2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制とはなにか

私はいつも、「PTAは任意加入の団体なのだから、強制はいけませんよね」という原点からモノを言っているわけだが、人と話をするとき、まずこの第一歩からして共有につまずくことがある。
“人”というのはまあつまり教委とか校長とかPTA支持派の「フォース系」だったりするわけだが、「支持推進したい」という彼らの主張はさておくとしても、そもそも前提となる「強制してるよね」という認識自体に齟齬があったりするわけである。

まったくPTAを知らない人に「強制」と言うと、嫌がっているのに無理矢理「○○委員やって下さいね!」と大声で迫ったり、委員決めの場に欠席していたのに手紙で「あなた○○委員になりましたからよろしく」と一方的に通知してきたり、そういう光景を思い浮かべるらしい。NHKあさイチでも「強制」という概念を一種わかりやすく表現するために、その類いの描写が使われていたと思う。

もちろん、そういう「わかりやすい強制」は現実にあるし、それに抗弁すると「仕事は理由になりません!」などと強圧的に却下されたりすることも、ないとは言えないのだが、実際には、そこまでひどい&あからさまなのはよっぽどではないかと思う。

もっと普遍的に、PTAという団体の中でうようよころがっている「強制」「圧力」とはどのようなものか?
それは、たとえば
「旗振りは子どもたちの登下校の安全を守る重要な活動で、○十年続けられています。交通事故はもちろんのこと、登下校中の児童を狙った犯罪も年々増え続けています。地域の安全を守るため、今、保護者が担う役割は欠かせないものとなってきています。地域の方々もお忙しい合間をぬって、見守ってくださっています。皆様お仕事等あると思いますが、子どもたちの安全のため少しずつ協力し合いましょう。」
のような美辞麗句である。

この文章の中では、「活動に意味合いを持たせるため」、恣意的な意義付けが行われているが、「子どものため」をこれほどまでに看板に掲げられては、ノーを言える保護者は少ないと思う。もちろん、ノーと言いにくくさせるために書かれた文章だからそうなるのは当たり前なのだが、こういうのが強制にほかならないと私は思うわけさ。

こういうことが書かれたプリントを見て、
「それほどまでに旗振りが欠かせない活動であるなら、年間のうち4週間しか行われないのは何故か?」
「登校時だけ行われ、下校はほったらかしで良いのは何故か?」
「交通事故と児童向け犯罪の増加データは?」
「旗振りをしていても事故や犯罪が増加しているのであれば効果がないということではないか?」
「地域の方々というのはどんな方でどのくらいの頻度で何をしてくださっているのか?」
などなどと突っ込んでみなはれや。絶対にシーンとされ、いやがられる。なぜわかるかというと、やったことがあるからだ。
そしてまずまちがいなく、「やりたくないからってそんな屁理屈の質問をしてる」というふうに受け取られる。
「保護者を納得させとどこおりなく活動をやってもらう」という目的が達成されず(彼らにとっては)どうでもいいことをいちいち突っ込まれると、その文章を苦労して考えた役員側は、明らかにイラつき始める。

余談だが、第1・第2の質問のようなことを言うと、「毎日だと大変だから」と、突然「保護者都合」が出てくるのでビックリするのよ。
出勤が朝早いから彼らが決めた当番スケジュールで出られない、と言うと、「年に1回とか2回程度でも、ずらすのは難しいんですか?」と遠回しに「仕事ぐらいなんとかしろよ」と言ってくるわりには、下校時は「皆さんお仕事もあるので」と簡単にナシにされる。な、なにそれ!?
「子どものため」に、犠牲を払いたいのか、払いたくないのか、さっぱりわからない。
けどまあそれは余談だからいい。

私が言いたいのは、PTAに蔓延している「強制」というものは、なにもNHKで報道されるようなわかりやすいモノばかりではない、むしろ、「PTA万歳」を全員でうたわされるかのようなあの「根拠無き信仰」「疑問が呈せないフインキ」「やらない親はすっごいヒドイ親」「たったそれぐらい手伝えないなんてありえない親」という無言の圧力の方が、私が「強制」と表現したい部分なのであって、そしてこれはPTA母親社会のなかに身を置いたことのない文科省のおっさんやら、めんどくさいことは全部奥さんにやってもらって毎晩会合漬けになってる教育長やら、男性だからとお飾りで据えられてちやほやされてた「PTA会長経験者」には絶対にわかりっこない部分だということである。

