをバカにしてるんでしょうかね。子どもは小学生だけど親は小学生じゃないっつうの。あっ失礼しました中学生か。えっ中学生?中学生の親にそんなことやらせるなんてますますオツムの具合は大丈夫でしょうか役員さん。
私がその場にいなくてよかったです。いたら、バケツで水ぶっかけるようなこと言って場がシ〜ンとなってますから(爆)。
入学の感動も、おごそかな式典もどうでもいい、とにかく早く役員を誰かに押しつけたくて仕方がないんですねえ〜(呆)。

写真撮影の前にPTA役員決めをはさむというのも、よくある薄汚い手口ですね。これは、PTAというより学校の責任が問われなければならないでしょうね。うちの中学でも似たようなことをやってました。非入会の私は「これ以上待たされたら校長に苦情言いに行こう」と思っていたところへ役員決めが終わったのでよかったですが(よくないけど)、下の子が入学するときにはあらかじめ学校に申し入れをするつもりです。

ぶきゃこさん こんにちは
PTAの事でどよ〜んとしておりましたが、ぶきゃこさんのブログにハマってしまい、だんだんどうでも良くなってきました(笑)。

そうなんです! 式後の厳かな雰囲気も一転、同時多発自己紹介をする大人たちの声で、体育館はまるで勧誘電話のコールセンターのようなざわめきでした。

別件ですが、下の子の学校のPTA活動に旗ふりというのがありまして当番表とかもあるのですがボランティアなのだから行ける人が行けばいいかしらん?仕事で行けないし、というか〜るい認識でいたのが大間違いでした。地区の委員Aさんから「どうして来なかったんですか!?」と電話が。私「出勤時間にあたるのですみません」Aさん「じゃあ、これからもず〜っっと来れないっていう事ですか?」私「すみませんがそういう事になっちゃいます」Aさん「じゃあ、どうしたらいいと思いますかっ?」私「??」Aさん「このままだとゴマさんがお辛いと思うんですよね」私「??」Aさん「肩身が狭くてゴマさんご自身がお辛い思いをされると思います。だから班長さんに連絡して何かお伺いをたてた方がいいと思いますよ。土日にできる仕事を何かしら見繕ってもらって下さい。あと旗ふりはご主人に来てもらえないですか?今フレックスタイム制の会社だって増えてますし」バカかこいつは。もとい、バカだこいつは。勝手にウチのダンナの会社をフレックスタイム制にするな。腹が立つというより悲しくなって来ました。だってこの人たちPTAの活動内容をスリム化しようとか微塵も考えてないんだもん。不公平だからわざわざ仕事作ってもらえ?何か本末転倒じゃないすか?

な、なんで仕事を見繕ってもらわなきゃいけないんでしょう苦笑。仕事なら間に合ってますよね。「ご都合も無視して勝手に平日の当番割り当ててすみませんでした」は?
いまどうしても人手が足りなくて、「これこれなら土日でできるので、それではそちらのほうを少しお手伝いお願いできないでしょうか」という話からはじまるならまだしも、なんで勝手に割り振ってきた仕事が出来ないからといって班長とやらにお伺いをたてろとか言われなきゃならんのですか。もー謎過ぎます。
だいたい平日仕事なら、土日はあいてるだろうってどんな発想ですか。平日仕事だからこそ土日はやることいっぱいあるし、休息だって取りたいですよ。ロボ母さんじゃないぞこっちは。

それと、「(PTAの仕事をしなければ)あなたが辛い思いをする」は、聞き捨てならないです。それは、PTAがゴマさんに辛い思いをさせてやるぞ、肩身を狭くしてやるぞという、脅しとも取れますよ?
私ならその一言だけでも、「子どもを入学させたら学校もグルで親がいつのまにか勝手に会員にされてお金を取られて、あげくに当番行かなかったらこんなことまで言われて脅されてるんですが?」と教委にねじ込みます。だって、めちゃくちゃですから。教委が何も動かないなら、強要でケーサツに相談に行ってもいいですよ。
もちろんゴマさんにそれを勧めているわけではないですが、それくらい、「あなたが辛い思いをする」なんて表現は、やっちゃいけないことだってことです。

フレックスタイム制って、増えてるんですかねー? ホントなのかな。たしかに何十年か前にブームっぽくはなりましたけど、実際身の回りでフレックスタイム制の会社なんてみあたらないんですが…^_^;

