2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月のなっとう

冷蔵庫の中から賞味期限2013.5.30のなっとうが発見されるという事態に対して、なにかこう「ああ、それはぶきゃこさん悪くないわよね〜」とか「うんうんそれは誰でもあることよ仕方ない」などという支援コメントがもらえそうな理由付けを探してみたのだが、あいにく作文能力の限界を迎えそんな言い訳があるはずもないのであった。
自分で自分にドン引きであるが、やっちまったものは仕方がない。

エクセルで計算してみると256日超過している。
畑をたがやし大豆に水をやって育ててくださった農家の皆さん、なっとう菌を植え付けあたたかく発酵させてくださった工場のおじさん、なっとうのために保冷剤まで用意して東京のはずれの我が家の玄関先まで届けてくださった生協のお兄さん、がたの気持ちを256日間も無にし続けてしまったかと思うと涙がるる止まらない。
とてもじゃないがそのままゴミ箱に捨てることなどできないので、ためしにフィルムをはがしてみた。そしたらなんか全然フハイ臭がしないのよね。というか、熟成された味噌のような、なにやらかすかなアルコール香とともに、ねっとりと誘われるようなコクの感じられる香りがする。
むしろ何か、風薫る5月の明るい陽射しがさわやかになっとうパックの中からさしこんでくるような、ほかっとした魅惑の発酵香なのであった。
なっとうよ、ああ5月のなっとうよ。よくぞここまで我が家の荒あらしい冷蔵庫消費に耐え、同僚のなっとうが次々に連れ去られ消費される中、ひそやかにつめたい冷蔵庫の奥で、愚直に発酵を続けていてくれたものだなあ。古文で言うと、くれにけり。あゝ。

愚言はさておきかき混ぜてみる。やや粘りがなくなっているようだ。もはや生なっとうというよりも骨董品、歴史モノのカテゴリーに入ってきているのだろう。豆の表面に白っぽい麹の花?のようなものがポツポツと咲いて、控え目ながら高級貴重品の風格すらある。「糀」とはよく書いたものだ。

しょうしょう腹を壊したところでどのみち老い先もたいして無いので、思いきってあつあつご飯にのせてぱくりと食べてみた。

うっ…。
うっ、ま〜い!
なんだこれは!
瞬間的に、海原雄山の顔になった私。ぬおおおっ。

なんかねぇあの、世界何大チンミって感じですなこれは。深〜いコク、失われていない豆の香り、口の中で爆発するアミノ酸(? よくしらんけど)、まろやかでほどよい塩味。地酒の蔵元で吟醸酒の酒粕をかじらせてもらった時のような、噛めば噛むほど芳醇にふくらむ発酵香…。

これはホントにチンミ。折しも、ちょっと前にフォアグラ食べたんですが、この5月なっとうに比べると、たんなるアブラレバー野郎ですなあれは。5月なっとうの圧倒的勝利。驚きの珍味、いやあうまかった。ぺろぺろ。

※私もつくろうと思ってる読者の方へ…(えっ、いない?^_^;)

ええと実は同じロットのが2個あって、片方は、フタ材のフィルムが一部やぶれていたので、豆が黒くなっていて食べられませんでした。
だから、密封型のカップ納豆とかじゃないとだめですたぶん。包装の甘いものは、雑菌が入って普通にくさると思います。はい。

コメント

初めて食した人の気分?

爆笑です。
流石に半年以上ってのはなかなかないですが、うちでも多少(1週間程度←おいおい)すぎた納豆食べることあります。
味噌と違う「菌」がついただけだから、基本的に長期保存しても「雑菌」さえ入らなければ大丈夫なんでしょうね。

半年前のモルト納豆を食したぶきゃこさん。初めて納豆を食べた人と同じくらい勇気(?)があると思いました(^。^)

思いついたこと

ぶきゃこさんのなっとう話、例え話に聞こえてしまった。

5月のなっとう(PTA)はとても食えないだろうと思っていたが、試しに食べてみるとうまかった(やったらよかったというPTAお墨付き優良感想)

ここまでで終わっていたら、ぶきゃこさんがわざわざ書こうと思うほどの話ではなかっただろう。

でも、うまいにはうまいがまた作って食おうって気にはならない(PTA然り)、それに条件によっては本当に食えない黒い納豆になる(介護中、家計が苦しくて仕事を休めないなどPTA活動が無理。楽しむどころの話ではない)みんなうまい納豆になるわけじゃない(PTA然り)
密閉タイプの納豆じゃないと(任意入会、入退会自由、押しつけなどなしのPTAじゃないと)なかなかこういううまい納豆にはなりませんよ。

どっかの誰かさんに言わせるとどこをどうしたらこういう深読みが出来るのか不可解でしょうね(-^〇^-)

おお!?何すかそれ。考えてもなかったけど、なかなかうまいじゃないですか!なんか私の馬鹿話がものすごくガンチクのある話にみえてきましたっ! そうそう、そういう含みで書いたんです。それを見抜くとは、さやさやさんすごいっ!
それにしてもモルト納豆という高級感のある名前にも感心しました。売り出せるかな? 「男の頑固モルト納豆・山崎」とか称したら売れそうな気がしてきました。いやなんとなく。

更に付け加え

ぶきゃこさんが書いていなかったことも付け加えちゃお。
納豆の製造元(文科省)は消費期限を設けて期間内に食べること(無理のない運営)を推奨していますが、どうしても5ヶ月超発酵させた納豆を食べたい方に指導監督する義務などはございません(おぉ、どっかの教育委員会で聞いた話だぞ)あくまでも個人の判断で、個人の責任の元にお楽しみください。
どうだ!

うひゃひゃ。なんか笑点みたいになってきましたねぇ。
教委みたいにタテマエのみを重んずるというか、実質的なおシゴトをやる気のない軍団もなかなか遭遇できませんよ。あっ、それはもちろんうちの市の話ですが、さやさやさんのところも大差ないというか、もっと酷い感じですねー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。