2015-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ずばぁっと検証】平成22年事務連絡まつり

業界(だから何の!)では有名な「平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰についての文科省事務連絡」。

これは、PTAは任意加入であることを文科省が明言したものとして、画期的だと業界では賞賛された行政文書である。
このブログでもリンクさせてもらってるThink!PTA!でも、トップページに直貼りで特集を組んでいるくらい、重大事件視されている。
優良PTA文部科学大臣表彰新基準の周知状況

しかしながらよくよく検証してみると、この特集ページはちょっと盛り上がりすぎかもしれない可能性もある。
というのは、優良PTA文部科学大臣表彰の選考基準改定!!という見出しはついているものの、実情としては、表彰要項に添付されているお手紙の文言の中に、「任意加入を前提」という言葉が入っただけだからだ。実際の表彰要項が改定になったわけではない。

なおかつ、このページでは、
事務連絡は、市区町村のPTA選考の現場に伝わっているのだろうか?
という見出しで、その事務連絡の内容(=任意加入を前提、という文言)が市区町村レベルに降りていないことを問題としている、しかし……

まるおさんも、文科発「事務連絡」が都道府県教委に留め置かれていた!という記事で同じ指摘をし、都教委に掛け合って、都教委発の事務連絡を発信する約束を取り付けるという快挙を成し遂げている。ただしその後のレポートは見つけられなかったため、都教委発の事務連絡が実際にどのような文言であったのかはわからなかったが…(私の探し方がヘタなのかもしれない)。だがしかし……

マジメに考えてみると、この事務連絡なるものは、もちろん正式な文書ではあるものの、言ってみれば表彰要項の「送付状」であって、都道府県教委にあてたものである。であるからして、そのまま下(市区町村)へ転送されるべきものでは最初からない。もちろん「表彰の前提」は伝わらなければいけないだろうけれども。普通のビジネスでも、どこかから来た送付状をそのまま別のところに付けて送るというようなことをすれば、まあ内容にもよるがどちらかといえば非常識、な部類に入るだろう。

もし私が当時ツッコミを入れたとすれば、送付状の内容が末端まで伝わっていないじゃないか、という点を都道府県教委に問い詰めるよりも、任意加入が前提、といいながらもチラッと送付状の(普通は読み飛ばすような)前置き文内に書くだけで、かんじんの表彰要項にまったく反映されていないのは、言ってることとやってることが違うのではないか、という文科省本体に対する指摘のほうになったかもしれない。
しかし私は当時事務連絡のことなんか知らなかったし、もしその事務連絡のことを知っていたとしてもそこまでしようと言う頭もなかったし、まるおさんたちがそういう指摘をしていることももちろん知らなかった。私がPTAに退会届をたたきつけたのはもっとあとのことだから。
あ、もちろん、まるおさんも「優良PTA文科大臣表彰『被表彰候補団体調査票』」などの記事でそういう指摘(実際に反映させなきゃ意味ないだろう)は併せてしている。

何が言いたいかというと、送付状の文言はさておき、実際の表彰要項と調査票のほうが、現場に与える影響としては比較にならないくらい大きいということだ。
「任意加入を前提として表彰する」というのがホントのことならば、そんな重大な基準は送付状なんかじゃなくて表彰要項の一番上の、「1 趣旨」のところに表記されなければならない。もっと本気に、「任意加入が出来てなければ表彰しない」というのであれば、当然「2 表彰基準 (1)組織、運営」のところで箇条書きで入っていなければ、結局「言ってることとやってることが違う」のである。

