2012-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初は嫌だったけど、やってみれば楽しかった。 充実した1年でした。

これもまた、非常によく聞かれる感想である。
そして当然ながら、「だから次の年も私にやらせて」とは、ならない。
「ぜひ、ぜひ、少し嫌かもしれないけれど、やってみれば楽しいよ」と人に押しつける根拠となる。

気持ち悪いったら、ありゃしない。
そんなに充実したんなら、翌年も遠慮なく充実してください。
私は、ほかのことで充実しまくってるんで、少しゆるめたいくらいなんです。

私も何度か委員類をやっているが、義務感で引き受け、そして、やっぱり楽しくなかったし、充実どころか、本来やるべきこと・やりたいことがどんどん後回しになり、イライラしっぱなしだった。

「これはあなたの割り当てだ。嫌でも何でも、義務だ。やれ」と言われた方が、よっぽどスッキリする。
「親がそんな気持ちでいるなんて、お子さんかわいそう」と言う人もいる。
おおきなお世話だ。
私は私なりに子どもを愛して、面倒を見ている。
「PTAの学年委員会に仕事を休んで、まじめにかつ積極的に、笑顔で出ること」が、「子どものためになること=子どもを愛すること」という価値観が、どっから出てきたのかは知らないが、その価値観を共有しろと押しつけられる筋合いはない。
私のような親にイヤミを言うひまがあったら、PTAをまじめにやらない親はネグレクトで児相に通報できるような、条例づくりをがんばったら?と思う。
それができないんだったら、ただの「価値観の押しつけ」。

みなで分担しなければいけない仕事があるんだったら、私は手伝おう。
しかしそれを喜べとか、親としてすすんで取り組もうとか、学ぼうとか、成長しようとか、気持ち悪いことをならべないで欲しい。
何かから何かを学ぶかどうかは、個人の生き方であり固有の判断だ。
単なる保護者同士の関係で、そこまで指示される理由がわからない。

私がPTAの便り類を見て薄気味悪く感じることが多々あるのは、このあたりが原因だと思う。
スポンサーサイト

「忙しいのは皆同じ。」

よく聞かれる言葉だ。
嫌がる人に、役やお手伝いを押しつける時の脅し文句である。
(不思議に、男性はこの評価からは対象外となる。)
だから男性や、PTAにかかわったことのない人はあまり聞いた事がない台詞かも知れないが、PTAにかかわる母親間では頻繁に聞かれる言葉だ。

条件は皆同じなのに、自分だけ逃げようとするのはずるい、という意味である。

しかし、本当に「忙しいのは皆同じ」だろうか?
そんなわけない。
私自身、子どもが1人で無職だった時代と、4人で有職の今では、まったく違う。
子どもが少なくとも、手のかかる子だっているし、専業主婦でも介護を抱えた人だっている。仕事をしていますと一口に言っても、フルタイムとパートと職場の遠近と近居祖父母の有無など、いろいろな条件によってまったく違ってくる。
人の生活の余裕度合など、他人にわかりっこないのに、「忙しいのは皆同じ」などという非常に乱暴な言葉がまかり通り、それに母親たちが誰も異を唱えず「ウンウン」とうなずいているのはどうしたわけだろうか。

以前、ネットのどこかで「妊娠していてPTA活動が辛い」という書き込みに対し、「私なんて流産したこともあります。それでもちゃんと最後までやりましたよ!?」という書き込みがあり、背筋が寒くなった。

個人の事情を汲んでいては、「何か」が達成できなくなってしまう、という意識が場の空気を支配しているのがPTAである。
その「何か」はなんなのか。なぜその「何か」がどっかりと腰を据えているのか。
そんなことを考えてみたりしている。

委員会の思い出①

昨年度、定例委員会であったこと。

各クラス役員に、
「1年1組さん、報告何かありますか?」
「特にありませーん」
「1年2組さん、報告何かありますか?」
「特にありませーん」
と順番に全部やっていく。
これ自体アホすぎて大嫌いなのだが…(何か報告等あるクラスどうぞ、じゃいかんの?時間は有限ですよ!)

あるクラスから、「保護者会で、手伝いが多くて負担だという意見が出ました」という報告があった。
司会をしている会長、「ええまあ、そういう声がある事も認識しております」と言って、「では次…」と進もうとする。

おいおいおい待てよー! と思い私は言った。
「意見が出てるのだから、もう少しきちんと議題としてあげて話し合いませんか?そのために委員会やってるんじゃないんですか?」
会長「あのー、負担だとかそういう不満はね、時々言う人はいますよ。でもね、不平不満を言うだけじゃ仕方ないと思うんですよね。不満ならだれでも言えるんですよ? まずは、PTA活動の趣旨とか、何に役立っているかとか、を皆さんにきちんと理解していただきたいんですよね。その上で、手伝いが負担、とかじゃなくて、どうしたらいいか、を具体的にご意見としていただきたいのですよねっ!」
すでに大声になっている。
なんで、何か言われると過剰反応するのだろう?

