2016-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非会員だより〜4月

新学期を迎えて1週間以上過ぎ、PTAにめんくらっている新入生のお母さん・お父さん方も多くいらっしゃることと思う。
私もこの業界に長くいるが、これだけメディアなどでそのオカシサが訴えられても、そう簡単にPTA被害というものはあとをたたない。

つい先日も、会社でのチームメイトのAさんが「ぶきゃこさん、実は…」と沈んだ様子で言いに来たところによると、新学期の保護者会に欠席したところ、教師がAさんの代わりに勝手にくじを引き、見事地域委員会?とやらの役員を引き当ててしまって、その事後連絡が来たのだとのこと。
その顔合わせ会があるので、○日に半休を取らざるを得なくなり、その日に予定されていた会社のミーティングには出られないとのこと。
そのミーティングはメンバーの予定を縫うようにしてやっとその日に合わせたものだったが、Aさんがいなければ意味がないものであったので、結局日にちをずらさざるを得なくなり、それに参加する何人もの人の予定も変更になった。
しかも、業務の予定はびっしり詰まっているので、そのミーティングをずらすとそれを前提とした後に続く色々な予定も組み換えなければならない。
準備していた周辺業務も予定が狂い、私が立てていた計画も一瞬にして白紙に戻った。

しかも、その平役員だけでもちょくちょく休まなければならなくなるとのことなのに、顔合わせ会でまたさらにくじ引きがあり、それをひき当ててしまうと学年代表、そこからさらに代表委員会でひき当ててしまうと委員長や副になってしまう可能性もあるという。

Aさんは会社にとっても主戦力であり、これには本当に私も参ったし、本人もとても困っているようであった。
そして、その押し付けられた仕事は「学校の役員」だと信じており、どうにもならない運命だとあきらめているようであるのも痛ましかった。

もちろん、人間がはたらいているのであるから突発的な休みというものはこちらも予定には含んでいる。体調が悪くなることもあるし子供がいる人であるから子供関係の休みもあるのはわかっている。
しかし、このPTA・学校の横暴ぶりはどうだろう? 母親も社会人であるという認識が欠けているのではないだろうか?
自分たち団体だけの都合で役職を決め、人の都合も聞かずに欠席くじ引きをし、当たった人に有無を言わさずその役職を押し付ける。それがまた教師ぐるみときてる。活動日程も一方的に決めたものに何があろうが出席要請。あまりにもおかしいのではないだろうか?
そして、それによって発生した不都合の責任はとらない。被害者に休暇を取らせたり、被害者の同僚に尻拭いや穴埋めをさせたり、いろんな人にマイナス影響を与えても、すみませんもなければご迷惑をおかけしますも無い。なんなんだろうか一体?

以前も、Aさんではない別の人だが、長年準備を重ねてきたプロジェクトの初日の前々日に「急ですがその日は学校の役員会になりました。欠席は許されませんので会社には来られません」と言われて当日欠席されたことがあった。

なぜここまで、PTAは傍若無人なのであろうか?と本当に驚くばかりである。
2人に共通しているのは、「学校で決められたことであるから抵抗は出来ない。だから社会責任を果たせないのは自分の所為ではない」とどこかしら考えているふうである、という点である。
しかし、PTAという団体が、裁判所や警察のように権威・権力のあるものでないのは一般社会では当然のことだし、子供の病気のように「やむを得ないこと」ともみなされるわけではない。「同好会の集まりに出るので会社やすみます」みたいなもんだ。なので、そんなことで業務都合無視でちょいちょい休むような人には、やはり責任あるポジションは任せられないことになってしまう。つまり、本人の評価が被害を受けるのである。

PTAの意義、地域との連携の重要さ、学校のお手伝いをしなければ教師が大変、そのようなポエムを唱えてPTA活動に熱心になるのはその人の自由だと思うが、そのポエムを達成するために傍若無人である必要はないのでないだろうか?
世の中には色々な「いいこと」がある。ジョギングという趣味は健康に良い。貧しい地域の子どもたちのために寄付をするのは善である。仕事をするのは収入が得られ家族が豊かになるという人生にプラスのことだ。
しかし、ジョギングにのめり込むあまりに「走行環境のため、サイクリストや犬の散歩は遠慮してもらおう」などと言い出したら反社会的な趣味でしかないし、「世界には貧しい子供がいるんだぞ。みんな最低1,000円は寄付しろ」と集め始めるのは大きなお世話。仕事だって過剰に依存し帰ってこず家庭をほったらかしになるようでは家族も素直に「働いてくれてありがとう」とは言いがたくもなるだろう。

以上のようなことを書くとコンサバの主要な反論パターンとしてはPTAの有意義性や保護者の教育権の重大さを唱えてくるのだと思うのだけれど、まったくそういう話をしているわけではないことは、難しいかもしれないが理解いただけたらなと思っている。
PTAが善い活動をしているのは事実だろう。しかし自動加入、学校のふりした錯誤させ参加強制、欠席くじ引きやポイント制など、くだらないことは本当にやめてもらいたいものだ。それはそのPTAの品格を下げるだけだと残念に思うし、下品な強制をするくらいなら、不十分や不完全な活動のほうがずっと正常だろうと思う私なのであった。
スポンサーサイト

ホーム

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。