業界ではほとんどの人がこの
(A)PTAが任意加入の団体であることを前提に、できる限り多くの保護者と教師が主体的にPTA活動に参加できるよう組織運営や活動内容の工夫をしている団体を適切に評価できるようにするもの
という一文を、
(B)任意加入の団体であることが優良PTAの前提である
と文科省は言っている、と解釈している。
その解釈は間違ってはいないだろうし、まるおさんはじめ疑問を持つ方々が文科省に個別に確認した結果、「そういう意図です」ということで裏を取っているのであろう。
しかし、すべての先入観をとっぱらってこの文章を読んでみたとき、
(A)=(B)
と解釈出来るか?
と言えば、正直けっこう無理があると言わざるを得ない。
むしろ素直に読めば、「PTAは任意加入なんだから、より多くの保護者が参加出来るような工夫をしてる団体が良いよね」と言っているように思えてならない。
つまり自動加入なら、参加が多いか少ないかを表彰基準にするのは理論上おかしいんだけれども、任意加入なんだから、「多いほうがグー」ってことで良いよね、という意味である、ととらえるほうがなんだかストレートに受け止められる気がするのである。

ちなみにこの表彰基準は調査票にどのように反映されているかというと、「会員の加入状況や多くの保護者や教師が参加できる組織づくりとその運営方法の工夫等」という記述式回答となっている。この部分と、あと少しのマイナーチェンジだけが22年度改定といえば、改定であるらしい(※)。つまりこの記述式回答で「会員の加入状況は100%」と記述すれば、「任意加入であるのは当然の前提として、それでも100%加入なのよね、スゴイでしょ」という報告に仕上がる、というからくりなのだ。
※なんで「らしい」かというと、22年度の表彰セット(要項と調査票)を入手出来ていないからである。まるおさんの記事と、平成21年度・26年度資料をもとに本記事はかかれているからだ。その流れを根拠に、「22年に基準の改定はされていない」と言っている。

まるおの雑記帳記事「今後、非任意加入を行っているPTAは『優良PTA』として表彰されるべきではない」によると、平成23年度の調査票には、それまであった加入方式の回答項目がなくなっているということが指摘されている。
これ(加入方法をたずねなくなったこと)を「改悪」と見ることもできよう。
横浜市のウェブサイトに「平成21年度優良PTA表彰候補団体 推薦にかかる資料」が掲載されているが、そこの調査票にはその項目(加入方式の回答項目)があったので、特に22年に新たに盛り込んだわけではなく、以前からあった項目のようである。
私が「22年度に表彰基準は改定されていない」と言っているのはそういう根拠もある。
細かいことを言えば、加入方法の回答項目が平成22年に消滅したのか、23年に消滅したのかは、上述した理由(現物が無い)で確認出来ていない。しかしどちらにしても調査票の改定であり、選考基準の改定ではない。実際に「任意加入を表彰の前提と」したことは、一度もないようなのだ。

なお併せてまるおさんによる「県から国にあげる段階の選出に際して『自動加入』のPTAは一応減点してきた昨年度までの選考」という記述もあったが、それまで減点していたという根拠を私は見つけられなかった。
先の横浜市の平成21年度資料にもそのような内容は盛り込まれていなかった。最終選考でそのような減点があるのであれば当然、市教委から各学校につたわらなければならないように思うが…これは後ほど、まるおさんにお尋ねしてみようと思っている。
余談であるが、この資料についていた記載例は、当然のごとく自動加入で100%という記載例になってて、わらかされました。

文科省は、クレーム避けのために単年度で送付状に「任意が前提ですよ〜」と宣言したのだろうか?
なぜ「単年度」と私が言うかというと、事務連絡での明言が確認出来ているのが22年度だけだからである。
さやさやさんから寄せられたコメントによって文科省から開示をもらったところ、26年度の送付状(通知)にはそんなハナシはみじんも書かれていなかった。

ここから先は私のかってな妄想であるが、ひょっとすると文科省としては、「任意加入は、前提でありあたりまえのこと。審査基準ではない。だから、任意かどうかを調査票で確認すること自体おかしい」という官庁にありがちなヘリクツ論法をつかい、22年に「前提ですからね」と都道府県向けに周知した後は、23年度に調査票からさっくり削除したのではないかという疑念が湧いてくるのだ。

文科省はもちろんのこと、どこの官署も学校長もPTAも、人事はくるくる変わる。どっかの単年度で送付状に「任意加入…前提…」ともやもやした一文が入っていたとしても、現在ではどこにもそういう趣旨の反映された通知文、表彰要項、調査票、および関係者の理解、どれもまったく存在していない、というのが現実的な結論になろう。

