2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H28.3 ぶきゃこから学校へ

       平成28年3月吉日
東京都立三多摩高等学校
校長 大湖野 達人様
    保護者 ぶきゃこ


拝啓
先日合格通知を受け取り、来年度入学させていただく予定のぶきゃ山太郎の母親でございます。
このたびは入学をお許しいただき大変ありがとうございました。
親子ともども、貴校にて学ばせていただけることをこの上ない喜びと感じております。
なにぶん教育不十分な息子でございますゆえ、忌憚なくご指導、ご鞭撻いただけましたら大変幸いに存じますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

さて、今回お手紙を差し上げましたのは、私は大変残念ながら貴校PTA様には入会をいたしかねるため、そのむねをお伝えしようと思った次第でございます。
先日いただきました「PTA入会のご案内とアンケートの依頼」という文書(以下、「入会案内」と略させていただきます)には、入会をするむねを記載して返信をする欄はございました(入会届)が、非入会届がございませんでしたため、加入しないむねをPTA様に対してお伝えするすべがございません。
というよりも、通常であれば、なにかの団体に入会する祭には、入会届(申込書)がなければ「申し込んでいない」状態でございますので、あえて「入会しません」ということをことさらに告げるのもおかしいかと存じまして、PTA様に対しては特段の申し出をしないことと致しました。
ではなにゆえに学校長様に対しては同様のむねをことさらにお伝えするかと申しますと、貴校ご発行の「入学のしおり」8ページを拝見いたしますと、貴校においては学校徴収金としてPTA会費を含めた額を計上されておられるからです。
繰り返しになりますがPTAは本来、学校とは別団体であり、加入は任意であることは、現在では社会的にも広く認知されております。過去に東京都教育委員会および文部科学省に当方より念のため確認いたしました際も、そのとおりの回答でございました。また新聞報道などもございましたので校長先生におかれましては無論ご承知とは存じますが、PTAに加入を強制されたとの訴訟も熊本にて起きている現状でございます。

そのような社会情勢にかんがみまして、PTAの加入が任意であるという前提事実はすでにご周知のこととして話を進めさせていただきますと、貴校においてPTA会費徴収を学校徴収金に含めるという処置につきましては、保護者のPTA加入の意思が確認されているという事実および、保護者が貴校によるPTA会費の代理徴収に同意しているという事実が前提となろうかと存じます。
したがいまして、もし保護者である私がPTA様に加入する意思がないならば、貴校にあらかじめお伝えをしておいたほうが、事務処理がスムーズになるであろうと予測し、このむねをお伝えする次第でございます。
本来であれば、加入の意思が確認された保護者のリストがPTA様から貴校に提供され、それをもとに貴校がPTA会費の収納事務をおこなうのでありましょうから、特段に私のほうから「加入しない」むねをお伝えしなくとも、収支があわないということになろうはずはございませんが、PTA様および貴校の入会収納事務がどのようなものであるかが私には想像がつきませんもので、ただでさえ大量の事務でお忙しい中、あらかじめお伝えすることで混乱がふせげるならばそれにこしたことはないであろうという考えのもとにこのお手紙を書いております。

なお、個人情報(生徒名・年組・保護者名・住所・電話番号その他)につきましても、貴校にお知らせした内容を、私の同意なくPTA様に提供されることは承諾いたしかねますので、このむねをお知らせしておきます。
PTA様に加入しない理由を、貴校宛てにお知らせするのも筋が違うとは存じますが、不審にお思いになることもあるかと存じ、簡潔に3つにわけてご説明いたします。

1.「入会案内」に記載された「全保護者の加入のもとに運営しております」という文言は、保護者の加入非加入の自由を一方的に制限するものであり、不法行為にあたるおそれがあります。もし私が加入するならば、不法行為にあたるおそれのある行為を団体の一員としておこなうこととなりますので、加入し同調することはいたしかねると判断をいたしました。

2.「入会案内」に記載された「イロハ」の選択には、「いずれにも参加できない」の選択肢がなく、事実上、なんらかの活動を強いる内容であると判断いたしました。私は、PTA活動を一般に重要で意義のあるものと考えておりますが、それと同時に、各家庭の事情を問わずにくじ引き等で強いる現状が依然あることも、保護者をPTA活動から背を向けさせ、活動の質を下げるおそれのある運営方法として憂えております。
 私の主義主張とそぐわないため、このような運営方法のPTA様に加入し同調することはいたしかねると判断をいたしました。

