2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽な手伝いもやりづらい…?

しばらく前の話になるが、小学校でマラソン大会があり、その保護者手伝い募集のプリントが配布されてきた。発信者は校長で、PTAは関係ない。
土曜で仕事が休みの日だったし、別に大した手伝いでもないようだったので、OKの返信をした。どちらにしても子どもがマラソンをがんばる姿は見に行くのだし、運営を多少手伝ってもどうということはない。

と思って行ったのだが驚くことに、手伝いを申し出る保護者が少ないらしいのである。
私だって大した役には立っちゃいないが、ちょこっと手伝い子どもも大声で応援して、楽しんで帰ってきた。それでも、あんな手伝いなんて、辞退するほど申し出が集まったって不思議じゃないのに…と首をひねった。

友だちや近所の人、知り合いなどに助けを求められたら、もしそれが大した負担でなければ、人間気軽に援助は申し出られるものではないだろうか。
そんなことでいちいち「これは強制ですか?」「義務ですか?」などと聞いて「強制じゃないんだったらやんない」とか、そんな話になるわけがない。

しかしどうも、学校から「保護者の方○○お願いできませんか?」と言われると、それが義務的なものであると捉え、クジやジャンケンで負けたりしない限り労力の提供などしてやるものか、そんなことをするのは損でしかない、という空気があるように思える。

こう言うと言いがかりかもしれないが、それってPTAの運営方法に原因を発していたりしないだろうか?
PTAと学校は別物であるが、PTAの強制的な一人一役などの運営によって、保護者が「学校のことで何か手伝う」ことになにかアレルギーになってしまっているような気がしてしまう。PTAと学校の違いを明確にわかっている保護者も意外と少ないかもしれないし。

まあ、それもこれも、学校側の要求がもともと無茶であればもちろん話は別だが、大したことでもないのにすぐにしり込みする状況を見ていると、何か異常だなと思わざるを得ないのであった。

PTAが「学校モドキ団体」の皮をかぶって活動するのも、良い活動であればまだましなのだが、このように保護者の自主性の芽をかたっぱしから摘み取って本来の教育活動もやりにくくなるようなことがあれば、本当に困るなと思ったことであった。

コメント

同感です

普段PTAからあまりに理不尽に役務を強制されているので、余計なこと逆に関わったらさらに何か強制されるかも、という疑心暗鬼になっているのでしょうね。
学校や地域と親との関係はもっとおおらかであるべきだと思うのですが...

Poisonous_Radioさん、コメントありがとうございます!

>余計なこと逆に関わったらさらに何か強制されるかも

はい、まさに仰る通りの心理なのではないかなと、私も推測しております!
保護者会で意見を言う、手伝い募集にさっと手を上げる、保護者活動を何かプランニングする…そのようなことをうっかりやったら、「推薦用紙」に名前を書かれるのではないかという恐れが、保護者会のパイプ椅子でも後ろに、より後ろに…座らせているのではないかと。

私は「強制」に頭突きを食らわせて集団から抜けたので、任意の手伝いに対してはフリーでオープンに考えられますが、団体の会員の皆様は団体のシバリにおびえているかのようです。個人個人はみな固有の考えを持ち、隣人・友人に対しても親切な方が多いのに。
人に強制の網を掛けるということは、いろんな意味でその人の個性やモチベーションを押し殺してしまうものだと残念に思います。

お久しぶりです

久しぶりのコメントで失礼します。
コメントは久しぶりですが、日課のように(笑)覗きにきてました^^

聞いてください!
自校PTA発行のプリントに「PTAは任意団体である」という一文がありました!
ようやく「任意」だということをPTAから明言してくれました。
プリントは年度始めなので何枚もありましたが、それぞれの内容によって“会員各位”と“保護者各位”が分けられていたことも、任意だということを意識しているものと思います。
本当にこれは大きな一歩だと思います。

その一方、「入退会自由である」ことに触れていないことが残念でした。
任意と明言した時点で、それぞれに入会や退会を決められるのね、と分かる人には分かるのかもしれませんが、PTAは保護者の義務と信じている(騙されている)人や知識のない人が読んだら、「でもやっぱり皆でやらなきゃいけないでしょ」と思うだろうし、興味のない人は任意の意味すら考えないでしょう。
また、波風立てずに・・・という人が多数ですから、やめたいと思っていても言えない人もいるでしょう。
そして、相変わらず委員の決め方に強制的な部分があることも変わっていません。

ですが、「任意団体である」ことの明言、長い自校PTAの歴史のなかでは大きな一歩だと思います。

まだまだ賛同できる内容ではありませんが、少しずつ進んでいるのだと思います。退会しようと思っていましたが、もう少し影から様子をうかがおうと思います(笑)
でも、もし委員決めを強制的に押し付けるような事があれば、黙っていられないですが・・・。人権問題ですからね。

お手伝いの話、私も同感です。
積極的にお手伝いや発言をすると、役員候補にされてしまうかも・・・という心理はたくさんの人にあると感じます。
>本来の教育活動もやりにくくなるようなことがあれば、本当に困る
ホントですよね。
本来の教育活動のお手伝いに参加しづらくさせているPTA・・・。本末転倒ですね。

みるくふらわーさん、おひさしぶりです!お元気そうで何よりです^o^
>自校PTA発行のプリントに「PTAは任意団体である」という一文がありました!
おっ! どうしちゃったんでしょうか今年は。
やはり、マスコミの力などもあり、世論は敏感に感じているということなのでしょうかね。

>“会員各位”と“保護者各位”が分けられていた
あっ、このマイナーチェンジは、うちの小学校PTAでも始まりました。手伝いを募集する紙には、「PTA会員・保護者各位」って書かれてましたよ。

>その一方、「入退会自由である」ことに触れていない
>相変わらず委員の決め方に強制的な部分がある

うん、まぁ、いきなり何もかもは難しいかも知れませんね…。
なかなかの混乱が起きるし、誰かが責任者になってコンサバの矢面に立たなければいけませんから、相当大変だと思うのです。札苗小の会長のような方が、どこのPTAにもいらっしゃるわけではないですから…。
それでも、一歩を踏み出してくれたのですから勇気あるPTAだと思います。
来年、再来年も見守って行かないとどうなるかわかりませんね。みるくふらわーさんだけじゃなく、影で何人もの良識ある保護者がたぶん動向を見ていると思いますよ。
コメントありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。