そういう連中が、「PTAは子どものために組織された自主的な団体です」と涼しい顔して言ったり「ウチは強制はしてません!話し合いで決まってますよ」「保護者に活動の重要性を説明し、理解してもらってます」などと言うのを聞いては「はぁ、さいですか…」と力が抜ける私なのであった。

コメント

栗東市のPTAの同調圧力はとんでもなく強く、先日学校とPTA と私の三者による話し合いをしました。

学校もPTAも保護者の人権よりも学校やPTAの運営の方が大切と考えていることが分かりました。

活動を強制することについても、当たり前と考えているのに腹がたちました。

会話も了解をとり録音しているのに平気で強制や脅迫的なことが言えるのに驚きました。

義勇兵さん、こんにちは。

義勇兵さんのブログ拝見しました。
あなたのお子さんには記念品があげられないなど、脅迫的なことを言われたようですね。
なぜ、人に強制していいと考えるようになるのか?
私には、PTA役員個人が「ひどい人格」だとは思えないんですね。
そういう「仕組み」だっていうことです。

これについてはもう少し考えをまとめて、記事にしたいと思っていますがなかなか…
また、遊びにいらしてくださいね!

保護者会での出来事

こんんちは~ いつも 楽しく拝読してます
先日 クラスの保護者がありまして 事件発生!!
うちの学校 学校選択性なるものがあり 本家と外様がおります。
元々の学区内の児童(本家)と 抽選で入ってきた越境児童(外様)がいるわけです。
本来は、学区の大まかな決め方として児童の安全を確保する為に
国道を 渡らせないように決まっているんです。

保護者会の最後の時 PTAの重鎮OG(外様)が 学校への要望
として その方のお住まいの団地の隣りの小学校が 本来の
学区なんですが 国道を渡り越境してきているわけです。
発言内容は 子供の安全確保の為に 国道を渡る時に
緑のおじさん? なるものを常時配備して欲しいとのこと。
学校が 無理ならば 
学校からPTAに依頼して 児童の安全を確保するようにして欲しい
とのこと。
本人が 直接PTAに依頼したらしいんですが
納得できる返事がもらえなかった為 この場での発言らしい。
今期のPTA本部は 本家役員が大多数。

子供の安全うんぬん言うなら 隣りの小学校に通えばいいじゃん?
わざわざ 人気校だからと 国道渡らせて通わせてるのは
親のあなたの責任でしょ と 本家は 思ってるわけですww

本家代表の保護者の方と 外様代表の保護者でしばし、くだらない
意見を 言い合ってました。

みどりのおじいちゃんが 安全を確保できると
思ってるところから 間違ってるんじゃないの?と思うのは
私だけですかね?

くだらないお話 失礼しました~




ドンキホーテさん、こんにちは!

と、外様…!吹き出しました。
どっかで聞いた言葉だなぁ〜と思って記憶を探ってみたら、高校の時。
その高校出身じゃない教師のことを、「外様」って言ってましたw
異様に愛校心の強いところで…一体なんだったんだろうかウーム。

脱線しちゃいましたが、緑のおじさんの件…
本当にそのOGさんが、国道に緑のおじさんが必要だと思うのなら、市町村教委に対してどんどん陳情はしていただいてかまわないと思うのですよね。陳情するのは自由ですから。
そこが危ないから国道わたらないですむ学区設定にしてるんでしょ…と多少ヒキますけど、まあ越境を自治体が許可しているんならしかたない。
でもねー、学校からPTAに依頼してやらせろって何ですかね?
PTA、無料便利屋じゃないんだけど。

にしても、正直、ちょっとわがまますぎますかねー。
越境するなら不便や危険はある程度覚悟しないといけないのではないかな…
越境はしたい、国道は危ない、だったら、まずは引っ越しを検討したらいいのではないでしょうかね。住居選定も越境の選択も自由意志でやってることですし。

みどりのおじいちゃんにしろ、保護者のパトロールにしろ、警察まがいの能力と権力があると本気で信じてる人、いますからね…もう、話噛み合わないのわかってるんで、いちいち突っ込みませんけど。
うちの小学校PTA会長、パトロールのときに着用する緑の蛍光色ベストのことを、「防犯チョッキ」と呼んでるんですよ。
しゃれにしてもキツイでしょ…と私は思ってます。

