2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もー頭にキタゾ!

今年度のPTA活動を断った話を先日書いた。理由は先方に回答した通り「責任持って手伝えるものがない」のが第一の理由だが、実は、PTA文書の文言にイラッとしたという背景もあった。

というのも、うちの小学校PTAはよくある「挨拶運動」というものをやっており、その由来が書かれていたのだ。

平成何年、地域育成団体の発案で「小学校の子供たちに元気なあいさつの習慣を付けさせよう」ということで、そこのボランティアが交代で校門に立ち、明るく声掛けをし始めたのが始まりです。

ふむふむ。有り難いことだにゃ〜。
しかし、続きがある。

「それを受けて、PTAでは、自校の子どもたちのためであるから地域育成団体の方々に甘える事なく、保護者全員で責任持ってやろうという事になり、PTAの全員当番制となりました」
だと。

だ〜〜〜もう。なんでそうなるの?
こうなると、さいしょにボランティア精神で発案した地域育成団体までが若干迷惑に思えてくる。
「甘える事なく」ってなに?
いつ誰が「甘え」たんだ?
せっかく「有志」でやってくれてた有り難い活動に、こんなこと言いたくはないけど、校門に立って子供に挨拶教えてくれませんかなんて、こちらから頼んだ覚えはないのだぞよ。
「甘え」などとは言いがかりであり、イチャモンであり、理不尽なクレームではないだろうか。

もちろん、「甘え」と言っているのはPTAであり、地域育成団体ではない。
誰も頼んでない言いがかりやイチャモンを付けているのは、横からしゃしゃり出てきたPTAなのである。
もー、何言ってんの? オリジナル発想もないくせに人のボランティアを横取りし、にわか「責任」化して押し付けるんじゃなーい!
こんな発想のPTA役員なら、もちろん非会員の親など「自分の子供もお世話になるのに他の人になすりつけて平気でいられるなんて無責任」てな倒錯思想であろう。

これを書いたのが誰かは知らないけど、もー絶対、おともだちにはなれない臭がぷんぷんしているのであった。

コメント

全ての環境問題に輪番制で参加!?

砂漠化拡大防止は自校の子供たちのためになります。温暖化防止も自校子どもたちのためになります。

日本のNPO団体の中でも、砂漠化防止や温暖化への懸念から海外での植林活動を行っている団体があります。当該PTAでは、そんなNPOに甘えることなく、当番制で海外に植林にいかれるのかもしれません(^^; ご奇特なことです。

私たちは、残念ながら、全てのボランティア活動や全ての有意義だと思われる活動、その全てに参加することはできません。物理的に不可能です。

どのような活動に意義を感じ、どのような活動に参加するか協力するかなどは、全て個人の自由意思による選択だと思います。もちろん、ある団体がこのような活動をしましょうと呼びかけることは素晴らしいことだと思います。しかし、当番制や輪番制といった強制色が濃い濃い方法を用いるのには疑問を禁じえません。

ところで、横浜市P連がHPで「PTAは任意加入」など至極まっとうな資料を公開したそうです。(Think-PTA.comのオープンBBS情報なので、既にご存知とは思いますが、周知・拡散してはどうかなぁと思って、コメントをしています。)

うちの中学でもやってます

ぶきゃこさん、こちらでは初めましてです。
まずは勝手にブログからリンクしちゃいました。
事後報告で申し訳ありません。
ご都合悪ければ速攻リンク消しますのでお報せくださいね。

挨拶運動ですか。わたしの息子が数年後に通う予定の
中学でもやっているようです。
こういうときも『昔はどうだったかな~?』と思い出してみるのですが、
昔はうちでは生徒側(生徒会が)が校門に立ってやっていたように思います。
今は保護者がしゃしゃり出て挨拶運動するんですね。
保護者がやるなら、普段から家で挨拶を心がけるとかすればいいのに。


児童会・生徒会行事では?

