2014-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTAって何?が各人解釈にお任せで良いのかねぇ

しみじみ思うのだが、活動内容や目的をきちんと説明せずに、会費を集める団体というものは、どれくらい「アリ」なのであろうか。一般のかたがたは、そういうものに出会うと「ウサンクサイ」と考えるのが普通なのではないだろうかと思うのだが…。

PTAの多くがなぜ自動入会方式を取っているのか、私にはかなり確実だと思える仮説がある。それは、「PTAは、勧誘を行いたくても行えないのだ」という仮説である。
人を勧誘するには、自分の所属している団体の由来や、何の活動をしているのか、誰が主宰者なのか、なぜその活動をしているのか、活動本拠地はどこなのか、この団体においていつ誰がどのような活動を行っているのか、各活動はどういう手順と流れで行われているのか、などの5W1Hみたいな基礎知識が、勧誘する会員になければならない。誰にとっても「???」だらけで、なんとなく前年通りにやりこなして「よし終わった!はい私は終わったから次の人ね!」だけしか頭にないなら、会員勧誘なんてできるわけないのである。
ためしに保護者が集まっている場で、なにかPTA活動に関する質問をしてみるといい。まずはひそひそ相談が始まり、「前の年はこうだった」という記憶を述べる人、ついで独自解釈を述べる人が現われ、「でも本当はそれっておかしいよね〜」などと茶々を入れる人、「○○さんが知ってると思うよ〜」という“解決に至るかもしれない手段のうちの1つ”を示唆して終わりにしようとする人、「それをやったらこないだウチの子がさ〜」と家族ストーリーをむこう5分間ばかり語ろうとする人、「そう言えば○○先生最近見かけないね」と突拍子もないことをなぜか隣の人にだけ向かって話し始める人などが現われ、たぶんあなたの疑問に対する納得のいく答えはいつまでたっても誰からも返ってこないであろう。それがPTAというものだ。
ここに新入生の保護者がいます。さぁ、入会勧誘してみてください。
と言ったところで、できるわけないわけである。

いちおう、PTAだよりには「PTAの活動はこんなことに役立っています」という広報は書いてあるし、誰かが「退会します」などと言おうものなら、「PTAという団体は子供たちのためにウンタラカンタラ…」とか「退会するとこんな目に遭いますよ」みたいなのは熱心に言ってくるが、じゃあそれを言ってる会員の自分はそういうPTAの活動意義と内容に魅力を感じて入会したのかいなと思えば、ただ単に自動的に入っただけだったりする。繰り返すようだが、それがPTAの本質なのだ。

ウィキペディアを見てみると、「その本旨は保護者と教員が学びあうことで、その成果を児童生徒に還元することである」と書いてあるが、そこいらの保護者を捕まえて「PTAって何ですか?」と聞いてみたとして、そんな答えを返してくる保護者はあまりいないであろう。

少し変えて、「大人が集まって団体をつくったとき、子供のためにできることって何ですか?」という質問にしてもいい。
私が答えるとしたら、
「いろいろな立場や考え方の違いがあっても、意見を交換し合い、最適なあり方を模索し、平和に共存することは可能であることを子供たちに見せる」というあたりを大切にしたいかな。別にわざわざそういう活動をしたいとは思わないが、どうしても集まって活動をするというなら。
勉強は学校で教えてもらえばいいし、生活の基礎は家庭で教える。わざわざ大人が時間をつくって集まり何かするとしたら、そういう「社会のつくりかた」みたいなのを実現して見せてあげたいなと思う。

だって、学校自体、息苦しいし疲れる場所だもの。
学校大好き!な子もいるのかもしれないが、少なくとも私自身と、私の子供たちにとっては、「行かなくていいんならそれに越した事はないわやれやれ」的な場所であることには違いない。
ただでさえ重いのに、そこに親まで出てきてあれこれイベント増やされたり、頼んでない物配られて「感謝しましょう」みたいなこと言われたらたまんないですよ。イヤ、私が子供だったらの話ですが。そんなのにつきあわなきゃいけないくらいだったら早く帰ってマンガ読みたいわ。

だけど、親がPTAという社会を作ってその中で楽しげに交流してるんなら、それはそれでいいんじゃないの?こっちばかり向いてガミガミ来られるより。的に思うと思う。
背景の違うもの同士が集まればときには楽しくないことも起こったりするが、それはそれでどのように対話を続けていくかを見せてあげるのも、学校にはなかなかないカリキュラムでいいんじゃないかなあと思う。

ま、社会教育を称するならこういう活動だろう、という話をしてしまったわけだが、実際そういう野望?みたいなものを持っていま現在のPTAに入会したら、さぞ打ち破られるであろうという気はする。だってあの団体には山ほどのタスクがあってそれをこなす会になってるし、よかれと思って手伝っても、よくわかんない暗黙ルールが多くて後出しでいろいろ注意されるし、なんかしらんけど怒りと我慢と不満が渦巻いててちょっと話すだけでも疲れるし、交流どころか「心の平和のためにはかかわらないのが一番」みたいになっちゃうからねぇ…。
前年踏襲行事必須、役員選出は前年の夏から、みたいな漬け物石を背負ってたら、やっぱりとうてい柔軟な活動は出来ないですよね。

ChiChiMaruさんが仰せの「PTAは本来保護者と教師が家庭教育、学校教育について考え、語り合う場」はもうこれ以上ないくらい同意なんだけど、現実的には、保護者全員巻き込んだらそんな話し合い絶対無理よ?と思う自分もこれまた居るのでありました。
スポンサーサイト

ホーム

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。