防犯チョッキwww うちもあります

こんばんは~
うちのPTAでも 防犯目的で PTA会員は学校に来校するときは
周辺の防犯目的で必ず黄色いベスト着用という決め事らしいんですが 着て来校してる保護者見たことないです・・・
あ・・・PTA本部役員はさすがに 着てるみたい。
PTA会員全員分のベストを 何十万もお金をかけて
誰も 着てくれないwww あほすぎ
うちは 非会員なので 堂々と私服で 学校行ってます。

防犯・・・

こんにちは。
防犯チョッキ(苦笑)
うちはチョッキではなく「腕章」があります。入学するとPTAからもれなく全員にプレゼント♪(自動入会の違法PTAですからね~)
数年前から「ネームストラップ」もおまけについてくるようになりました。

チョッキも腕章もネームストラップも、防犯対策を目的のひとつとしていますが、防犯効果があるのか私には疑問です。

ぶきゃこさん、過去に保護者用名札(ネームストラップ)のことを記事にされていましたね。
うちは学校側も『来校する際は着用を』と毎回お便りに載せてきますが、ネームストラップをしていれば見かけない顔でも「保護者だな。よし」と判断するのか?!とツッコみたいです。
また、『配布された紙以外は使うな』となっているんですが、その紙を使ってるかどうかなんていちいち見ません。人の胸元をジロジロ見るほうが怪しいって(-。-;
違う紙を使っている人がいたら、「あれ?そのお名前が書いてある紙、指定のじゃないですね。あなた誰ですか?」と聞くのかしら・・・。
本部であれこれ防犯対策を考え時間やお金をかけていますが、私にはなんだか現実的ではないな・・・と思ってしまうのです。

チョッキだろうが腕章だろうがネームストラップだろうが、ただの保護者の目印程度にしかならないと私は思っています。
私みたいにお手伝いなどでしょっちゅう学校に行ってて、教職員も子どもたちもその人のことを知っている場合はそんなもの不要ですが、年に数回しか行かない人の場合、保護者である目印になるかもしれません。

ですが結局、そんなもの付けていようがいまいが、「こんにちは~」と挨拶をすることが大切で、防犯になるんじゃないかなぁ、と。
教職員は校内に見かけない顔がいたら「こんにちは。今日は何のご用でしょうか?」って声をかける。それらを付けているから保護者だ、と判断してしまうのはキケンだな~と思います。(していないと思いますが)

ところで、チョッキや腕章。一般人が付けても何の権力もありませんが、犯罪の抑止力になるんでしょうか?あと自転車のかごに付ける「防犯プレート」なるもの(任意)も。どうなんでしょう・・・。


ウッソー! ドンキホーテさんのところ、会員全員分あるんですか?
入学の時に配るとか? 超ムダ…^_^;
PTAの怖さは、やはり「シロートが何百人規模の団体運営する」というところで、尋常じゃないだろ?というような決定が普通になされちゃうところですよね。
変にお金持たすもんじゃないですよ一般人に…

みるくふらわーさんのところは腕章なのですね。
ネームストラップもね、オリジナルの形や素材にして、個数管理して、何番は誰に支給中とか紐付けして、紛失したら申請するとか、そしてそれを付けてない人は絶対に入校を断るとか、そこまでしたら意味あると思いますよ。
でもそんなきちっとした管理できるわけもないし、そもそもがPTAにそんな「入校断る」権限なんかあるはずないんだから、たとえ名札が無かったところで何にも言えるわけないんです。
名札がなくて、見かけない顔で、見るからに怪しい身なりで、挨拶もせずに授業参観に男がぬーっと入ってきたら、PTA役員が誰何するか? 不審な動きしたら取り押さえるか? やるわけないです。
自転車のパトロールカードもそうなんですが…
まあ、やるのはいいんですよ。趣味や「念のため」の範囲で。
警察官が安全教室などで「地域全員で見張っているという雰囲気を醸し出すことが防犯に大切」とか何とか言ったことがこの活動の根拠になってるみたいなんですけどね、それならそれで「じゃあ、やろうか〜」というのはいいんです。
でも、人に着用を強制したり、パトロールに参加しない人を「防犯は重要な活動なのに!」と鼻息あらげて非難するほどのもんじゃないでしょ? と、「やってることの“程度”がわかってないで暴走する」ことに呆れるんですよねー。
みるくふらわーさんの仰る通り、まさに「目印」程度のもんなんですよ。