3.PTAにかぎらずいかなる団体においても、規約(会則)、活動スケジュールの詳細、会計内容などを未確認のまま、加入することは適当でないと日常より考えております。


以上です。
入学時学校徴収金につきましては、払込取扱票に印字されている○○,○○○円からPTA会費分の△,△△△円を控除した××,×××円をご指定の期日までに振り込ませていただきますので、宜しくご査収のほどお願いいたします。
なお、貴校の教育活動に一保護者として協力することについては、いささかも惜しむ心算はございません。会社員のため活動可能時間には限りがございますが、もし私のような者でもお役に立てることがございましたら、いつでもお声をおかけいただけたら嬉しいかぎりでございます。
また、PTA会費経由で事実上、教育活動上の必要経費としている金額があれば、貴校から直接ご請求をいただければ、納めさせていただきたいと存じます。
年度替わりのお忙しい中たいへん恐れ入りますが、趣旨をご理解いただけましたら大変さいわいに存じますので、何卒ご了解いただきますよう宜しくお願いいたします。
敬具
スポンサーサイト

入校証バトル 4/4

保護者の皆様
平成26年11月○日
郊外市立三多摩小学校
校長 南野何河岸
 11月○日配布の「学校行事・授業参観時のネームホールダー着用の御願い」の文章の中で、間違いがございましたので、訂正させていただきます。
訂正文
 本校では、不審者侵入防止対策として「保護者用名札」の導入をしています。学校にお越しの際は、着用を御願いします。また、保護者でもネームプレートをお持ちでない方や祖父母等あまり学校に来られない方は、カラーガムテープに記入し、代用していただくよう御願いします。
(ネームホルダーは、授業参観日、受付で学校職員に申し出ていただければ、購入出来ます。1個150円です。中には、学校より配布された名札を入れてください。不足の方や紛失された方は学校へ御連絡下さい。)
 (以後 もろもろ略)

入校証バトル 3/4

ぶきゃこ様
平成26年11月○日
校長 南野何河岸

 略(時候のあいさつ)
 さて、ネームホルダーの件で、誤解を生むようなお手紙を配布してしまい、申し訳ございませんでした。
 ぶきゃこ様が書かれているように、校長もネームプレートによる、学校安全管理については、校長を代表とした学校で行っていくのが当然だと考えています。あくまでも、PTAに協力していただいていることはありますが、主体は学校です。先日の文章の中で、「PTAより配布された名札を入れてください。」という一文は、あきらかに間違いです。「学校より配布された名札を入れてください。」が正しいです。また、「平成26年3月○日にPTAよりお子様を通して配布されたお手紙」の一部を掲載したことも問題だと捉えられて当然だと感じました。確かに、昨年までは、PTAに学校側から名札の件を御願いしたこともありましたが、現在は、今年度用の名札も三多摩小学校生活指導部で作成して渡しています。ネームホルダーにつきましては、(①首より下げて提示していただく。②つり下げ紐の色は、指定色。③平成26年度については、学校から配布した指定色の名札。)で御願いします。
 学校で購入することも可能ですが、もちろん個人でホールダーを購入されて付けていただければと思っています。
 尚、学校より訂正の文書を配布する予定です。申し訳ございませんでした。

入校証バトル 2/4

       平成26年11月○日
校長先生へ
    保護者 ぶきゃこ

毎日うちの子どもたちがお世話になりまして、ありがとうございます。
先日は、「学校行事・授業参観時のネームホルダー着用のお願い」というお手紙をいただきまして、ありがとうございました。
この手紙の内容につきまして、申し上げたいことがございますのでお手紙をお送りさせていただきます。

ネームホルダーの中には、PTAより配付された名札を入れてください。

との文面がございますが、私は最初の子どもを入学させてから11年になりますが、いちどもPTAより名札の配付を受けたことがありません。どういうことでしょうか? また、名札の内容は「三多摩小学校 保護者 ○○」というものですから、PTAより配付されるいわれももともと無いと考えております。
入校時に名札を付けて欲しいのは、学校ですよね。名札は新学期開始時に、教室で先生から子どもに配られますから、名札着用は校長先生からの依頼だと考えておりました。
なお、上記「お願い」プリントにあります通り、確かにPTAから「名札をこのように着用せよ」という趣旨の手紙は毎年受け取っております。しかしながらこれは、ネームホルダーがPTA会費から一括購入され配付されるためであり、名札着用の要請というよりは、むしろ「ネームホルダーの着用の仕方」に類いするものだと受け止めておりました。
そのPTA会長名の手紙の中で、ネームホルダーの使用の説明書であるにも関わらず、「着用していない場合は入校をお断りする場合もあります」と書かれているため、毎年不快感を持っていたところでもあります。
PTAはいったいいつから、外部侵入者の入校管理を委託されているのでしょうか? 三多摩小学校は郊外市立学校であり、我々の納入した税金で運営されており、運営責任者は校長先生ですよね。PTA会長が会員にネームホルダーの使い方を通達するのは勝手ですが、児童保護者に対して「あなたは不審者だから入校させません」などと言う権限も、本当の不審者が来たときに対応する能力もないはずです。まことに不快です。
それだけでも不快な折り、先日の「お願い」にいたっては、校長先生も、名札がどこから配付されているのかもあいまいな御認識のようで、「PTAから手紙が行ってるからその通りにするように」などと無責任とも受け止められる表現で締めくくられており、学校責任者として校長先生御自身が本気で不審者対策としての入校管理をするおつもりがあるのかどうか、本当に主体的に取り組んでいただいているのか、心もとなく感じました。
整理しますので、下記2点についてご回答をお願いします。