なので、ガーラさんがこの記事でコメントされている
「任意であることを前提に活動している団体が対象って
 いってませんでしたかぁ?!」
について文科省から返信が来ないのは、
「なんの話かわからないから」
だからだと思われます。
ちゃんちゃん(´Д`)
スポンサーサイト

誰がはじめたこの行事orz

【閲読注意】この記事の中には、宮崎県の一部のかたがたにとっては不愉快かもしれない内容が含まれています



非会員という立場から好き放題モノを言っている以上、どこかにおかしなPTAがあったとしても揶揄はすまいと思っている。ほぼ騙すようにして入会させたり、非会員やその子どもを攻撃したりするようなPTAがあれば遠慮なくこきおろさせてもらっているが、外部に迷惑をかけることなく、会員同士で納得合意の上やっていることであれば、活動内容にいちいちツッコミを入れる筋合いもないと思うからだ。

だ、だが、いくらなんでもこれは…という記事を発見したので、さすがに物申させてもらいたい。

徹夜で制作、校庭に手作りスケートリンク 宮崎・都城

この記事タイトルを見ただけで、「ひょっとしてPTAが…」とイヤ〜な予感がし、記事本文を開いてみると、あんのじょう徹夜してるのは保護者であった。(正確には保護者「ら」)

都城市の吉之元小学校というところでは、スケートリンクを夜通しかかって手作りし、朝、子供らがスケート授業をするという恒例行事?があるらしい。
この記事はいわゆる「ほのぼの路線」だと思うのだが、私がやれと言われたら、ほのぼのどころの騒ぎではない。
どんな作業なのか詳細を知るために、吉之元小学校のHPを見に行ってみた。転載禁止とのことなので要点だけ書くと、夜中の11時から噴霧器でくり返し水を撒いて氷盤を作っていき、明け方までかかるという。
子どもたちの朝のスケート学習が終わるのは9時半くらいであり、そうまでして作ったリンクも、そのころには溶けてしまうとのこと。
となると、通常の始業時刻から考えて、長くても1時間ほどの子どものスケート遊びのために、親は徹夜させられることになる。

フフッ、ご冗談を…。
記事によると、これ作業したの、日曜の深夜から月曜にかけてだよ?
私がそんなんやれ言われたら、すいませんブチキレますが?
お仕事はどうすんのかなぁ?休むの?休むしかないよね寝てないんだもん。
スケートのあとの授業は誰が子ども見るの? 寝てない教師がやるの?
それともリンク作りは保護者だけですか?
夜中、保護者のいない子どもはどうするの? 子どもだけで寝かしとくの?

朝日新聞さん、それ、ほのぼの美談ですか??

もっと注意深く記事を読むと、さらにおどろくような一文が。
「全児童6人はスケート靴に履き替えて初滑り」
全児童6人?
何かの間違いかと思って関係資料を見ていくと、確かにそれはこの小学校の全校児童の数らしいのだ。

すると最大でも6世帯。
きょうだいなんかいた日には、悪くすると3〜4世帯しかない可能性も有る。
6人の子が1時間遊ぶために、そんな少数の親が徹夜でスケートリンク作り??

ちなみに小学校HPにはこのように書いてある。
アイススケートのできる「ふるさと」のよさを知り、感謝の気持ちを育み、楽しみながら体力つくりのできるアイススケート学習を吉之元小学校の伝統として、これからもしっかり引き継いでいきたい

アイススケートのできるふるさとって。。。
徹夜して作ってやっと朝1時間ばかしできる状態を、「アイススケートができる」って言う???
楽しみながら体力づくりって、1時間すっころびながらスケートをする南国の子どもたちのことだろうか? あ、ひょっとして親??
体力づくりが目的なら、普通にマラソンとかじゃなんでダメなの?
親もこれがあるから、宮崎なのに全員スケート靴買わされるんだよねきっと…
しっかり引き継いでいきたいって、校長アンタがひとりで引き継ぐときに言ってよ! って言っちゃいそう私がいたら…
ふぅ、ウチの子がこの小学校でなくてよかった。。。
もし私がいたら当然ビッグトラブルになってますわ。