会員の1人が多くて負担だ。と言っているのだから、減らしてほしいということではないか。具体策も何も…。単純な話だろう。

「だから、1つ1つの活動について、本当に必要なのかとか、やることを削減できないかとか、そういったことを検討すべきでは…」
「たった1人からそういう意見が出たからといって、そうはできません」
「じゃ、何人だったら検討するんですか? たった1人からと言っても、他の意見を出さない大多数が現状で良いと思ってるかどうかはわかりませんよね。そこをはっきり調べもしないのに、意見を出したのが1人だからはい次、じゃあ、いったいどうなったら検討の対象になるわけですか? 貴重な意見が出てるんだから、この活動について意義があるかどうかとか、減らせないかとか、そういったことも検討するのがこの委員会でしょう?」
「PTAの仕事って、意義があるとかないとか、そんなこと保護者が考えてやるとかやらないとか勝手に決めるものじゃないでしょ!? 学校からの依頼だってあるんだから」
「はい!? 学校からこれをやれって全部言われてるわけですか!?」
ここで臨席の校長、私からじろっと見られてちょっとうろたえる。
それを見たのか見てないのかは知らないが、「いえ、全部というわけではないですよ、もちろん…」と会長ややしぼんだ。
(つづく)

保護者用名札

保護者用名札、というものがある。

といってもたいそうなものではなく、紙に名前を書いて100円ショップのケースに入れて首からぶら下げるってこと。

小学校に侵入者が来て事件を起こしたことを受けて始まったものだが、私の見るところま〜〜〜ったく効果などない。
名札を忘れて誰何されたこともないし、名札の名前と自分をしっかり見比べられたこともない。
明らかに態度おかしい人が入校してきても保護者用名札ぶら下げてたら、「あれは保護者だから」って何もしないのかなー。
そっちのほうが怖いなー。

幼稚園でも保護者用名札はあったが、これはしっかり管理がされていて、子どもを入園させると出入りする保護者の名前を申告してその数だけプレートをもらう。卒園時・退園時には返却し、数が足りないとしっかり問われてなんか書類を書かされる。
もちろん、プレートなしで園に足を踏み入れると尋ねられる。先生と顔見知りならさすがに入れてもらえないということはないが、知らぬ顔でプレートがなかったら門外での対応となるだろう。
それくらいしっかり運用していれば、名札も意味があると思うが、小学校の保護者用名札など、人数にかかわらず4枚支給。使わない分は捨てようが人にあげようが知ったことではないし、容易にコピーも出来る。ケース(ホルダー)は100均。なんの意味があるんだ〜って感じの代物である。

そしてよくわからないのが、名前を書く紙は学校支給なのだが、ホルダーはPTA会費で一括購入後、会員に配布されること。そしてその際に添付される、「保護者用名札について」という会長名のプリントがふるっている。

「規定の名札を下げていない場合、入校をお断りすることもございますのでご注意下さい。」

PTAが保護者に対し、入校お断りすんの?
何者?
じゃあ非会員はホルダーないから、PTAからお断りされるんだ?
どーゆー事? 何の権限?

幸い家にはこの手のホルダーが腐るほどあるので、お断りされたことはないですがねー。
てゆーか私を見ると執行部の方々は気のせいか目をそらされてらっしゃるようなので、お断りなどされないような気もしますがねー。

PTAにずーーっと抱いてる気持ち。
ねーねーなんでそんなに、何から何まで偉そうなの?
ホントーに純粋に、理解できないでいるんである。

学童クラブの父母会・その後

学童クラブの、役所の所轄課に電話してみた。

そちらで発行されている学童クラブ案内には、
「おやつ代は、各学童クラブの父母会の自主会計。しかし現実的には父母の運営は難しいため、父母会の委任を受けて学童クラブ職員が代行し、年度末に出納簿の報告をする。」
との記載がありますが、父母会にはいっていない場合は、おやつの取扱いはどうなりますか?

と質問した。
すると、しばらく保留にされた後、
「所属の学童クラブに聞いて下さい」
との返事。
はぁ?
あなたの課で出してるのよ、この案内文書。
質問に答えられないんですか? おかしくない?

「学童クラブによってルールが違う」というんだったら、「おやつ代は父母会の自主会計でどうのこうの…」というルールを、あたかも統一された決まりであるかのようにこの案内文書に書くこと自体、おかしくありませんか?

自分の課で出してる文書なんだから、少なくとも「所属のクラブはどこですか?ルールを確認してご連絡します。記載が不足しておりご不便おかけします」くらいの責任持った対応はありますよね、常識あれば。
それが「あっちにかけ直せ」とは…
あんたたち(所轄課の職員)は、どういうルールになってんのか把握してなくていいわけ!?

