2013-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P論法 まちがいさがし

いたるところでよく見られるPコンサバの三段論法について、前から何かがおかしいなぁとは思ってはいたものの、ちゃんと考えたことが無かったため、今回書き出してみることにした。

***典型パターン***

一段目 教育環境をよりよく安心できるものにするためには、保護者の協力は不可欠。法律で強制されていないからといって「嫌ならやらなくていい」ではなくて、みんなで協力した方がいい。それに「強制じゃないから、面倒だから」と背を向けるのは倫理に反している。

二段目 PTAは教育環境をよくするために活動している団体である。

三段目 従って、PTAに加入しない・協力しない親はワガママ自己中である。

******

一段目は、私の中では極端に否定するものではない。なるべく協力し合うのが温かくてよい社会だ、という一般論には別に抵抗は感じない。そこに法律をいちいち持ち込むこともなかろうという気持ちもわかる。
二段目も、もちろん異論はない。頑張って欲しいものである。「事実としてPTAのおかげで教育環境が良くなっているのか」という検証はおいとくとして、そのために結成された団体であるのは本当のことだろう。

じゃあ、なんで三段目がおかしくなるのか?
それは、事実として確定しているのは「PTAは教育環境をよくするために結成された」ということだけであるのに、あたかも

①PTAに加入し活動すること=教育環境の改善をもたらす、という強引な結論が検証なしに既定事実とされていること
 ※実際には、PTA活動のホントウの実効性、については私はかなり懐疑的なのであるが、それを口にすると「やりたくないからって批判する」「一生懸命やっている人に失礼」などと話がズレていくので、こういった実効性についての議論をPTA内部でやろうとするのははなはだ困難、というのが私の実感である。

②PTAに参加すること以外の活動は、教育環境の改善をもたらす効果はない、という強引な結論が検証なしに既定事実とされていること
 ※なぜなら、PTA活動をするということはPTA活動以外の活動(例・仕事や育児^_^;)のための時間とエネルギーを損じるということであるからだ。PTAをやらないことは社会貢献をしないことになる、という安易な命題は、それによってその他の社会活動がけずられることについてはいっさい問題も影響もない、と断定することにほかならない。

の2点が完全な「主観」によって固定されているからなのである。

だから、一段目や二段目に疑義をとなえたり、専業主婦vs兼業主婦にしてみたり、はては幼稚園vs保育園とかでバトルしてみたりすること、それらはぜ〜んぶ枝葉の場外乱闘みたいなもんだと思うのだ。
もうそういうのに全部つきあってられるわけもないので、①と②があなただけのちっぽけな主観なんだよという話だけ馬鹿の一つ覚えみたいにしていればいいのかなという気もするのだが、実際にコンサバと議論になってしまうと、「多少の我慢はするのが大人」とか「なんであなたの子供にかかるお金を私たちが払わなきゃいけないの?」「たった年に数度のことをどうしてそこまで拒否するのか」などと、とほうもなく脱線していってしまうので、やっぱりなかなかむずかしいかもね。

たとえば、このような2ちゃんのコピペをもってきてみたが、

>自分や子供が参加してる社会に自分が貢献するのは絶対に必要なこと
>それをしないのは、それこそ社会じゃないところで生きていかないと
>子供の通学路の見回りとか、そういうのは地域でやって貰うもので、
>それがあるとないじゃ、子供の安心が全然違うわけだからね

1〜2行目は、主観によって②が固定されており、
3〜4行目は、主観によって①が固定されている

というところがこの主張におけるロジックの瑕疵なわけだが、それに対して、「実効性の有無について検証がないのは奇妙だ」という意味で「通学路の見回りって本当に効果あるのか疑問」などという言い方をすると、「いっしょうけんめいやっている人に対して失礼」というふうにズレていくのが定番なわけですね。
それはなぜか? ①と②がきわめて宗教的なまでに妄信されていて、それを口にする人の中ではもはや「事実」だからなのである。

結論:コンサバと議論するのはやっぱしなるたけやめたほうがいいかも。
スポンサーサイト

法律を持ち出すなって話もまぁ、わからなくはない

>シンプルに考えてさ、子供がお世話になってんだから協力したらいいじゃん
>何でウダウダ言ってんの?
>そんなに人の為に動く心の余裕が無いの?
>子供はそんな親の姿勢見て、さぞ個人主義に育つだろうね、怖い怖い