①保護者として、また市民としての私は、学校管理をPTAに委託した覚えはないとの認識です。もし、そうではない(業務委託契約が存在する)のであれば、重大なことですのでその内容をお知らせください。

②ネームホルダーと名札の着用の依頼文書は、次回より全部をきちんと校長名で、PTAがどうのこうのでなく校長先生主体で発信してください。ネームホルダーのみをPTAが購入仲介するのはかまいませんが、権限まで委譲されたかのような誤解を招く表現はやめてください。

以上です。
お忙しい中恐れ入りますが、ご回答をお待ちしていますので宜しくお願いします。

入校証バトル 1/4

保護者の皆様

平成26年11月○日
校長 南野何河岸

学校行事・授業参観時のネームホルダー着用のお願い

(前半略…内容は、時候のあいさつと着用依頼)ネームホルダーは、授業参観日、学校公開日の受付で購入出来ます。中には、PTAより配付された名札を入れてください。今年は、○色で、年度ごとに変わります。
下記にありますのは、平成26年3月○日にPTAよりお子様を通して配付されたお手紙の1部です。御家庭と学校で共通理解していきたいと存じます。よろしくお願いいたします。

(以下、PTA会長名の手紙が引用されている)
「御来校の際には、必ず名札をホルダーに入れ首より下げて提示いただきますようお願い致します。
なお、規定の名札を下げていない場合、入校をお断りする事もございますのでご注意下さい。

(ネームホルダー図示)

◎ご自身で購入される場合はご注意下さい。
◎名札は学校配付のもの以外は認められません。
※必ず本年度用の名札に入れ替えてください。色の違う名札の場合不審者として入校をお断りすることもございますのでご了承下さい。
(以上、PTA会長の手紙の引用終わり。引用した校長の手紙も終わり。)

H25.5.15 PTA会長からぶきゃこヘ

平成24年度PTA会費の返金とお詫び

(前略)さて、このことについて、本日、郊外市教育委員会教育部社会教育課より連絡があり確認したところ、平成24年度卒業生 ぶきゃ山花子さんにかかる「平成24年度PTA会費2,000円」が返却されていないことがわかりました。心よりお詫びします。
 早速ですが、誤っていただいたPTA会費2,000円を返金させていただきます。

 平成24年度当初に保護者様から「PTA非加入」の申し出があり、当時のPTA会長とその旨合意がなされていました。
 当時は、保護者全員から副教材費等とともにPTA会費を学校に納入(口座振替)していただき、PTAが学校から受領し、さらにPTA非加入者には会費相当額を返金する方法でした。
 しかし、学校からPTA会費を受領する際の確認を怠り、速やかに返金するべきところを返金しておりませんでした。
 本校PTAとしましては、今回の件は、管理不十分だったと深く反省しております。
 平成25年度からは、PTA非加入者がPTA会費を納入することがないよう改善を図りました。

H25.5.15 中学校からぶきゃこヘ

平成24年度PTA会費についてのお詫び

(前略)さて、標記のことについてですが、本日、郊外市教育委員会教育部社会教育課より指示があり確認しましたところ、平成24年度卒業生 ぶきゃ山花子さんにかかる「平成24年度PTA会費2,000円」が返却されていないことが判明しました。
 誠に申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。
 今回の件は、平成24年度当初に保護者様から「PTA非加入」の申し出があり、当時のPTA会長とその旨合意がなされ、校長も事後に連絡を受けていました。
 当時は、保護者全員から副教材費等とともにPTA会費を学校に納入(口座振替)していただき、学校からPTAへ渡し、非加入者には会費相当額を返金する方法でした。
 しかし、その際の人数確認を誤った結果、非加入者の分も含めてPTAに渡すというミスを生じさせてしまいました。
 本校としまして今回の件は、保護者様から預かった金品を扱う上であってはならないことと認識しております。しかし、管理不十分で徹底されておらず、お恥ずかしい限りです。
 平成25年度からは、再発防止に向けて、PTA非加入者がPTA会費を学校に納入することがないよう保護者に説明し、周知徹底を図っております。
 本校では、今回のご指摘を踏まえ、校長自らも襟を正し、今後とも保護者様からいっそう信頼される学校でありますよう日々努力して参りますので、引き続き見守ってくださいますようお願い申し上げます。