ちなみにこのガクブルPTAは、直近で文科省から優良表彰されてるらしいです(注)

もひとつおまけに余計なことですが…。
「そんなにスケート場に困ってんのかいな」と思って探してみると、宮崎県にはえびの高原スケートリンクというのがありました。
この小学校からどのくらいかかるのかナビタイムで調べてみると、車で34分とのことです。
…………………近いじゃないかーーー!!!。
6人の子どもにそんなにスケートさせたいんなら、アタシがこんどの休みにウチの車で全員連れていくから! 8時間くらいイヤというほど滑らせてやるよ!!!
とか、叫びたくなったのでありました。

イヤ、いいんですよ。よそのPTAのことですから。
何しようが自由。
楽しそうにすべる子どもたち、いいじゃないですか。最高ですよ。

誰も強制されてなければ、の話ですが。。。

(注)以前から不思議に思っていたのであるが、優良PTA表彰というのは、各都道府県とか各団体が「もらったぞ」という資料はあれど、文科省側から「こいつらに与えたぞ」という資料がないのね。今回も、当該PTAが表彰されたという裏を取ろうとしたらえらい探させられてイラッとしたので文科省に直電したら、「そんな資料は出してないです。なんで要るんですか、なにに使うんですか」とぬかしやがりましたM田氏。あんたら税金で特定団体表彰してホテルとかで歓待してるくせに、国民にわかるようにせんかいや!みたいに優しく言うと、欲しければメールで送るとのこと。なんか嫌そうでした(あくまで主観)。

挨拶はマジメにやりましょう

いやまじこの際、「挨拶」という行動について真剣に考えてみようかなとおもったのだ。どうしてそう思ったかというと、こんなニュースがあったからなのである。
「挨拶無視した」中学生の写真掲載 愛知・半田市議「うかつだった 」

いずれリンクも切れると思うので内容をまとめておくと、「交通安全啓発のため交差点に立っていた」市議が、挨拶しないで通り過ぎる中学生に腹を立て、フェイスブック(オープン)に写真付で、「挨拶できない、しない中学生集団」というタイトルの投稿をしたものである。

実にアホな市議である。
名誉毀損で訴えられるかもしれないが、念のため再度書くと、実にアホな市議である。
中学生という発達過程において、交差点に突っ立ってる知らないおじさんから交通指導をされて、「はい、すみませんでした」と言うことを聞いて背筋を伸ばして正しく信号を待った上で右左右と確認したり、顔を輝かせて「おはようございます!」とか嬉しそうに挨拶する中坊がいるとでも思っているのだろうか?? いや、いるのかもしれないが、さすがにそれはちょっと心配な中学生ではないだろうか?
なんでだよ、と根拠を求められると困るのであるが、何となく私の想定する「普通の中学生」というのは、
①交差点にそんなおっさんがいたら、どうやったら「バカ」と書いたガムテープを背中に貼れるかひそひそ相談する。
②「ムリ〜」と小声で言いながら遠巻きに避ける。
③「オハヨ〜ゴザイマ〜ス、オハヨ〜ゴザイマ〜ス」などと九官鳥風風に言う。
④普通に挨拶はするが、めんどくさいことが起きるのを避けるためであり、おっさんに親愛や感謝の気持ちを表したいわけではもちろんない。
etc.の反応が一般的なのではないかと思うのだ。

別な記事では、この中学生軍団は30kmウォーキングという明らかに嫌がられる行事の日だったというではないか。そんな吐きそうな行事を強制されている朝に交差点で、「俺様が報酬も出ないのにわざわざボランティアで朝の8時から交差点に立ってやってんだぞ」的なニオイをぷんぷんさせた知らないおっさんにさわやかに挨拶されて、にこやかに返せるかっちゅうの。うちにも中学生がいるが、きゃつなら確実に④を選択しつつも挨拶は口の中をかすかに動かす程度であろうことを断言する。
そもそもウチでは「知らない人に話しかけられたら逃げなさい」と教育してるしなあ。子どもはあまり守ってはいないようだが。
それがいい教育だとは思ってるわけではない、でも昨今の世情では安全が最優先だ、悪いけど。

