2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手放したくない花2014

東京多摩地区はここ何日か突然降り出すなど不安定な天気が続き、せっかく咲き誇った桜もしょうしょうきたなく散らされつつある。
通勤路でいつも包まれる桜並木も、いちばんきれいだったのって1、2日だったなぁ〜残念。

そんな中、明日入学式を迎える学校も多いことであろう。
同時に、また今年も全国100万人ぐらい(注)の親が、ろくすっぽ説明もないままPTA会員として取り込まれることであろう。

昔から根本的に疑問を持っていたのだが、子供を入学させるとどさくさにまぎれてアンタPTA会員だかんねなどと一方的に通告され、しょっぱなからクラスの保護者を集めて委員決めがあるというのはどういうことなのであろう。
というより、よくそんなんで「誰がやるのか“決め”」られるなあと逆に感心するのだ。

当然ながら、第一子を入学させた人はそこのPTA活動の概要などわからないから、引き受けるも受けないもチンプンカンプンのはずだ。
なのに、説明といえば、たまたまそこらへんに居る「上にきょうだいを持つお母さん」をつかまえて、「○○さん説明していただいてもいいですか?」などと先生が超適当にふってくるだけ。
そのお母さんも、本部役員であることは稀で、普通は一会員に過ぎないのであるから、個人的な解釈などをまじえて適当に紹介することになる。
「その活動は、なんのためにやっているのですか?」
などと聞かれても、まともに答えられる訳はない。
「たぶんこういう理由」などと推測でしゃべるのはまだマシなほうで、「さあ」とか「役員ではないのでちょっとそこまでは…」とか、ちょっぴり迷惑そうな顔になってるのも見かける。そりゃそうだ。そのお母さんは別に入会勧誘をしたくてそこに座っているわけではなく、たまたまいた保護者だというに過ぎないのだから。

Qだらけの中、明確にAを返せる人もいない中で、よくもまあ「委員を決めろ」などと無茶なことが言えるものだ。
2年生以上の役決めならまだ、前年やった人が居る確率がいくつかはあるから、そうであれば少しマシなのだが、そういう経験者がいなければ同様のことにすぐ陥り得る。

「○○委員とはこういう仕事です」「この活動はこういうことのためにやっています」みたいなパンフレットがあればまだいいが、全然ないところもあるし、たとえあったとしても、パンフレットやしおりというのは基本的に「発信者が発信したい情報」が書いてある印刷物であるから、パンフレットが質問に答えてくれるわけではない。

そんな情報量でいきなり「委員決めろ」もとんでもないと思うし、引き受けるほうも引き受けるほうだなぁと感心する。きっと、事前情報収集能力にもの凄く長けてるのか、無謀なのかのどちらかなんだろうなあ。

百歩ゆずって学級委員は、クラスの窓口としての役割であるから1年生であっても決めて欲しいのはわかるが、次期執行部役員を決めるための選出委員だとか、広報委員だとか、そんなものは、2年生から選出でも十分ではないだろうか? PTAがどんな活動をしているのかけんとうもつかないのに、「広報紙を作りたい」とか、「次期本部にはぜひ最適な人材を選びたい」などという動機が持てるものだろうか?

そういうことに初歩的な疑問を持つことで、PTAのオカシサってだんだん気づいていくものなんじゃないかなあと思うのだが、悲しいかな入学時はどさくさしているので、とにかく全部言われた通りにしちゃうんだよねぇ…。

まあ、そうはいっても、こんなトピを読んでいたら、なんだか発言小町の様子が、去年以前とは空気の流れが変わってるようにも思える。
PTAで、ムキになって平等平等言う人って、ちょっち時代遅れな感じになりつつある、って思っていいのかなあ? 発言小町のユーザーマーケットがどういう年齢層なのかはよくしりませんけども。

(注)統計数字は超テキト〜です。出典:文科省かどっか。

コメント

そのあとの小町が

ぶきゃこさんの引いてきたトピは確かに新しい考え方の方が優勢のような気がしましたが、その一つ下のトピは旧態然という感じがしました。

子どもが私学に入学して思ったことですが、私学って入学してもらえないと経営できないということから、生徒獲得のための活動って、一番大切なことなんですよね。在校生のケアを良くして評判をよくすることも、進学実績を上げることも大きな意味での宣材。ということで、PTAも悪徳ではありませんでした。
入試説明会(学校説明会)でPTA(後援会)の説明があり、「全員入会ですので」と言われますが、そもそも「何?この学校の授業料?高い!!」だったら入学しなければいいだけの話で、「何?この後援会。会費高い!」でも同じく入学しなければいいわけです。
強制入会ではありますが、後援会でやってるのは授業料でカバーできない、生徒に向けての「教育講演会」「観劇会」(全国大会出場時の宿泊代補助などの)「部活動補助」なので、「校納金」の一部と考えて入会しようと思いました。更に、後援会の目的はお金集め。仕事も会計が主なもののようです。広報誌はとても立派(生徒募集にも利用されている)なのでおそらく外注っぽい。つまりほとんど仕事なし。でもって、名誉職なのでやりたい人多数で希望してもできないこともあるらしい。私にとってパラダイスです。小学校のPTAでえらい目に遭いましたので頑張って入試を突破してくれた子どもに感謝です。
小学校のPTAのような酷い運営のPTAが私学にあったらあっという間に潰れてしまいそうですね。因みに子どもが通う幼稚園はその理由からPTAを廃止しました。

