2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お詫び状の感想を述べてみる②

さて、昨年度までの「非会員の取り扱い」について、PTA会長はこう述べている。

>当時は、保護者全員から副教材費等とともにPTA会費を学校に納入(口座振替)していただき、PTAが学校から受領し、さらにPTA非加入者には会費相当額を返金する方法でした。

つまり、「生徒名簿」は学校からPTAに渡されるものの、PTAからは「PTA非加入者がいるかどうか」は学校に知らされず、生徒全員分のPTA会費が学校からPTAに渡される。
振替日の2ヶ月以上も前に、非加入の事実がはっきり通知されているにも関わらず、その人からもPTA会費を引き落とす。そしてあろうことかPTAに渡される。「非加入者がいるんならあんたたちが返せば。」ということであろうか。根拠も同意もない引き落としをしたのは学校であるのに、収納責任も返還責任も知ったこっちゃ無い。まことにとんでもない話である。もっとひどいことに、そのような扱いをされることを、当の非加入者本人に対しては一切説明がない。もう、どの時点においても犯罪的ではないかと思うのだが、いかがだろうか。

この説明にのっとれば、「返還をしなかった」のはPTAであり、学校はそもそも返還責任を負わない流れであったとも言える。
その業務フロー自体がむちゃくちゃであるが、まあむちゃくちゃである点はさておきそういうフローだったとすると、PTA会長個人を徹底的にタタくだけの話である。

ところがいっぽう、校長からの手紙にはこう書いてあるのだ。

> 当時は、保護者全員から副教材費等とともにPTA会費を学校に納入(口座振替)していただき、学校からPTAへ渡し、非加入者には会費相当額を返金する方法でした。

PTA会長の説明に引き比べて「さらに」が脱落したことで、時系列表記なのか同時併記なのかが不明になり、「学校からPTAへ渡す」のが会員分なのか、全保護者分なのかが曖昧にされている。
また、「非加入者に返金する」の主語もない。
これでは、説明とは言えないように思うのだが、どうだろう。

まぁ、もうどうだっていい。
もともと、そんな「返金方法」など、なかったのは明白なのだ。
そんなルールが確立されていたら、私が何ヵ月も前に「どのように返金されるのか?」と質問した時点で1秒で回答は済んでいたはずである。
くだらない、後付けの言い訳であることは火を見るより明らかだ。
百万歩ゆずってそんな返金ルールがあったにしても、当の非会員にまったく事前の説明がなされなければ泥棒と同じであろう。
「ちょっと借りました」などとほざくコソ泥と同じレベルで、「後で返すつもりだった」と言い訳を重ねても見苦しいだけである。

机の下で都合の悪い事をぬりかくし、言い訳を重ねながら「襟を正し」もないもんだ。
反抗期の中学生だって、もうちょっと潔いぞ。
以前あるローカル掲示板で、名もない人から「夜はドロボウ昼はおまわりさん」という爆笑名言がPTAに寄せられたが、昼も夜もドロボウになっちゃっちゃ身もふたもなかろう。せめて昼ぐらいは、まじめにパトロールのふりでもしていてもらいたいものである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。