H25.5.15 教委からぶきゃこへ

ぶきゃこ様

 夜分遅くに失礼いたします。
 日頃より郊外市の教育行政に御理解,御協力を賜り誠にありがとうございます。
 さて,昨日メールにてお問い合わせいただいたPTA会費の引き落としの件につきまして回答いたします。
 三多摩中学校へ確認いたしましたところ,ぶきゃこ様のPTA退会は合意がなされているにも係らず,ぶきゃこ様の口座からPTA会費相当額を引き落とし,また,PTAにおきましても会費の受領の際の確認を怠ったため,本来,返金すべきところが未だ返金に至っていない状況であるとの報告がありました。
 三多摩中学校及び三多摩中学校PTAにおいては,いずれも金品の扱いにも係わらず,管理が不十分であったと反省しており,学校及びPTAとして,それぞれ,ぶきゃこ様に文書にて謝罪するとともに,本日PTA会費相当額の○○円を現金書留にて発送させていただいたとの報告についても併せて受けております。
 以上,ご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

     郊外市教育委員会 教育部 社会教育課 

H25.5.14 ぶきゃこから市へ

郊外市 御中

お世話になっております。
郊外市立三多摩中学校の保護者です。

三多摩中は教材費等の学校諸経費とPTA会費の抱き合わせ引き落としを行っておりますが、私は平成24年度よりはPTAを退会しております。
平成24年4月に退会通知を受領し、PTA会長とともに認識している旨は、副校長が明言しておりますが、PTA会費がどのような形で返金または振替額から減額されるのかについて問い合わせをしても回答がありません。
一度は、本年2月に「それは、しかるべき方法で返金されるはずです」と副校長が言いましたが、その後「ではいつなのか」と尋ねても一切回答を致しません。

郊外市にお尋ねしますが、市立中学校は、保護者が引き落とし口座を教えたのをいいことに泥棒をはたらくところですか?
そもそも私は学校諸経費の引き落としに同意したのであり、学校が任意団体の会費の引き落としをすることには同意した覚えがありませんが。
泥棒もさることながら、ものを尋ねても答えないとは、教育機関としてもきわめて不適格なのではないかと存じますが、いかがなものでしょう。

担当部署で調査の上、5月15日(水)までに調査結果、または調査状況の回答をください。
よろしくお願いいたします。

     ぶきゃこ

H25.5.2 ぶきゃこから中学校長へ

校長先生

1年ぶきゃ山太郎の母です。
いつも大変お世話になりまして、ありがとうございます。

先日、私の不在中に校長先生とPTA会長からお電話をいただいた旨、夫より承りました。

当方は礼儀を尽くし、PTA様よりの「依頼したいことがあるときのために教えて欲しい」というご要望にお応えして、(本来お伝えする筋合いもございませんが)メールアドレスをお伝えしました。
併せて「PTA関係の電話連絡はご遠慮いただきたい」と明確に申し上げました。
にも関わらず、それを踏みにじり子どもの自宅としてお伝えしている電話番号を利用して校長先生に電話させて代わり、一方的に「非会員の問い合わせには答えない」そのほか失礼なことを申し述べられた由、もはや申し上げる言葉もございません。

用件をお伝えいたします。

①今後、PTA関係の用件での電話連絡・および子ども経由の個別連絡は、たとえ校長先生であっても一切お断りいたします。私宛てのメール、または郵便にてご連絡下さい。校長先生からの郵便であれば、子どもの連絡用としてお伝えしている住所を使用してもかまいませんが、PTAに住所の提供はお断りします。
再度、警告を無視して電話等をしてこられた場合、学校による個人情報の漏えいもしくは目的外使用と見なし正式に対処をさせていただきます。

②PTA様は私の質問には今後一切答えないということでしたので、これ以上はPTA様にはお尋ねしません。学校として、平成24年度に退会通知の事実を知りながら徴収済みのPTA会費をいつどのような形で返金されるのか、平成25年5月9日(水)までにこのメールへの返信でご回答下さい。
返信のない場合は、問い合わせや話し合いは打ち切り、正式に対処をさせていただきます。

以上

追記 当方としては穏便に話し合い、協力できることは協力して、PTA様の活動も生徒全体の幸福を願ってのことであれば、妨げないようにと考えておりましたが、初歩的なマナーを守っていただけないのは残念でした。

     ぶきゃこ

ホーム »

プロフィール

ぶきゃこ

Author:ぶきゃこ
東京多摩地区。
会社員しながら4匹にエサやり中。
母親としてはもう相当数無理あり。
中2以来、ずっと重度の中二病。
ツイッターもあるヨ→@ bkk858

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

PTA非会員日記 (108)
備忘・やりとりの記録 (68)
学校の謎 (16)
雑なモロモロ (34)
ごあいさつ (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。