これは昔の2ちゃんねるに落ちてた言葉を、よくある批判なのでサンプルとしてひろってきたのだが、まぁ無知な言葉ではあるのだけれど、意外と私はこういう感覚を100パー否定するものでもないんですよね。
人間生活って、いちいち法律を持ち出すもんでもないと思うし、こういうブログとかでPTAみたいな「およそ何にも考えてない団体」のことをあーだ、こーだというのも一種の「ウダウダ」であって、本当言うとどうでもいいことなのかもしんないです。

だからこそね、「本当はどーでもいいこと」「一種の遊び」であることを忘れて、やたらに一生懸命になっちゃう人が出てくると、困ったことになるのですよね。

いろいろな人が混在する世の中で生きるとき、みんなが平和に過ごすために大切なのは「思いやること」「親切にすること」という、小学校のクラス目標みたいな原始的なことなんじゃないかと思う。
それは、すごく大切なことで、法律よりもなによりもすごく大切なことで、でも人間が「団体」になってなにか共通(にみえる)「目的」をもってそれを達成することを目標にしよう、というふうになっちゃったときに、「人を思いやることよりも優先されること」が生まれてきちゃうんじゃないかと思う。
そしてそれは団体の目的なんだから、優先されることも仕方がないよねとなっちゃう。
そうなったときに、「必ず出席してください。仕事も病気も理由になりません」などと人に言えるように、人間はすごく簡単に変貌してしまうものなんだなということを、私たちはたくさん目撃してきている。

それにノーを言うために、私はついうっかり「PTAは任意団体で入退会は自由です」などというようなことを言っちゃうわけなんだけど、本当はそんなことを言いたいわけじゃないんだよね。
「人が人に対してヒドイことはやめようよ」と言いたいだけなんですよ、本当はね。
でも、ノーを言ってもヒドイことをやめない人がいるとき、しょうがなく「法律」がひっぱり出されてきちゃうのね。

飲み会やるのにいちいち「私は1杯しか飲まなかったのにワリカンは法的におかしい」とか、「たしかに幹事は頼んだがこんなに飲み代が高いなら事前にインフォームド・コンセントが欲しかった」などとゴネてくる人、めんどくさいでしょう正直。
法律で言ったら、了解もしてないのに勝手に飲み会負担の金額決められて請求されたらおかしいって話になるのかもしんないけど、それくらいもういいじゃんっていうのが普通。でも、それでもイヤだっていう人がいるなら、それはしょうがないよね(もうその人は誘わない流れにはなると思うけど)。
それと同じで、父母教師の会というものがなんとなくあって、「よっしゃ、みんな会員な!会費あつめるぞ!」でも、私は大してかまやしないんですよね正直言うと。別にいいじゃんそれぐらいって感じ。だって、遊びで適当に作った団体みたいなもんでしょうし。そういうの、違法なのかもしれないけど。極端な話、それで先生と役員の飲み代に消えてたって、「あーあーしょうがねーなーもう」くらいしか思わない。その程度の集まりだったら、「俺はじぇったい払わねえぞ!」みたいな人が数人いたってしょうがない、くらいの感覚だろうし。

そこまでならいいんだけど、そこに市町村だの国だのがいらん介入してきて地域との連携が重要なドータラコータラと言い出して、仰々しく総会などやりはじめて、委員会とか作ってひとりも網からこぼさないようにして、一人一役だのなんだのとやりはじめて具合の悪い人や赤ちゃんいる人までやらせて、「思いやりより団体利益優先」みたいに目の色変わってるから私みたいな「別に団体好きでもねぇよ人間」はまっさきにシラけてるわけですわ。そんなことやってるのを目の当たりにしたときから、子どもたちのためにPTA会員として一肌ぬごうなんて気持ちは雲のように散りうせ霧のように消えさってるわけ。PTAという団体が愛せないんですよ。私よりもっともっと前の数十年前に、多くの父親たちもとっくにシラけてるんだと思う。

「私はいいです」って簡単に断れたら、法律の出番なんかないのに、それをまた「子どもがお世話になってるのに」とか「PTAは重要な団体で地域の絆がウンタラカンタラ…」とか「親としての資格がどうの」とかしまいには「子どもをハブってやる」とか言ってくるからこっちもしょうがなく「そもそも法律わかってんの?どっちが正しいか勝負しようか」って話になっちゃう。
冒頭引用の「何でウダウダ言ってんの?」も、そう言う人の気持ちはなんかわかる気がするんだけど、いちばん最初に「法律以前に大切なもの」をうっちゃってるのはどっちなんだ?と思うのですよね。

消費者契約法違反が悪いっていうより、いやがってるや困ってる人に役員やれって、なくても困らないような仕事を押しつけることを「団体の決まりだから」って正当化する態度の方が、頭おかしいだろって話なんですよねえ本当は。

ホーム

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。