2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ところで最後に私どもからのお願いなんですが…」

たぶん5〜6年前からの話ではないかと思うのだが、4月の保護者会などで担任や校長から保護者に対して、タイトルのような前置きで釘を刺されるようになったことがある。
それは、「子供さんの前で教師の悪口を言わないで欲しい」という旨である。

曰く、あなたがたから見て私たち(教師)や学校の方針というものは、気に入らないこともあるかもしれない。私たちも完全な人間ではないので、欠点もある。しかし、それに対する不満や批判を子供の前で漏らすことは、子供と私たちの信頼関係を崩すことになる。教育に支障が出る。私たちは尊敬され、信頼される必要がある。よって、そのようなことを言うのはやめてもらいたい。

一見、もっともらしい話ではあるが、これほど他人や社会、子供をナメた話はないのではないかと思う。
子供の教育の最たる責任者は親である。信頼されなければ教育が成り立たないのは親も同じだ。しかし「子供に私の悪口を言わないでください」と近所や親戚に頼んで回る親がいるだろうか。そんな口止めして回っていることがわかれば子供に呆れられ笑われるのではないだろうか。ろくな教育できていない私が言うのもなんだが、教育など人間の裸の姿そのままでぶつかるしかないものだろう。
いろいろな考え方をする人がいるのが社会である。いかなる生き方をしたって批判されるときはされるのが人間だ。親と教師で視点も立場も違うのも当然。親に批判されたからとたちまち子供の信頼が揺らぐような教育であれば、それはそれまでの質だったというべきではないだろうか。
親の考え方を知り、教師の考え方を知る。学校や学校以外の社会について、成り立ちやそこに流れる思想や相互の関係を知っていく。自分の環境を知り、そこから自分の頭で判断し考える練習をしていく。それこそが子供が教育を受ける権利であるし、「学校と家庭の連携」というなら、そういう多様性の中で子どもが守られ、育てられていくことを保証すべきだろう。

私の目から見て、今の学校教育や体制にはいろんなウソやごまかしがぬりこめられている。ウソだから全部悪だというつもりもないが、ウソはウソだ。なんで私までその茶番劇の片棒をかつがなければならないのかさっぱりわからない。おかしいと思えばおかしいと言うだけの話である。何も、だからといって学校つぶれろとか、教師やめろとかいう話でもない。なぜ私たち親が、学校にとって都合のいい考え方に合わせ、態度を揃えなければならないのかわからない。

子供が学校に対する信頼を失って困るのは、学校よりもむしろ親である。こちらは一生の責任を負っていくのだ。だから、必要以上に教師をこきおろし悪口を吹き込む親などそうそういるものではないだろう。そんなことするのはただのバカである。そんなことすらわからず、みっともなく「悪口言わないでくださいね」と頼んでくる校長や教師にはウンザリだ。なぜか最近、学年はじめや入学時に必ずといっていいほどそういうバカなフレーズが聞かれるようになったのは、教委の指導なのであろうか? 本当に下らないことである。

コメント

「私たちは尊敬され、信頼される必要がある。」
ふざけてますよね。
仮に尊敬され、信頼されるための必死の努力をしていたとしても、口に出していい言葉じゃないと思う。
子供の頃から初等教育の教員が好きになれないんだけど、やはり彼らの職業的メンタリティーには疑問を感じますね。
大学生時代、身近にいた教員養成課程の学生も、悪い意味で純粋だったのを思い出しました。

デムパさん、コメントありがとうございます!

> 仮に尊敬され、信頼されるための必死の努力をしていたとしても、口に出していい言葉じゃない

はい、私も、そのようなことを言うのはきわめてダサイと思います。子供からであれ親からであれ「評価」というものは他人の領域であり、当人がコントロールして有利な状況を作ろうとする卑しさに気づいて欲しいものです。

そうだ!私も「先生、ウチの子がやる気を無くしてしまいますので、“もうすこし”は絶対つけないでくださいね!」って頼んでみようかな。

同感です

ぶきゃこさんの記事、同感です。
私は接客業をしていますが、私の接客態度に批判や悪口が出るのは当然だと思って仕事をしてます。
もちろん、お客様に気持ち良くお帰りいただこう!、と心がけておりますが、人によって受け止め方が違うのは当然だからです。

教育に携わる方々も、給料をもらい働いていますよね。
私は、教員は崇高な職業ではなく、自己研鑽が必要なサラリーマンとさほど変わらない、と考えています。
教員だからといって、「尊敬されるべき」思考は時代遅れも甚だしい。

「批判、悪口、が出るのは当然だ。そのとき、どう対処すれば良いのか…。」
を常に考えおくのが、正しい仕事人の姿ではないのでしょうか。

教員の指導者の姿勢も、疑ってしまいます。

たぁさん、お久しぶりです! 
私の話したいことが伝わっているようで、嬉しく思います。

>私は、教員は崇高な職業ではなく、自己研鑽が必要なサラリーマンとさほど変わらない、と考えています。

私も、そう思っています! 教員免許取ったからっていきなり偉くなるわけでもなく、子供・親・先輩教師などにもまれながらプロになっていくものでしょう。それでも、何年たっても無能なままの人間が一定割合いるのもサラリーマンと同じ。そんなこと、子供は感じてるし見抜いてますよ。「子どもが自分の言うこと聞かないのは、親が悪く言ってるからだ」などと考える教師がいたら、「だからアンタはしょうもないのよ」と言ってやりたいくらいです。
教育は人と人との勝負じゃあ!根回し小細工スンナぼけぇ!って感じです。
コメントありがとうございました。

子供は何を信じるか?

親、教師、政治、報道、その他色々。
最近の子供って、何を信じるんでしょうね?
例えば、問題が発生して度々報道されている学校の児童生徒。
私は日進月歩で信じるものが昔と違っても問題ないと思うのですが。
PTA については具体的に報道され問題視が大衆化されてきましたし…↓
http://www.houkon.jp/member/nomination.html

へーっ、こんなサイトがあったのですね。
「ここが変だよPTA」のコメントが載っているということは、ランキングに入っているということなんでしょうか。へーっ。moepapaさんのところでアップされていたのを見ましたが、こんなにメジャーになっているとは知りませんでした。
だって、普通に変ですもんPTA。
さてと〜私も寝る前に記事更新できるかな〜っと。
(挫折して寝ちゃいそう…)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。