自分の立場が「単なる知らないおじさん」であることもわきまえず、「俺様が声かけてるんだから中学生はあいさつ返して当たり前」という感覚もかなり残念ではあるが、それが裏切られたからといってオープンのフェイスブックでさらすという幼稚な報復もまた、あいた口がふさがらない。

まあこの人は市議でありFB投稿なんかをやっちゃったもんだからネットでさらしもんになっているわけであるが、同レベルの意識で旗振りをやってるかたがたもじっさい、表ざたにならないだけで少なからずいらっしゃるわけで、私が「素人の旗振りはときに有害である」とあちこちで書いているゆえんでもある。

さて、人のわるくちはこれくらいにして、そもそも書きたかったのは「挨拶とはなにか」ってことなのだが…。
まったく知らない成犬にニコニコと声をかけながら近づいてみよう。 この時点で、こっちがニコニコしているからとしっぽを振りまくりいきなり前脚をかけて顔を舐めにくるような犬は、まれにみる能天気な犬かバカ犬かのどちらかではないだろうか? 普通に賢く経験を積んだ犬なら、最初はぎょっとした様子をして少し下がったり、様子を窺ったり、こちらの手やズボンの臭いをふんふん嗅いだりするものではないだろうか?
ましてや人間の子どもであれば、小学生までなら「挨拶されたら挨拶しなさい」という単純なパターン訓練も効き目があろうが、中学生以上になれば、そんな訓練に疑問を持って当たり前である。挨拶とは単純なピンポンゲームではなく、意味の有る親愛行動なのである。

昔、子ども同士が同級生のお母さんで、通勤時間の関係でよく会う人がいた。
私が「おはようございます!」と声をかけると、いちおう「…よざぁす」みたいな感じにぶつぶつと口は動かすが、にこりともせず目はそらしたままであった。毎回、毎回そうだった。
なにか私が気に障ることをしてしまったのかなと思わないでもなかったが、気に障ることをするほど近い仲でもなかったので、ただただ「???」という思いであった。

何年か後、その方のお子さんが亡くなり、実は何年も闘病されていたことを知った。そして引っ越されていった。
私は、「なんだろうあの挨拶は…?」と、言わば自分のことしか考えていなかったことを恥じた。とてもじゃないが、明るく挨拶なんか返す心境ではなかったのだ。

中学生だって、心が暗くなることはある。悩んでいることもあるだろう。おっさんが声をかけてきたことに単純に気がつかなかったのかもしれないし、これから30km歩くと思うとそんな余裕もなかったのかもしれない。大きな声で挨拶するのはよいことだ! とだけの単純な方程式を押しつければ明るい人が育つなら、育児なんて苦労はない。
社会人ともなれば、人が挨拶しているのに気が向かないからと無視するような人はさすがに少ないが、中学生はまだまだ子どもでもあるのである。義理にでもあいさつが返せるようになれば少しは成熟と言えるかもしれないが、それは社会スキルであって、善というわけではないと私は考えている。スキルの未熟な子どもには経験を積ませることが大切だが、ネットでさらすというペナルティは違うのではないだろうか? (ま、あらかじめ合意したルールではないからペナルティとすら言えず、単なる思い付きの私刑であるわけだが)

私はもちろん、朝、起きてきた子どもたちにおはようと声をかける。元気なときもあれば、何かふくれっつらの時もあり、おはようというより先に「今日は○○がある」などと、学校の憂鬱なカリキュラムや楽しみな行事のことを言うこともある。
そういう様子を見るのに、挨拶はとても役に立つし、別に大声で言わせることが目的ではない。家庭は軍隊ではないし。
こちらの気持ちの押しつけだけの挨拶なら、しないほうがマシな時もある。
私が校門での一斉あいさつや素人の旗振りが好きでないのは、何も強制PTAの運動だから、というだけではないのだ。

ホーム

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。