ちなみに先ほどの警察官の話ですが、そんなこと言う警察官はいても、「自転車にパトロールカードを付けている地域と付けていない地域の犯罪率に有意差があるか」というような調査はいっさいしませんよね。交通安全協会とか、それこそ日Pとか、ひまそうな天下りの人がいっぱいいそうなんだからやったらいいのに…と思うんですが。
だって、あんなカード付けるくらいで犯罪率が1%でも減るんなら、これは画期的だと思いませんか? 税金投入して是非取り組まなきゃいけませんよ!本当に抑止効果あるんなら、PTAの任意活動なんかにまかせといていい話じゃないです。

私自身、今まで武道をしてきていますが、いかに防犯や護身が難しいことか。

まして、高齢者や女性とか関係なく、危険を伴うことに、どうやって取り組んでいき、また万が一の時どうするのかについて不安を感じずにはいられません。

義勇兵さん、お名前だけじゃなく本当に武道家でいらっしゃるのですね!
そうなんです。パトロールと称してみたところで、ほとんど女性。中には乳幼児連れの人もいます。
パトロール、という行為をなめてるんじゃないかとしか思えません。
明らかに不審な人見かけたからといって、何ができるのでしょうか?
凶器でも持っていれば別ですけど、ただ独り言をいいながらウロウロしたり、屋外で寝泊まりされているような身なりだったとしても、それを理由に通報したら人権問題でしょう。

そんなムダなことするより、「子ども110番の家」のステッカーをどうしてPTA会員全員で自宅に貼らないのだろう?と不思議なんですよね。まあ全員は無理としても募集かけるぐらいあってもよさそうなのに、毎年毎年、お店や有志の方など(いずれもPTA非会員)にお願いにいくのがPTA会員の仕事になってるんですよね。

倫理的義務

倫理的義務と考える方のブログ、おもしろかったです。
http://blog.livedoor.jp/reijiyamanaka/lite/archives/52065685.html

ぴーなっつさん、ご紹介ありがとうございます!
前半は、なるほどと思いつつ読みましたが、後半はなんだかめちゃくちゃですね…
倫理的義務とは、誰がどのような根拠で以て主張可能なものなのか?
「倫理的義務」を主張して、違法行為(任意性を隠ぺいすること)を正当化しても良いのか?
活動を義務視して非会員を「ただのり」呼ばわりする勢力は、非会員が加入さえすれば、活動をしなくても本当に文句はないのか?
「加入は義務だけど活動は無理しない範囲で」というのは、これまで長年どこのPTAでも建前では掲げ続けてきたことではないの? それでも結局は、「加入は義務」視している限り、壮絶な役の押しつけ合いはなくなりませんよね? なくならないからくじびきやポイント制が発案されているのでは?
ソフトランディングに何十年も失敗してきて、結局は「強制」にたよって済ませてきてるんですよ。それだけでもボランティア団体としてはかなり恥ずべきことのように思います。倫理を語れる団体じゃない。

自分の理想を「倫理」として、法的根拠もなく全員に強制できると考える人がいるなんて、こんな恐ろしい世の中はないですね。

頭の中や個人ブログで、多種多様な価値観を述べられるのは、自由だと思うのですが、

強制倫理や非加入非協力に対する批判が、広報、総会資料、活動報告(不定期な謎の手紙)に記されているのは、教育的じゃないですね…
私が先生してたら、かなーり気分悪いですけど。

現職の方々の本音を「あさイチ」あたりで覆面トークして欲しいなぁ…です。

ぴーなっつさん、おっしゃるとおりです!
うちの小学校PTA、私がしつこく言ったら会員満足度アンケートをとったのですが、そのあとのPTA便りで「PTA活動に理解のない人が批判的であることがわかりました。」とか書かれてましたよ^_^;
その「批判的な会員」からも金取って作ってる広報なのに、そんなこと書くんだぁ〜子どもの目にも触れるものなのにみっともなさすぎです。
「保護者」は職業じゃないからプロ意識もないんでしょうけど、やっぱり教育の場で活動してるってことは忘れないで欲しいものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。