そうですね、私立のほうがその意味では健全かもしれませんね。
売り手市場→弱気、買い手市場→強気、という自然な原理がきちんと機能することは大切です。
マーケットに苦労しない事業は、なんだって腐敗していくものですよ。
①お金が足りなきゃ消費税増やしたり債券発行すりゃいい。
②労働力が要るなら公立学校の保護者を全員ボランティア会員てことにしちゃえ。
①と②はきわめて類似の発想と言えるもので、日本型PTAが「官製」であることの傍証といえそうです。
保護者発想で新たにそんな、公立学校に取りついた自動加入団体つくりたいって言われて、教委や学校が許可するか? するわけないと思いますよ。

むしろ私立のように、「金が必要だ。払える親子だけ入ってくれ。」のほうが、シンプルですがすがしいですよね。

多分ね

>むしろ私立のように、「金が必要だ。払える親子だけ入ってくれ。」のほうが、シンプルですがすがしいですよね。

も一つ私立が進んでいることには「金はないけど仕事するよ」ってのも認めてくれるってこと。奨学金で後援会費まで出してくれる。委員なんかが決まらないことがないのは、奨学金をもらっている家庭が「このくらいのご奉仕なら」と引き受けてくれるから(まぁ、一種の名誉職になっていますが)

自分のできることで協力するという本来のボランティア活動ができるという点で進んでいると思います。

公立も、協力の仕方を「お金」と「労働力」と割り切ってやればいいのではないかと。労働力の提供は難しいけど「お金」出すよ。お金出せないけど「実働部隊で働きます。自分の出来る方(あるいはミックス)を選ばしてくれてもいいんじゃない?

外注するとしたら3人警備員がいれば十分管理できる駐車場管理。なんと常時10人くらいがいるんですよ(5mおきに人が立ってなくても停められますけど?)たった4時間かそこらで述べ50人。
実際は勝手連のおやじの会の警察関係者消防関係者が数名で仕切ってるので、動員されている50名は全くのムダ。ただいるだけです。手馴れた人3人、シルバー人材センターとかで雇ったら、一人日給6000円としても2万円弱。管理に来てくれた人に出す飲み物、腕章などの備品代考えたら同じくらい予算計上してんじゃん。外注したら2万円払いさえすれば、腕章とか、飲み物とか用意しなくてもいいんだよ。考えぇよ。おやじの会はPTAの履歴にはならないけど、駐車場管理は彼らだけで十分成り立ってる。PTAからの飲み物ももらってないのに。

あと、昨年度途中で私が委員長を退任した委員会。昨年度の活動は、なんと駐車場管理のみ。本来の委員会の仕事を全くやっていなかったのに、なぜだか誰も困っていないし、そんなことに気づいている人もいません。ほらね。私が言ったとおり、いらん委員会やろ。
にしても、その唯一の駐車場管理もいらないと思うから、この委員会の存在意義はまるでなし?ひどいな。
駐車場管理(運動会、文化祭の2回)を外注して5万円使ったとして、広報誌もWebなどに移行するか廃止、動員講演会も廃止、残るは草取り(愛校作業)だが、これもPの雑談会になって草など一本も抜かない人続出なのでシルバー人材に外注。文化祭ではテキヤを呼ぶ(多分出店料くれるぞ)あれ?やることなくなっちゃった(・∀・)会費の有効な使い方を考えましょうよ。

私学では↑的な活動をやってます。だから負担がない。なぜ公立でできない?

まとまりない文章で申し訳ないです。

どこかで割り切るってところが、活動を意味もなく重たいものにしないためにできることなのかもしれませんね。
本来、
①やりたくなるような楽しいこと、意義を感じる人が集まってする活動
と、
②誰もができればやりたくない、労役
とが整理されないと、効率化って進まないと思うのです。
実態は②であるにもかかわらずあたかも①であるかのようなフリをしてごっちゃにしているので、意義を感じる人が集まる任意団体であるPTAを「やめるなんて許さないわよ」「会費を払わないなんて許せない」なーんてなことになっちゃうわけですね。
PTAは②をやる団体では本来ないので、②はきちんと学校や自治体の責任下で、保護者に依頼をするならしてほしいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。