2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ北海道

札幌にシングルのPTA会長がいて、改革に取り組んでいるとのことでブログを興味深く見ている。
誠実な人柄が分かるので私は応援しているのだが、このブログで何日か前に、謝罪をしろとしつこくからんでいる人がいた。
何の謝罪かというと、「うちのPTAは任意加入です」という彼の表現に反発し、「任意加入なのは最初からだ。今から任意になったようにごまかすのではなく、今まで隠して騙していたことを、組織の長として謝罪しろ」ということであった。

どうも、私にはこの主張がピンと来ない。
だって、任意を明言してなかったのは以前の会長でしょ?いや、会長というか…そのころPTA内部で任意を明言するなんて話が議題にのぼったことがあったのか?保護者の誰かが、「おかしいから任意を明言せよ」と意見を出したことがあったのか?教委や学校が「PTAとして活動するならちゃんと任意を明言しようね」と指導したのか?
そういった動きがあって、前の会長が「いやです絶対にやりません」と1人強硬にウソをつき続け保護者に詐欺まがいのことをしていたのであれば、「あいつが悪かった」という話にもなろう。(ただそうであっても、それを改めた現会長が“組織として”謝罪しなければならないというふうにはまるで思えないが)

私は、以前の会長が誰なのか知らないが、それはそれでその人なりに一生懸命やったんじゃないかなと思う。
無知だったかもしれないが、「自動加入はおかしいことです」という啓発がその人に与えられたかどうかは分からない。消費者契約法も何も知らなくて、ただ人が好くて「私に出来ることがあれば」とニコニコと会長になっただけの人かもしれない。
考えてみたこともなく、その他の事業にいっしょうけんめい注力していただけかもしれない。
会長としては縛りを少なくしようと思ったけど、周囲の反対に遭って断念したのかもしれない。
そんなこと誰にもいまさらわからない。
ただ、私がこのブログで言っている通り、元凶はむしろ「フォース」する側=教委や学校、PTA大好き強力推進保護者である可能性のほうが高く、かつがれ会長がどのような思いで「お子さんを入学させたのだからPTA会員になりました」という手紙を配っていたのかは、もはや今さらどうこう詮索しても仕方がないと思う。

いま現在、「任意なんだから正せ」と言われても屁理屈こねて自動加入を正当化する会長がいれば悪質か無知か気が弱くて無理かのどれかだと思うが、PTAなんていう、トップに立っても大変なばかりで給料もらうわけでも何でもない団体の代表に、「まちがったことしてたんだからお前が全部責任とれや!」みたいに詰め寄る気には、私はなれない。
ただすチャンスは、一般会員のほうにだっていくらでもあったわけであるし。

それでも、「当時の会長出てこい!お前ウソついてただろ!」と言うなら、まだわかる。
しかし、会長引き受けて、「ここがおかしいな。よし直そう」と改革に着手している人に、「だったら誤りをみとめたってことだな!それなら以前やってたことを謝れ!」というのは何なんだろうな〜と思う。

大会社の社長のように、巨大な権力と地位を前任者からひきついだりしてるんなら、組織としての引責はお前がやれというのも正論かもしれないけど、PTA会長みたいに、持ち出しばっかり苦労ばっかりの無給の世話役さんに、組織の長として前任者の責任とれとか何いってんのアンタ? ったくどこまで「お客様」なんだか…保護者組織だろーが!(あっ先生も入ってるけどね)そんなこと言うなら会員も全員「あのときは役員ムリヤリ押しつけてごめんね」って菓子折り贈り合ったり、「入退会規定の提案をいままで誰一人しなくてすみませんでした」と大挙して会長に謝りに行けばいいのにと思う。

ただし、からんでいたその人は、どうやら彼の小学校の保護者ですらないようだ。もう何をかいわんやである。

むしろ、こんなくだらない争いなんてどれだけ教委にオイシイかと思う。
こんなふうに、「いままで間違ってました」と言う人が感情に任せて吊るし上げられるようになったら、人間、はやりの東大話法じゃないけど「信念じゃなく、立場でモノ言う」ようになってしまう。立場上、いままでの方針を否定するようなことはできなくなってしまうのだ。「違ってました」と言おうものなら「だったら今まではなんだったんだよ!」と責められるんであれば、誰も好き好んで本当のことなど口にしない。「いままで間違ってました」と言うことだけでも、いままでやってきてくれた人たちの立場を無くしかねない発言なのだから、地元で生きる人間としては勇気が要るのである。そんなこともわからないで言いたい放題机上の空論をぶっ放して偉そうにしている人がいるというのは残念なものである。PTAが好きにしろ嫌いにしろ、賛成にしろ反対にしろ、最低限「人の状況を思いやる」ということは忘れないようにしたいものである。

なんというか、「会長である以上組織のことは全部責任とって当たり前!笑」のようなことを言い放って得意になっている人と、「保護者だったら一人一役やるのは当たり前でしょ!嫌なら子ども産まなきゃいい!」と言い放つ人との違い(論点の違いではなく、人間のあり方の違い)が、あまりよくわからない私であった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。