心の中でブツブツ言いながら、学童クラブにかけ直し、同じ質問をする。
「確認して折り返します」とのことだったが、いっこうに電話が来ない。
「折り返す」と言えば、社会の一般常識で言えば少なくともその日中に連絡はするものだが…
連絡できないなら「確認に時間がかかっているので明日以降になるが良いか?」などの一報を入れるなりさぁ…
もう、言い出せばきりがないけど。

翌日になり、別件で学童職員から私の職場に電話があった。
その際に、「ご質問いただいている件、所轄課に確認中で、回答は来週以降になります」との一言があった。
ほら、やっぱりこうなると思った。
そもそも「おやつ代は父母会会計」ってルールを決めてんのが所轄課なんだから、例外の取扱いを各クラブで勝手に決めれるわけないじゃん。

それでも、「いついつ回答します」ってちゃんと言ってくるだけ、学童クラブはまだまし。
「一般人感覚」に近いといえる。
学校やPTAなんて、質問しても「無視」なんて日常茶飯事だもんね。

というわけで回答待ち中…

電話連絡網というもの④

(つづき)
新年度、副校長が交替した。
するとその副校長の名で「連絡網についてのお知らせ」がきた。
内容は概ね、下記の通り。

連絡網が遅いというご意見や、連絡網の運用についてのご意見を前年度保護者の皆様よりいただきました。
電話にはスピードという点において短所があり、メールには確実性という点において短所があります。
それぞれの連絡方法の長所を生かす形として、今年度から次のように運用したいと思います。

(ここまでは、私も「おぅ!いいねいいね!」と思いながら、つづきを読んでいたのですが…)
つづき↓

●緊急で全児童に伝えるべき連絡
 →一斉送信メールとします。
●次の日までに学年児童に伝えるべき連絡
 →電話連絡のみとします。メールは発信しません。次の方につながらない場合は飛ばして次の方にかけ、つながらなかった人には何度かかけ直して、それでもつながらなければ学校に連絡してください。

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああ?

まっっっったく意味がわかりましぇん!
バカなんですか?
ほんとうに、思考回路が不明。
なんでその「理由」から、その「結論」になるの?
なんで、わざわざ「電話連絡のみ」とする必要があるの?
メールシステムすでにできてるんですよ?
メール発信って、そんなに面倒くさい一大事?

この話にはオチがある。

つい最近、会社PCに連絡網メールがきた。
業務中は携帯メールも見る暇がないことが多いため、本当の緊急連絡を見落とさないように、会社アドレスもいちおう受信設定している。
明日の予定だった遠足を○○日に延期するというものだった。

帰宅後、子どもが「お母さん、月子の遠足△△日に変更だって、連絡網の電話来たよ」と言う。
第1のツッコミ→子どもに連絡網回すなよ。
第2のツッコミ→△△日って、メール連絡と違うじゃん。

まあ、連絡網回してくれたお母さんに、まさかクレームは入れませんけどね。
誰も電話に出なかったら、その次の人にかけ直した上に私への再連絡も責任持たなければならないのだから、子どもだろうが犬だろうが、電話に出た人にまくしたてて終わりにしたい気持ちはわかる。
変更先の△△日というのも、どうせ子どもの聞き間違いか、伝言ゲームのどっかで変わったんだろうけど、後日プリントを確認すれば良い。まぁもともと年間予定表での遠足予備日が○○日だしメールの訂正連絡も来ていないから、○○日が正解だろうけど。

だから、別に大騒ぎはしないが…
ほらね、電話連絡網ってこうなるでしょ。
と、思った夜でした。

電話連絡網というもの③

担任からの回答は次のようなもの。

貴重なご意見ありがとうございます。職員会議等でご意見は管理職に伝えたいと思います。また、さらなるご意見があれば、管理職に直接お伝え頂ければ幸いです。

断っておくが、担任の先生は別に無責任とかひたすら保守的とかそういう方ではない。どちらかというと、学校内ではリベラルな方に属していると思う。
実際、この回答以上は出来ないのだと思う。校長には伝えるけど、断られたら終わりだから、ごめんね。という訳だ。
怠慢とまで罵られた割には、理性的な対応である。

しかし私ももう長期にわたって言い続けている。
その間、校長は交替して今が3人目であるが、連絡網は変わらない。
私が言ったせいではないだろうが、メール配信システムは数年前に一応出来た。
学校全体の連絡、学年ごとの連絡、それぞれの発信元アドレスから、登録した保護者にメールが来る。
しかし、頻度は少ない。その上、メール配信しているにもかかわらず、従来の方法で連絡網(用件を全部聞き取って伝える)が回ってくる。

新年度、この問題がどうなるか見てみようと思っていた。
ところが…
(つづく)

ホーム

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。