2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばちゃんは左に曲がるな

本日だけは、暴論を主張させていただく。
お前のは年がら年中暴論じゃねぇ〜かなどという野次は厳につつしんでくださいっ、そこのアナタ。
きょうは真剣に言いたいのだ、
「おばちゃんは車に乗ったら、絶対に左に曲がるな!」
と。

先日、車に乗ってなにげに交差点で信号待ちしていたら、交差方向から走ってきて左折した小型車が、横断歩道上でガシャーンと子どもを自転車ごとはねたではないか。
倒れる自転車と、車のフロント部分に巻き込まれひっくり返る、半ズボンの子どもの足が見えた。

ギャーーーーーッ!

私のまばたきは止まり、全身の血が逆流し一瞬で手が冷たくなった。車を寄せて救助に行きたいが、T字交差路で直進レーンにいるため、進行先が事故現場化している状態では身動きが取れない。とりあえず通行車のうち停止した1台から男性が降りて向かっているのが見えたので、私は先に通報をし、やっと空いた路上スペースに車を寄せて対応に当たった。

救急車で運ばれたお子さんのお母さんから後日丁寧なお礼の電話をいただいた。「幸いにも軽傷ですみまして…」と仰っていたので、(腕は折れていたのではないかと思うが)後遺症等はないか、あっても極小ですみそうで、とりあえずホッとした。
それにしても交通事故は本当に恐ろしく、直視してしまうと絶対に長期間トラウマになってしまう…

本当に首をかしげてしまうのだが、現場は広く、立ち木や看板などもなくてめちゃめちゃ見通しの良いところなのである。夕暮れの危険時間帯とはいえ、交差点にはいるだいぶ前から自転車の存在は絶対に見えていたはずであり、なにをどうやったら左を巻き込まなきゃいけないのかさっぱりわからない。
そして、あんのじょう、運転者はおばちゃんである。

実は、しばらく前に、うちの子もはねられている。
場所は違うが、これまたおばちゃんの小型車に青信号で左巻き込みされた。
うちの子は側頭部をボンネットに強打し、治療も長くかかって大変だった。
これも思い出しただけで腹が立つ。
しかも提出求めたら、去年切れてる自賠責を出して来やがった!
世間なめとんのかーーー!
(有効自賠責は、家にしまってあったというバカタレなオチ)
二度と運転すんなーっ!

うちの子がはねられたのも、やっぱりありえないくらい見通しの良い交差点だった。
おばちゃんというものは、目はどこについてるんですかっ!?
お前もおばちゃんではないかという指摘はこの際禁止!
それはそれ、これはこれ!
私だって絶対に事故を起こさないとは言えないが、それにしてもあれだけ見える現場で、何をどうやったら自転車をひくのよ!?

もう、おばちゃんは右折のみ可とする!
左に行きたくともダメッ!
右折5回ぐらいすれば目的地に行けるでしょうが!それで行きなさいッ!
私は大まじである!

コメント

いやはや、にたよなパターンで、左折トラックに巻き込まれて亡くなった子が出ましたよ…数年前。
読んでいて胆が冷えました。
その方のお子さんも、ぶきゃこさんのお子さんも、命だけはご無事でよかったです。
お二人とも後遺症、出ませんように。

痛ましいですね…
今回はたまたまおばちゃんに頭に来たのでこの記事になりましたが、どっちかと言えば深刻なのはトラックやダンプなどの大型車巻き込みなんですよね。もちろん、まともにくらえばほぼ即死ですから、悲惨度は比べ物になりません。おばちゃんはありえないシチュエーションで人をひきますけど、曲がり角であればスピードは落としてるので死亡事故は大型車よりは少ないはずです。
大型車通行規制が、少なすぎるんですよね。
うちの近くの幹線道路も以前は渋滞がひどくて、生活道路に入り込んでくるダンプがあとを絶たず…狭い交差点にはいってきておばあちゃんが右折巻き込みされて亡くなられたこともありました。最近は幹線道路の構造が改められて渋滞原因が解消され、子乗せ自転車の横をダンプがすりぬけて走って行く、なんて光景はあまり見られなくなりましたが…

生協や宅配便などの、看板背負ったサービス業はさすがに運転マナーは良いですが、ナンバーも泥で汚れてるようなどこから来たのかわからないダンプなんかは、やっぱり態度も横暴な傾向があるように思います。子どもたちにも、「ダンプやトラックからはあんたたちは見えてないと思え。近づくな」と言っています。

それにしても、青信号で横断歩道わたってるのにはねられちゃうんじゃ、子どもにも指導のしようがないです…いつも漫然と「気をつけるんだよ」と言っていますが、どう気をつけたらいいんだよ!って話ですよね。祈りとかおまじないに近い言葉ですね。

今までの経験上、子どものお葬式ほど痛ましいものはないです…
子どもって、青信号で車が止まってくれる、と純粋に信じているところがありますよね(汗)。決してそうではないのですが…ひとつの手としては、青信号で横断歩道を渡るときに、車の運転者の“目を見る”ことだそうです。
「気を付けて」に関しては、我が子が「何に気をつければいいの!」って切れてたことがありましたっけ。わはは。でも、いわずにいられませんよね。

なるほど「目を見る」ですか!確かに効果があるかもしれませんね。
いいことを教えていただき、ありがとうございました^o^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。