素人が道路で旗を振るっていうのは、抑止効果の検証とか最適な作業フローの確定とかされてるわけでもなく、ほとんどの場合残念なことに、ただただ素人がハタ持って突っ立って通行人の邪魔をしてるだけですから、本業休んだり遅刻してまでやれ!っていうほうがどうかしてると思いますよ。サンダルはいた気軽なボランティアの域を出ないものに、どうしてそこまで不釣り合いな重大使命感を持ち、鼻息あらく人に押しつけてくるのか、ちょっと理解不能な感じです…

旗振り

ゴマさんが辛い思いをするってどういう意味?
うちでは副会長のお子さん自ら「ママは副会長やけどあんたのお母さんはPTAやめたってね」と田んぼに突き落としてくださいましたけど、そういうことをしますよってことなんでしょうかねぇ。
ぶきゃこさんがおっしゃるように立派な「強要罪」ですよね。私だったらもう一度同様のことを言われたら「わかりました。旗振りを私がしなければならないなにかしらの理由があるんですよね。よかったらご説明ください。説明できないようであれば申し訳ありませんが、根拠のないことを無理やりさせようとしているわけですから、強要罪にあたります。警察に相談させていただきます」って言っちゃいますね(って、言っちゃったけど(笑))

ちなみにうちの主人は単身赴任で「PTAの仕事をしても構いませんが、私が抜けることによる代替員の用意か、給与保障をしてください。また交通費もお願いします。以上受け入れていただけるのなら喜んでボランティアします」と嬉しそうに提案してみましたが、お断りされてしまいました。あ~あ、タダで帰宅できて給料も保障されるのなら毎日旗振りやってあげてもよくってよってノリノリだったのに(笑)

ボランティアをするのに家庭を顧みずってのは無理ですよね。自分の生活があってこそだと思う。お金で貢献する、労力で貢献するいろんな貢献の仕方があると思うけど、すべて自分の生活が成り立つことが基本。自分の生活を壊してまでの貢献を強要してはいけないと思います。

何かニュアンスとしては、旗振りしてる人に申し訳なくて良心の呵責を感じる=辛い、っていう感じで要するに申し訳ない事してるんだから申し訳なく思えって事みたいでした。結局強要だ。(笑)と、さやさやさんお子さん田んぼに突き落とされたって...!?はああああ!?どんだけ技あんの?ひどい目にあいましたね...かわいそうに...。

冷静に考えるとおかしい事でも、渦中にいると自分がいけないのかなとか考え込んでしまったり....。近所の知人(フルタイム勤務)が次の役員が決まらなくて困り果てていて曰く、
「仕事休んだりして必死にやりくりして」いるそうです。私は仕事休んでまでボランティア活動する気はないのですがPTAに(自動的に)入りたての子羊時代は(フルタイム勤務でも仕事休みながら活動しているのか...!)と内心肝をつぶしていました。働きながらPTA活動をこなしている人に「私も働いていますけど?」と圧力かけられる事もしばしば。同僚は旗振りの際「仕事に遅れるので途中ですが失礼します〜」と言って去ろうとしたら当番の片割れに「あたしはとっくに遅刻なんですよね...」と言われたそうです。なんだそりゃ。

言い出すとキリがありませんが、本来学校がすべき仕事をなぜかPTAが肩代わりして学校の小間使いみたいなっちゃってたり、相変わらず本日もPTAは大忙し...ですよね。
もし一人一役というなら、父親にも活動を義務付けるってなんで言わないの〜?って思います。

私は小心者なのでちょっと勇気がいると思いますが、おかしい事にはおかしいとキッパリ言えたらと思います。色々ご助言ありがとうございます。

追伸:ぶきゃこさん、私はポテチの袋を横に開こうとして失敗し、縦に裂いて夫によく怒られています(笑)

ああ、申し訳なく思え? 申し訳なくて辛いでしょってことですかー。
ずいぶん陰にこもったこと言うんですね。人の都合にかまわず仕事を割り当てて来て、「できない?んじゃ申し訳なくて辛いでしょう」って、んな無茶な〜。とほほ。

ゴマさん、実は縦裂き犯だったんですね!ぐぬ〜!
旦那さんに「お気持ちお察しします!」とジップロックをそっとプレゼントしたい気持ちです。うぅ涙。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名さん、非公開コメントありがとうございます!
書き込みは、フリーにしてますので堅苦しい挨拶など不要です!
どうぞ、どうぞ、いつでもお待ちしてます〜v-238
私のほうこそいつも返信が遅く、ご迷惑おかけしてます〜〜^_^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。