うちは児童会・生徒会事業ですね。
学校通信に「子どもたちが登校してくるお友達に元気に挨拶しています。ご家庭でも朝「いってらっしゃい」と気持ちよく送り出してください」みたいに書いてある程度です。
自治会というか、地元の何かやりたい爺さんが勝手連で、登下校見守りとかやってくれてますが、「わしら子ども達と関わりもちたいから勝手にやってるから」と特に一緒になどとは言われない。一応子どもたちから「いつもありがとうございます」とお礼のカードを届けるくらいのことはやってますが。
地域育成団体に感銘をうけたのなら、やりたい方がその会に入ればいいし、もしPTAで何かやりたいのだったら、「こういう会がありますから、よかったら入ってね」みたいな勧誘をお手伝いするくらいまでじゃないの?なんで、共催事業をせにゃいかんの。地域育成団体にしてみても、「余計なことしやがって」とPTA会員に思われて迷惑なんじゃない?

うちもあります。

但し、ボランティア制です。PTAが役員以外に会員にボランテイアを募ります。
(できる or できない。。。ーに◯付けて提出。出来ない理由は聞かれません。でも、できる人だけ提出でよくないかな。。。?と思いました。)

朝、登校時間に合わせて自宅最寄りのポイントに立ってするようです。
我が家は、下の子の幼稚園との兼ね合いで無理なので、出来ないに◯付けて提出しました。
でも、よく考えたら非会員だから提出しなくても良かったのかも(^^;;

因みに近所の中学は、生徒が校門に立ってしています。

皆様、コメントありがとうございます!

銀さん、まことにおっしゃるとおりで、「望ましい自主活動」と「望ましい活動だから全員参加」は、決定的に異質な発想であるといえそうです。
横浜市P連と横浜市教委、やりましたね!
本来、PTA活動を活性化したくてそれを公教育の場でやりたいんなら、当然ながら会員向け・執行部向けの研修活動は必須であるはずです。
いまだ、行政側で内容の審査や正常化の努力もせずに「PTAは重要な活動でぇ〜す」「任意団体ですから中身はしりませ〜ん」「トラブルは勝手に解決してくださ〜い」「でも個人情報はじゃんじゃん流して自動的に会員にしま〜す」みたいなフザケたことがまかり通ってるほうがおかしいんですよね。

chikoさん、ようこそいらっしゃいませ^o^リンクなんかどこへ貼っていただいたってかまいません!なんなら日Pや都教委のトップページにバナー貼ってもらいたいくらいっす!
それにしても中学生なのに校門で親が挨拶運動とは、世も末です。12年間も育ててまだまともな挨拶できないんだったら、もうできないでしょ…。もうそういうこと(校門挨拶など)は自主的に発案する年齢ですよね。
そういやどっかのPTA活動の取材した新聞写真で、横断歩道を渡る中学生に黄色い旗振ってるおっかさんの写真があって脱力しました。そんなヒマあるんだったら、ひとり暮らしの老人家庭でも手伝いに行ったほうが、まだボランティアとして世のためになるような気もします。
なんか、ずれてるんですよねぇ。
おっしゃるとおり、そもそも挨拶を何故「校門で」これ見よがしにしなければならないのかわかりません。地域団体の方がやるならわかるんですけど、親がわざわざ行く意味がわかりません。各自家でやれよって話ですよね。

さやさやさん、
>地域育成団体にしてみても、「余計なことしやがって」とPTA会員に思われて迷惑なんじゃない?
そこなんですよね。「甘える事のないよう」がボランティアがゆがんでいくもとになる発想だと思うんです。もし私だったら、ボランティアでこれやってみたい!という発想で始めたものが皆に「いいことね」と喜ばれたとしたらそれは嬉しいんですけど、「いいことだからみんなでやろう」なんて当番制にされ、割り当てられた方々が義務感で心が重くなるなんて、想像しただけで嫌な事ですね。
挨拶にしたって読み聞かせにしたって、義務感が頭をもたげた瞬間から、活動の質は低下していくと思います。挨拶だって心がこもるわけもないし、読み聞かせだって工夫のないやっつけ仕事になっていくし、「親が楽しんでない」という気持ちや態度って子供にストレートに伝わりますからね。

umicofさんのところは、かなりまともですね! ま、仰る通り「できる」だけでいいし、もっと欲を言えば、「できるできない」じゃなくて「やるやらない」でしょうね^_^;
PTAの押し付け合いでよく聞くのが、専業の方が「私達は断れる理由がないから…」ということです。それで「不公平!仕事してるかどうかは個人の都合で、自分たちの収入のためなのに!」とどんどんあさっての方向に…。
そもそも「できない理由が必要」というところが根本的にまちがっていることに、早く全国のPTA会員の皆さんが気付いてくださることを願っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。