FC2ブログ

2018-02

学校と個人情報問題

ごぶさたしておりましてスミマセン。
このブログをはじめたころからは比較にならないほどツイッターでPTAの話題がもりあがっていて、よく「学校の個人情報漏えい」が問題にされています。
もちろん、児童生徒の名簿などを学校がそのまんまPTAに渡してしまうことは問題です。なかには、住所電話番号までセットで流しているとんでもない学校もまだあるようで。

ただ、あまりにも告発ぶりが行き過ぎかな…? と感じることもあるので、今日はそれをちょっと書き留めておきます(もちろん個人の感想)。

学校が個人情報をPTAに横流しすることの問題点は、自動加入を可能にして「PTA活動は公で規定された学校保護者の義務」と思わせる作用(印象効果)を持つこと、この点ひとつだと私は思っているんですね。
そういう意味では、「諸悪の根源」ともいえるし、それさえやめさせればPTAは入会の意思確認をせざるを得なくなるという意味で、「徹底的に攻めても良いポイント」かもしれません。

しかしながら、こんなこと言うと色んな方面からひどく怒られそうではあるのですが…。

例えば役所や警察なんかが興味本位の赤の他人に個人情報教えちゃったりなんかはもちろん論外ではあるのだけれど、学校の先生が児童生徒の保護者に「同じクラスにだれがいるか」を教えてしまうことが「犯罪行為にもひとしい」というのは言い過ぎかなとおもうんです。
個人情報うんぬんは大人の世界の規定の話で、こどもの世界というのはまた全然ちがうふうにひろがっていて。
大人が好む好まざるにかかわらず、こどもは仲間を求めるものだし、地域の中でこどもが顔を通せるといったらいいのかな、大人で言ったら「人脈」がつくれるようにあるていど親が耕しといてやる、というのも必要なことだと思っています。
だから、私という個人にとってはぶっちゃけあまり好もしくないなぁというお友だちでも御家庭でも、こどもにとって世界が広がるものならできるだけシャットアウトはしないように気をつけています。
結果的に、家の住所や電話番号が相手方に知られてなにか被害になったとしても、それは残念ではあるけど「教えないでつきあいを断てば良かった」と思うかというとそれは思わない。反発をまねくような言い方ではあるのだけど、こどもが家庭にいる以上、個人情報の厳重管理なんてとうてい無理ですもん。

当然、学校だから情報フルオープンでいい、わけではないですね。
他人に教えてほしくない家庭の事情とかはあるし、なかには氏名すら教えてほしくない人もいるので、リクエストに反して不必要に先生がそういうのを言いふらしたりするのはもちろん絶対やめてほしいわけなのですが。
個人情報が厳密に管理された世界では、こどもの育ちを見守ることがなかなかしんどいし、ましてや任意団体でものすご厳しいこと言うのも、実情として難しいよなぁ…と。
私もPTAではないですがこども関係の任意団体運営にかかわったこともあるし、仕事でも無関係ではないから、「個人情報管理の難しさ」はよくわかるつもり。

ようは、善意を悪意に転用するシステムがあかんわけですね。
同じ学校の子の住所や電話番号がわかったからといって、役員ひきうけさせたくて集団で訪問するなんてのは、基本的に人として失礼きわまりないわけですからね。
そんなふうに人間を走らせる団体活動とはいったいなんなのか、どうしてそうなったのか。
その原因究明ルートのひとつとして「学校の個人情報管理が違法」という指摘は有りにしても、じゃあそこを厳密運用にすればこどもらは幸せに近付くのか? と言われれば、私はあまり自信を持って「Yes!」とは言えないっす。
スポンサーサイト



ホーム

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (18)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)